Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

  • お疲れ様、お互いメタボには注意しましょう。
    しかし、食欲の秋辛いところですね。
    自転車の油は帰宅後一応注しました。
    でも、一度綺麗に洗車してから注しなおしたいですね。

    福岡 2007-10-15 00:07
  • 福岡くんへ・・・やっぱり筋トレしないとダメだね。
    自転車だけでは、上半身が鍛えられないから。

    油差して音は出なくなったかなぁ?
    あれでは、ステルス攻撃絶対出来んもんね!

    たいちょ~ 2007-10-15 12:29
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/718-4e3d542a

激坂パラダイス・桐山~湾スカ~田原坂 第1話

感涙隊、遅めの朝8時全員集合!
そう、前夜は恒例のフリークライミングの為、帰宅は夜中の12時。
それでもいつもよりは早いものの、3連登を前に充分睡眠がほしいところ。(←やっぱり無理でした。)

ロードに出る前に、多少はエネルギー源を入れていくのだが、メタボ気味のお腹を指摘されたことだし、思い切って何も食べずに・・・。
「まぁー、いつも結構大丈夫だから良いでしょう」
と、思ったのが大間違い。
走り出しから力が出ない。
最後尾で、ドラフティングの恩恵を充分に受けながらにもかかわらず、余裕がない。
「先頭の福岡君飛ばしてる?」
メーターは、さほどでもない。

しばらく走行すると、無性にお腹が減ってきた。
こんなに何か食べたいと、走りながら思ったことは初めてだ。
「きっとこれがハンガーノック!」
走り始めからとは、先が思いやられる。

信号待ちで、コンビに寄るように伝えると、一山越えなければないとの事。
「ショック!世の中に、あまたあるコンビニが今すぐない。」
そんなコースを走っているので、仕方ありません。

そんな会話の直後、その山は現れた。
初めて走る道。
どこまでも上っている。
ペースは大したことないのに、ついていくの必死。

ようやく頂上らしき地点に到着。
そこからは下っていて、その先に念願のコンビに出現。
「助かった。」

ウイダーのエネルギーと、チロルチョコレートと、揚げアンパンお買い上げ。
弁当が食べたかったが、内臓が弱いので我慢。
消化しやすいように、よーく噛んで。
なんといってもこの先、3連登が待っているのだから・・・。
エネルギーが体に回ったかどうかわからないが、とにかく空腹状態から脱した為、出発。

直後から、まず1つ目の山越えアタック。
幸田サーキットへつながる山道を、吉良方面から初めて上って行く。
村やん先頭で、隊列を組みながら、ペースは抑え目。
まだ先は長いので、のっけから飛ばしてはあとが続かない。

勾配がきつくなってくると、2番目の鋤さんが遅れだした。
迷うといけないので、そのペースで並走。
直後に福岡君が、キュル、キュル音を立てながらついてくる。
「チェーンにオイル差さなきゃダメだよ。」
自分もまだ2回しか差した事ないけどね。

そんなペースのまま、予定通り幸田サーキットの入り口到着。
すでにレギュラーペースで上った村やんが待っていた。
次のコースや、休憩ポイントを打ち合わせた後、出発。
湾スカを三ヶ根方面から上るのだが、行き方に自信がないため、再び隊列を組んで行くことにした。

迷うほどの道でもなく、無事三ヶ根の湾スカ上り口に。
次の休憩ポイントは天恩寺であるため、ここからは全員コースを把握。
よってペースアップで、アタック開始。
村やんの背後をぴったりマーク。
それにしても湾スカの流入口まで、距離ありすぎ。

湾スカに入って、村やんと徐々に差が開き始める。
こうなると手が付けられない。
追いつくことは絶対無理。
でも天恩寺までは距離があるので、なんとか最小差に留めたい。
そんな矢先、湾スカ中間地点ぐらいだろうか、左ふくらはぎが攣り始めた。
このところの中総アタックで、攣り癖が付いてしまったようだ。
先はまだまだ長いし、ここで無理は禁物。
ひどくならない程度で・・・。

長く感じた湾スカを抜け、ようやく下り区間。
遅れを挽回しようとペダルを踏み込んでいくと、今度は右足のふくらはぎが攣り始めた。
あえなく、自然落下に身を任せ、かかとを落としてストレッチ。
全然ダメダメです。

おまけに前回間違えた国1へ道を、同じようにまた間違えた。
学習能力もゼロ。
踏み切りは、矢印が上下ともついているし、その後の信号はことごとく引っ掛かるし。
テンションは完全に切れてしまった。
村やんに遅れること6分で天恩寺にようやく到着。
そこから4分後に福岡君と鋤さんが到着。

激坂パラダイス・桐山~湾スカ~田原坂 第2話に続く。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

  • お疲れ様、お互いメタボには注意しましょう。
    しかし、食欲の秋辛いところですね。
    自転車の油は帰宅後一応注しました。
    でも、一度綺麗に洗車してから注しなおしたいですね。

    福岡 2007-10-15 00:07
  • 福岡くんへ・・・やっぱり筋トレしないとダメだね。
    自転車だけでは、上半身が鍛えられないから。

    油差して音は出なくなったかなぁ?
    あれでは、ステルス攻撃絶対出来んもんね!

    たいちょ~ 2007-10-15 12:29
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/718-4e3d542a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。