Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/770-7481ac6e

上達著しい、卓球!

綱錬を終え、そのまま鋤さんが店に買い物に来た。
その際、今夜用事がないか尋ねると・・・、
鋤さん:「いまのところないけど・・・、帰ったら用事が入るかもしれない」
と、予防線を張る。
続けて、
鋤さん:「ランワン行くの?」
と、探りを入れられる。
「どんだけ俺はランワン好きやネン!」
そうじゃない。
たいちょ~:「久しぶりに、体育館に卓球をやりにいかないかい?」
鋤さん:「うーん、」
乗り気でないのが、みえみえ。
今日のところは、脈無しでしょう。

と言う事で、子供たちといってきました。
事前に体育館に電話確認してみると、相当待ちが出ているとのこと。
さすが安いだけあって、日曜日の夜だというのに、大盛況。
でも、きっと夕食食べるため帰る人もいるだろう、と予測し出かけることに。
車の中で、子供がかつて3時間待った挙句に、出来なかったという事実を知り、一気にトーンダウン。
一縷の望みにかけて、空元気で係りの人に、
「卓球台使えますか?」
と聞いてみると、館内の様子をビデオで確認してくれて、なんとラスト1台置けそうとの嬉しいお言葉。
「高橋さんのことと言い、実についている、今日は」
子供たちも嬉しそうである。

経験回数が生涯5回目ぐらいだが、今日は少々自信がある。
実は、ランワンのスマッシュピンポンで、特訓を積んだからだ。
とは言え、プレーしている人達は上手すぎです。
みんな、卓球の愛ちゃんみたい。
やや気後れしながらも、スマピンいやいやスマポンの成果を遺憾なく発揮する時だ。
その前に卓球台のネットの張り方がわからない。
ピンと張れないのだ。
どうもこういうことは苦手だなぁ。
適当に、引っ掛けて一応完成。
あとからほどけて、グダグダになってしまったのだが。

子供は卓球部で腕を上げているので、打ちやすい球を返すように指示。
「これでよし、スマポンでやった通りにと・・・」
「あれ、ぜんぜんあかんやん」
機械じゃないから、球が一定じゃなくて打ちづらい。
スマポンの成果、全く良いとこなし。
おまけに持ち方も違っていたようで、修正。
どうも上手くいかない。

一旦休憩。
他の人たちをじっくり観察し、イメージトレーニングバッチリ。
徐々に入るようになってきた。
半ばバカにしていた子供も、いつしか真剣に返すぐらいまでに上達。
そう、この感覚がスマポンで特訓した時のもの。
返ってくる球の位置に対応できるようになれば、スマポンパワー全快である。

その後もますます安定し、子供にも認められ、大満足。
今後も頻繁に通って、試合に耐えうるレベルまでもって行きたい。

それにしても、ランワンのスマポンのお陰で、上手くいった。
今度は、ボーリングも実戦で試してみたくなる。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/770-7481ac6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。