Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/961-3fd692a0

やっぱり、当る。

以前からダンシング時に、膝の内側が前輪に当ることが気になっていた。
この話をすると、みな一応に当るわけがないという。
「前輪というのは、勘違いだったのか?」

スポーツチャンネルで放送されている、昨年のツールを観ながら、その可能性を探る。
確かにステム付近に当りそうな感じはあるが、前輪は物理的に無理か?
となると、「やっぱり勘違い?」

それでは、実際に検証してみましょう。
もちろん昨夜の中総で・・・。

勾配が少ない時は、マシーンのブレも少なく当らない。
「やっぱり勘違い?」
疑念を抱きながら、なおも上り続けた。
体力的にきつくなり、さらに急勾配という状況。
速度維持の為ダンシングしてみると・・・。
「当った!」
「確かに当った!」
「間違いなく、前輪に!」
勘違いではなかった。

でも、前輪に脚が当ってしまうのは、どうしてだろう?
どこかに問題があるのだろうか?
いずれにしても、良い訳がない。
改善せねば・・・。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/961-3fd692a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。