Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

  • やってても面白いですが、見ていても面白いですねぇ。
    ホント、スゴイ迫力でした。
    (2枚目の写真には親近感を覚えますけど。。。)

    「テイクザストレーン」の段階で既に、綱がギシギシいって
    相当ハイテンションなんだろうと思ってたら、引き始めると、綱から「ビシッ!」
    って引き締まる音が聞こえましたから。
    ゾクっとしましたよ。感動して。

    早くあのレベルに近づきたいですねぇ。

    村やん 2007-01-23 00:14
  • いよいよ日曜は大会ですね。
    ここからは、チームの目標を明確にして、
    全員のモチベーションを上げましょう。
    みんなの意識が合えば良い結果が出るでしょう。
    頑張ってください!!

    mamo 2007-01-23 14:14
  • 村やんへ・・・写真2枚目のチームには勝てるかなぁ?
    県大会見てから、頭の中のイメージはずっと7枚目なんだけど。実際はぜんぜん出来てないんだろうねぇ。
    志は高く、常に上を目指してがんばろう!

    たいちょ~ 2007-01-24 19:36
  • 韋駄天mamoさんへ・・・大会当日は、応援お願いします。mamoさんの駅伝のがんばりに負けないぐらい精一杯の戦いをお見せします。
    鋤さんの気合いが鍵を握るかも?

    たいちょ~ 2007-01-24 19:38
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/509-a602cc54

綱引き県大会

昨日綱錬を終え、楽しみにしていた綱引きの県大会会場へ向かう。
写真や映像でしか見たことのない、本物が見られるとあって興奮気味である。
確認しておかなければならない事を整理し、全て吸収するつもりで会場入り。
さぞかし綱引きファンで、盛り上がっているかと思いきや、観客はほとんどいない。
県大会だと言うのに・・・。
やはりかなりマイナーなスポーツであることを、痛感させられた。

しかし観客がいようがいまいが関係ない。
そこには、我々が初めて目の当たりにする、力と力のぶつかり合いが繰り広げられていた。
残念なことにデジカメを忘れた為、ビデオ撮影できなかったものの、携帯で出来る限りポイントを押さえる。
「すごい、感動である。」
我々が夢見ていた、低いポジションからの一糸乱れぬ引きを、長時間にわたって行っているではないか。
その迫力たるや、なんと表現していいのかわからない。
確かにそこには我々の目指すべき姿があった。
20070122222055.jpg

20070122222641.jpg

20070122222916.jpg

20070122222951.jpg

20070122223014.jpg

20070122223046.jpg

20070122223117.jpg

20070122223142.jpg

20070122223202.jpg

20070122223223.jpg

20070122223247.jpg

20070122223314.jpg

20070122223339.jpg

20070122223408.jpg

20070122223437.jpg

試合を見ている間に、応援に来ている選手と話すことが出来た。
もう10年以上綱引きをしている、おばちゃんである。
練習は年中、週3から4日ぐらいのペースでやっているとの事。
我々が1年間に、10日ほどしかしないのと大違い。
手を見せてもらうと、意外と綺麗。
しかし触ると、まめがしっかり出来ていた。

その後、主審をされている方とお話しすることが出来た。
なんとこの方、綱引きを台湾に広めに行き、世界チャンピオンに育て上げた、綱引き界の重鎮であった。
にもかかわらず、我々のような素人も同然の若輩者に、懇切丁寧にご指導くださるではないか。
まことに光栄の極みである。
その中で、非常に参考になったことがあった。
それは、パワーホールド。
初めて聞く言葉だ。
綱引きは、持久戦になることが多い。
そんな時いかに力を使わずに、相手の体力が消耗するのを待つかという、高等テクニック。
では力を使わずに、どうやってしのぐかというと、骨格でホールドするのだという。
技術的な部分は良く判らないが、自重を利用して、最大限低い姿勢で背筋や足なども伸ばして、相手の引きを耐えるのだろう。
この技術がなければ、長時間にわたり戦い続けることは、まず無理である。
是非とも取り入れていかなければならない。

その他にも、チームで呼吸を合わせることが大事とか、監督は良く勉強して的確に指示を出さなければいけないとか、自宅に帰っても個々で筋トレしなければいけないとか、いろいろなことを教わった。
そして最後に最も大事なことは、楽しんでやること、だそうである。
この部分については、我々の理念と同じである。
初対面の我々にここまで親切に教えていただいた上、ありがたいお言葉が。
それは、わからないことがあったら、連絡くれればご指導いただけるとの事。
連絡先は、連盟の高橋さんが知っているそうである。
これは心強い。
世界を制した指導者にご指導いただけるチャンスを得たのである。
こんな出会いも大切に、とりあえず今度の日曜日の大会は、全力で挑みたい。



スポンサーサイト

Comments

  • やってても面白いですが、見ていても面白いですねぇ。
    ホント、スゴイ迫力でした。
    (2枚目の写真には親近感を覚えますけど。。。)

    「テイクザストレーン」の段階で既に、綱がギシギシいって
    相当ハイテンションなんだろうと思ってたら、引き始めると、綱から「ビシッ!」
    って引き締まる音が聞こえましたから。
    ゾクっとしましたよ。感動して。

    早くあのレベルに近づきたいですねぇ。

    村やん 2007-01-23 00:14
  • いよいよ日曜は大会ですね。
    ここからは、チームの目標を明確にして、
    全員のモチベーションを上げましょう。
    みんなの意識が合えば良い結果が出るでしょう。
    頑張ってください!!

    mamo 2007-01-23 14:14
  • 村やんへ・・・写真2枚目のチームには勝てるかなぁ?
    県大会見てから、頭の中のイメージはずっと7枚目なんだけど。実際はぜんぜん出来てないんだろうねぇ。
    志は高く、常に上を目指してがんばろう!

    たいちょ~ 2007-01-24 19:36
  • 韋駄天mamoさんへ・・・大会当日は、応援お願いします。mamoさんの駅伝のがんばりに負けないぐらい精一杯の戦いをお見せします。
    鋤さんの気合いが鍵を握るかも?

    たいちょ~ 2007-01-24 19:38
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/509-a602cc54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。