Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/752-f0a79209

バースト!

鈴鹿を終え、すっかり自転車テンションが切れてしまった。
よって、自転車も帰ってきた時のまま、一切触ってない。
タイヤもレース用を履きっ放し。
「これではローラー台出来ないねぇ」
と言うことで、練習用のマキシスに交換する事にした。

すっかり慣れてしまったタイヤ交換。
実にスムースに、ことが運ぶ。
もう無駄な動作は、ほとんどない。
回数を重ねることで、決してテキストでは表せない、微妙な感覚が備わってくるものだ。
練習もそうだろう。
いくらテキストを読んでも、それだけでは決して速くはならない。
実践ありきである。

・・・なんてことを考えながら、後輪のタイヤ&チューブ交換終了、あとは装着するだけだ。
ところがである、交換したてのホイールを手に持った瞬間悪夢が襲った。
半年振りのバーストである。
その破裂音はけたたましく、爆竹に匹敵するほどである。
前回は自転車に装着後だったので、まだ良かったが、今回は手に持っている為、極めて至近距離でのバースト。
「鼓膜が痛い!」
早速原因の究明。
チューブを取り出し、バースト箇所を特定する。
バルブ付近と思っていたが、それとは対角上の位置。
10センチ近くに亘って、裂けていた。
重症である。
パッチを貼っての修復は、不可能な状態。
もう、どうしてあげようもない。

マキシスのタイヤは、ゴムが柔らかいのか、チューブと癒着をおこす。
短期間で脱着すれば、その程度も低かったのだが・・・。
回数を重ねているうちに、バースト箇所が弱くなっていたようだ。
癒着防止にベビーパウダーが必要か?

練習用の予備チューブがないため、再びレース用のビットリアを使うことに。
このチューブがバーストしたら、泣きますけど。
前輪は、より慎重に作業し、ようやく交換終了。
未だに出先のパンク経験はないが、室内で3回。
これってどうなんだろう?
「たはぁー」
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/752-f0a79209

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。