Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/624-da705ba9

小学生とおばあさん

前のブログの続きです。

交番にいた小学生は、高学年ぐらいの女の子2人組。
どうやら、財布を拾ったようだ。
若いお巡りさんに、いろいろ質問されていた。

ところがこの若いお巡りさん、まだ新米なのか先輩お巡りさんに叱られてばかり。
かなり激しく。
かわいそうに、小学生たちは完全に萎縮してしまっている。
親切に財布を届けて、こんな目に遭ってはたまらない。

そこへ、落とし主のおばあさん登場。
いかにもお百姓さんといった出で立ち。
落とした財布は、かなり年季の入ったガマグチ。
若いお巡りさんが、おばあさんに確認の為、中身の金額を告げた。
その額なんと、35円。
しかも1円玉15枚と、5円玉4枚。
あとは、カード類のようである。

そして気になるお礼の話しになった。
法律上、拾得物に対するお礼は、5%~20%。
この場合最高の20%を適用したとしても、7円。
2人で分ければ、3円50銭づつ。
こちらの事故の聴取そっちのけで、展開を見守る。

若いお巡りさんも、適切な対処方法をアドバイス出来ず困っているよう。
するとおばあさんが乗ってきた車のところに行ってくると言う。
このおばあさんが車に乗れること自体驚きである。
すぐさま巾着を持って、戻ってきた。
すると、中から5000円札を取り出し、小学生達に差し出そうとしている。
それを見た先輩お巡りさん。
小学生にその額は多いから、保護者の方と相談してみて、と促す。

その間小学生達は、一言も発せず、リアクションもかなり薄い。
この一連の流れをどう思っているのだろう。
想像するに、
「落し物の財布を拾ったから、落とした人が困ると思って、ただ交番へ届けただけなのに・・・」
と心の中で、思っていたに違いない。

そう言えば、先輩お巡りさんこんなことも言っていた。
それは、おばあさんが5000円を渡そうとした時、
「こんな大金を渡せば、簡単にお金がもらえると思ってしまう」
「教育上良くない」と・・・
本当にかわいそうな小学生。
もう2度と落し物は届けなたくないかもしれない。
もう少し配慮願いたいものである。

車をぶつけられたことを忘れるぐらい、興味深い話であった。
きっと1日交番にいたら、いろいろな人間模様が体験できるのだろうと、思った。




スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/624-da705ba9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。