Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/416-e1ca73b6

鈴鹿エンデューロ決戦直前編

昨夜(21日)は、廊下で騒ぐ若者(おそらく)達の声とハイテンションのため寝つきが悪かった。
建物の防音効果は、ほとんどなく予約が取れた理由が少しわかった気がする。
朝4時村やんの携帯目覚ましが鳴る。
その音に鋤さんが即反応。
さすがに騒音を諸共せず真っ先にいびきかいて寝ただけのことはある。
まだ眠い我々にお構いなしにごそごそと仕度を始める。
もうみんな寝てはいられない。
荷物をまとめチェックアウトをする。
レースに必要な荷物を鋤さんのトラックに積み会場へ先に行ってもらう。
他の車は、ずっと遠くの駐車場へ。
園内が通れない為本当に遠かった。

村やんとピット内での陣地を確保する為に向かう。
するとゲートが開いておりすでに指定されたピット内はほぼ埋め尽くされていた。
ラッキーなことになぜかコンセントと水道のある一等地と思われるところだけが空いているではないか。
早速ブルーシートを敷きテーブル等をセッティングする。
6.10.222.jpg

6人にしては狭かったが、後から考えればレースをみんな見に行っているので特に問題はなかった。
コース上を見ると試走をすでにしているではないか。
鋤さんがやたらテンションが高く、走りたくてしょうがないことをアピール。
準備途中の我々に早く早くとせっついてくる。
そんなに急がなくてもコースは逃げないからとなだめるも、待ちきれないらしく1人で先に行ってしまった。
全力で力使い切ってしまわなければ良いのだが。
遅れて福岡くんと村やんと3人でコースへ出る。
6.10.223.jpg

特にアップダウンの状態は、しっかり確認しておく。
どうやらホームストレートの上りが長いぐらいで、他は斜度がきつくても短いからなんとかなりそうだ。
路面が整備されているから快適に5.8㌔の試走を追えることが出来た。
1周14分ぐらいのサイクリングペースで・・・。
ところが鋤さんは試走にもかかわらず1周10分ほどで周って来たとのこと。
結果的にこの試走の記録をレースで上回ることが出来なかった鋤さん。
悪い予感が的中してしまった。
レースまで時間がないので朝食を食べようとすると、鋤さんがまだ走り足りないらしくもう1周行こうと誘ってくる。
試走時間も10分を切りなだめる時間もない為、付き合うことにした。
体も温まってることだし1周目よりはペースアップしてみた。
すると鋤さん上りでついてこれずにもうバテ気味である。
なんとか本番までには回復してもらいたいものである。
やっと朝食にありつける。
6.10.224.jpg

なかなかのボリュームである。
食べている最中に第1走者の村やんはすでにスターティンググリッドに並んでいた。
6.10.225.jpg

初参加で要領がわからなかった為、かなり後列に並んでいるようだ。
そしていよいよ8時間に及ぶロングレースの始まりである。
カウントダウンをみんなでして、ついにスタートしたのであった。
つづく。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/416-e1ca73b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。