Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/809-47ba7d4d

寒中水泳・前編

「ついに、ついに、ついにー、やって来ました、寒中水泳の時が・・・。」
1年を通して考えてみても、ここまで追い込まれることは、めったにない。
だからこそ、自分にとって参加することは、とてつもなく価値のあることである。

午前11時半、店集合。
てっきり鋤さんも、店に集まると思っていたら、直接現地へ行ってしまったようだ。
「間違えとって、ゴメン。」
先乗りした鋤さんに、現地の様子を聞くと、すでに相当数の参加者が集まっているとの事。
受付開始が正午、開会式が午後1時だと言うのに。
「どんだけ、寒中水泳好きやねん」
中には、すでに豚汁を食べている人がいるようで・・・。
「バカやろー、もう豚汁食べやがって・・・。」
と、なぜか豚汁を食べている人にキレる鋤さん。
「べつに鋤さんだって豚汁食べてもいいんだからね。」

寒中水泳が相当辛いようで、鋤さんの精神状況が尋常でないようだ。
これはいつまでも1人にしておくわけにはいかない。
店の前で記念撮影して、我々も乙川に向けて出発だ!
08-01-14.jpg


空は曇天、昨日ほどではないが風が強い。
雨が降ってないだけ、救われる。
会場は確かに、賑わっていた。
受付はすでに開始されていたので、順番に並ぶ。
並びながら、参加者名簿に名前を探すのだが、見当たらない。
「確かに、申込書を送信したのに・・・。」
その旨を伝え、名前と所属チーム名をそれぞれ記載して、受付終了。
ここまで来て、参加できないは、ありえない。
寒中水泳の看板をバックに、嬉しそうな村やん。↓
08-01-141.jpg

これから泳ぐ乙川をバックに、思いを馳せながら・・・。↓
08-01-142.jpg

水温をチェックする村やん↓
08-01-143.jpg

この無防備な体勢を背後から見ていると、押したい衝動に駆られるが、大人なので我慢。

本日の気温7℃、水温5℃。
昨年より1℃冷たいが、一昨年のように氷がはるほど冷たくはない。
手を入れて確認した際も、これならいけると確信した。
命をつなぐお風呂の準備も、着々と出来ているようだ。↓
08-01-145.jpg

例年早い段階から焚き火に点火されるのだが、一向に火が入らない。
きっと地球温暖化を考えて、二酸化炭素の排出量を抑えるためなのだろう。
賛同は出来るが、泳ぐ前から体の心まで冷えてしまいます。

鋤さんは、お腹がすいているらしく、豚汁をもらってきた。↓
08-01-146.jpg

しかも、おかわりまでして。
「そんなに食べたかったんだね、それでさっきはキレてたんだ。」

鋤さんのお腹も満たされ、焚き火も燃え上がり、ようやく開会式。
08-01-148.jpg

議員さんたちの挨拶や、新成人9人の決意表明などがあり、準備運動をする。
恒例となった天つき体操で、気合い注入。
いよいよ入水の時が迫ってきた。
まずは、水書希望者が川に入る。
感涙隊も水書をやるのだが、子供たちを探しているうちに、終了してしまったようだ。
終了してしまっても、色紙に書く文字も考えてきたし、やるしかない。
勝手に段取り考えて、司会進行者に伝えておく。
08-01-149.jpg

本日の参加者総勢80名。
ほとんどがスイミングスクールの生徒と、トライアスロンチームの方々。
その中に混じって感涙隊は、例年のことながら超異色。
泳ぐ順番も、1番最後。
よって後の人に迷惑がかからないので、まず水書を書いて、一旦上がって色紙を預け再び泳ぐ段取り。
果たして上手くいくのでしょうか?

寒中水泳後編に続く。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/809-47ba7d4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。