Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

  • 感動涙泣きぬれ隊のたいちょ~には、是非とも参加して
    欲しいイベントですね~。
    来年は、寒中水泳はいいですから100kmウォークに出て
    感動の涙を流して欲しいなあ!!お願いしますね!!

    mamo 2007-12-27 11:38
  • 韋駄天mamoさんへ・・・涙出ますかねぇ?
    きっと出ない気がするんですけど。
    涙が出るほど感動するイベントがあったら、是非とも参加したいですねぇ。

    たいちょ~ 2007-12-28 00:21
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/789-e0fc8e30

パーソナリティーを終えて(100キロウォーク編)

100キロを歩き切るということが、こんなにも大変だとは思いませんでした。
そんなことを認識させられた、放送となりました。

今回のゲストは4人。
スタートから、30キロぐらいまではまさにハイキング感覚で、気持ちよく歩けたそうである。
ところが、この日は台風と言うこともあり、必要以上に体力が奪われ、たまらずラーメン屋へエスケープ。
本来なら飲食店へ立ち寄ることはご法度のはず。
まだ真の辛さを知らなかったが故の、軽はずみな行動。
その後にやってきた苦難に2人はあえなく、屈することとなった。

ラーメン屋に寄らなかった1人は23時間台で完歩。
タイムリミットの30時間に、6時間以上の余裕をもってのゴール。
そしてもう1人の完歩者は、各チェックポイントをぎりぎりで通過するという、壮絶な戦いを繰り広げた。
その壮絶さは、完歩時間が物語る。
なんとタイムリミットまで30分の、29時間30分。
感動の涙を流しながらのゴールだったそうである。

歩くと言う日常的なスポーツ。
なめてかかると、痛い目に遭う。
そんな感想が大半であった。

完歩出来なかった人は、来年再びチャレンジするそうである。
是非とも肉体的にも、精神的にも充実した状態で臨んでもらいたい。
そして今度こそは、感動のゴールを必ずや迎えて欲しいと思う。
07-12-26.jpg

にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

  • 感動涙泣きぬれ隊のたいちょ~には、是非とも参加して
    欲しいイベントですね~。
    来年は、寒中水泳はいいですから100kmウォークに出て
    感動の涙を流して欲しいなあ!!お願いしますね!!

    mamo 2007-12-27 11:38
  • 韋駄天mamoさんへ・・・涙出ますかねぇ?
    きっと出ない気がするんですけど。
    涙が出るほど感動するイベントがあったら、是非とも参加したいですねぇ。

    たいちょ~ 2007-12-28 00:21
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/789-e0fc8e30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。