Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/935-789315df

Mt.富士ヒルクライムレース2008☆レース直前

寝不足だが、体調が悪いことはない。
早朝4時、朝食を食べに食堂へ。
こんな感じ↓
08-06-01.jpg

海苔は消化に悪いので、お持ち帰り。
それにしても、みんなまたご飯をおかわりしている。
よく食べると、感心しきり。

時間がないので、早めに部屋へ戻り、身支度を整える。
民宿のおばちゃんにお礼を言って、都築さんと河合さんと5時に合流する約束をした、富士急ハイランド駐車場へ急ぐ。
宿から10分程度とのことだったが、思わぬ渋滞にはまり、とても約束の時間に間に合いそうにない。
それは都築さんたちも同じことであった。

ようやく駐車場に到着したのは、5時45分ごろ。
08-06-011.jpg

08-06-012.jpg

「時間がない!」
ここから4キロほど離れた、スタート地点の北麓公園まで自転車で自走。
6時20分には、下山用荷物を詰めたリュックを五合目まで運んでくれるトラックが、出発してしまう。
それに間に合わなければ、凍えながら25キロもの距離を下りなければならない。
なんとしても間に合わせなければ。

6人全員揃ったところで、北麓公園目指して出発!
事前に聞いていた通り、ずっと上り坂が続く。
そんなに飛ばしているわけではないが、体力が削られる。
こんなことでレース本番大丈夫か?

北麓公園、到着。
すでに自由に歩けないぐらい、すごい人。
とにかくリュックを預けなければ。
幸いにして、トラックへの積み込み待ちのかご車へ載せることが出来た。
「これで一安心。」
ところが、一足先にスタートする村やんのかご車は、すでに5合目へ向けて出発してしまったようだ。
まぁ、自分のリュックと同じかご車へ載せれば、問題ないでしょう。

無事全員預けることが出来、待機所へ移動。
今年も今中大介さんと、鶴見辰悟さんも参戦。
加えて、片山右京さんと、シャランQのマコトさん夫妻も参加されるようだ。
「共にがんばりましょう!」

そして精鋭の揃った、アスリート部門からスタートしていった。

つづく・・・。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/935-789315df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。