Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/471-876f6d03

箱作り

この時期は、御歳暮に御年賀と進物が良く売れる。
大半が箱詰め商品となる為、事前に箱を組み立てておかなければならない。
子供はわりと箱作りが好きで、機用に組み立てる。
1人の時は良いのだが、3人で組み立てるとなるとけんかになる。
原因は、箱が3つのパーツからなっている為、どこを作るかで奪い合いになる。
フタと底は作り易いのだが、中敷は面倒な上地味な作業になる。
今までは、上2人が上手い事言って下の子に中敷をさせていたのだが、最近はそう簡単にはいかないようだ。
昨日なんかは、誰も中敷を作らない状態になり、無理やり全員に中敷を作らせたのだが、次第にフタと底を作り出す始末。
どうしたらよいものか?
自分でしばらく中敷を作っていたのだが、ふと思いついた作戦を試してみると率先して作るようになった。
その作戦とは・・・。
とにかくひたすら出来上がった3つのパーツを組み立てていく。
すると子供たちの作業は追いつかれないようにスピードアップする。
1番最初に中敷が不足する。
すると3人が一斉に中敷を作り出す。
こんどは、中敷がだぶつきフタや底が足りなくなる。
次第に状況を見ながら足りないものを手分けして作るようになり、200個の箱をけんかせずしかもスピーディーに作り上げることが出来た。
本当は嫌な仕事を率先してやってくれるのが理想だが、まだ子供には難しいだろう。
こんなことからでも少しずつ勉強してもらえたらよいのだが・・・。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/471-876f6d03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。