Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/890-1f42cc07

パーソナリティーを終えて(100キロウォーク&東京マラソン編)

サポートしてくれる人の力って、本当に大きいですね。
そんなことを再認識させられる、番組となりました。

どんなことでもそうなんでしょうけど、特に置かれている状況が過酷であればあるほど、サポートしてくれる人の存在は、大きく尊い。

今回の場合は、100キロという苦難の道を30時間以内に歩ききる、超ハードなもの。
マッサージやその他のこまめなメンテナンスは、他者にも目に見える形で、直接肉体を癒してくれる。
もちろんこのことが、完歩の原動力になっているのは、間違いないだろう。
しかし、もっと大きく作用している力があるのではないだろうか?
それは、「思いやりの気持ち。」

サポーターは、苦難と必死に戦っている競技者を思いやり、献身的にフォローする。
そして競技者は、自分の為に献身的にフォローしてくれるサポーターを思いやり、リタイヤせずに歩き続ける。
「まさに、理想的である。」

同じサポートを受けながら、目標達成できるかどうかは、身体能力的なところを除けば、サポーターに対する感謝の気持ちの差ではないだろうか?
人は自分のためにより、誰かのためにの方がずっと大きな力を発揮できる。
そんな人の存在があるか、ないかは、非常に大きい。

自分の為だけではなく、他者の為を思いながら生きてゆくことが、人生をよりすばらしく、豊にすることだと思う。
08-04-23.jpg
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/890-1f42cc07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。