Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

  • 原因が分ってよかったねv-221
    ロードでもチャンと動くと良いですね。
    やっぱり私も付けたほうが良いのかなぁ?

    福岡 2007-05-17 01:16
  • 福岡くんへ・・・本日のロードでちゃんと機能したので一安心。福岡くんもSC装着で、より積極的にロードが楽しむるねぇ。

    たいちょ~ 2007-05-20 22:56
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/601-f2eca5d6

SCセンサー移動

この数ヶ月間、特に湾スカアタック時にSCのスピード表示がされない障害に悩まされてきた。
スピード表示がされないと言うことは、積算距離表示もストップしてしまい、その日の走行距離もわからないような有様。

山岳コースは極端にスピードが遅くなるので、表示0もやむなしと思っていたが、フラットの高速巡航中もしばしば0表示が出現。
これは何とかしなければ。
Mt.富士ヒルクライムレースでは、正確なデータが欲しいので・・・。

まず疑わしきは、電池残量。
残量警告が出ていないので気にしていなかったが、当初正確に機能していたものが、徐々にしなくなるのはどうも怪しい。
でも電池交換すると、積算データが全て解除されてしまうので、慎重になる。
そこで、まずネットで同じような障害がないか調べることにした。

数分後、やはりありました。
全く同じ症状で悩んでいる方の切実な訴え。
「山岳で10km/h以下のスピード時に、0表示になる。」
そしてこの方は、メーカーに問い合わせもしていました。
メーカーの回答は、
「オートスタートを解除してください」
とのことだった。
しかし、解除しても改善されずに、電池交換に至った。
ところが、それもむなしく一向に改善されていなかった。

「そうか、電池交換しても改善されないんだ。」
なら、電池交換はやめにして他の方法を考えねば。
と言っても・・・。

有線にタイプにしておけば良かったと、後悔の日々。
そんなある日、クライムレースに備えて、今中大介さんのヒルクライムテクニックのビデオを見ていると、そこに答えがありました。
それがこちらの映像↓
7.05.14.jpg

判りづらいが同じポラール製、フロントフォークの上の方にセンサーが付いている。
一方CAAD9はというと、↓
7.05.141.jpg

かなり下の方である。

なぜ気が付かなかったのだろう。
無線のリスクを最小限にするには、センサーと本体が近い方が良いことは、当然のことなのである。
早速説明書を確認。(説明書とっておいて良かった。)
センサーと本体の距離は、最大50センチ以内。
計ってみると、40センチ。
範囲内である。
ゆっくりホイールを回す。
0表示のまま。
続いて、本体をセンサーに近づけて同じことをやってみた。
「やった!出ました!」
3km/h表示。
これで間違いなくセンサーまでの距離が原因だったことが判明。

予備のタイラップがあったので、早速作業開始。
フロントフォーク上で、10センチ本体に近づける。
動作確認してみると、ちゃんと表示されている。
この位置で、タイラップを本締めして作業完了。
仕上がりはこんな具合↓
7.05.142.jpg

ブレーキの直下まで上げてみました。
これで、大丈夫。
まだロードで試していないので、湾スカで・・・。
スポンサーサイト

Comments

  • 原因が分ってよかったねv-221
    ロードでもチャンと動くと良いですね。
    やっぱり私も付けたほうが良いのかなぁ?

    福岡 2007-05-17 01:16
  • 福岡くんへ・・・本日のロードでちゃんと機能したので一安心。福岡くんもSC装着で、より積極的にロードが楽しむるねぇ。

    たいちょ~ 2007-05-20 22:56
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/601-f2eca5d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。