Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

  • 脚力、持久力には絶対自信あったのに二人にあれだけ離されるとちょっとショック(>_<)!言い訳じゃないけど、自分のバイクでは広域農道の登坂を快適に登るにはギア設定を変える必要が絶対にある!とらいあんぐるでギア変えれるか相談しようっと。桑谷山で秘かに登坂練習しよっと!

    韋駄天mamo 2006-07-03 20:28
  • 韋駄天mamoさんへ、昨日はお疲れ様です。
    地獄の広域農道を快適に登るには、ランニングに見切りをつけてサイクリング一本に絞るのが一番だと思いますよ。それとギア設定変えるのではなく、自転車変えたほうが良いかも?

    感涙隊長 2006-07-03 23:20
  • 韋駄天さんのバイク、重いですよね。コンパクトクランクに変えるだけでも上りは全然違うと思いますよ。変更可能なパーツは全て軽いものにすれば、なお良いかと。
    でも、そこまでするなら新車に変えた方がいいかも。。。

    村やん 2006-07-04 23:49
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/271-a9b6a8f3

地獄の広域農道

朝4時50分起床、そっと外を見る。
やったー!雨降ってないぞー。
一気にテンションが上がり、そそくさと身支度をする。
ボトルゲージのセッティングが出来ていないので、片手に持って村やん家に・・・。
早速装着してもらいボトルを差し込むと、しっかり安定して飛び出すことがない。とっても良い感じ。
ただボトルがむき出しなので、すぐ解けてしまう欠点が発覚。なんとか工夫せねば。
韋駄天mamoさんとの合流地点へ到着、まだ来てなかったのでさっきからタイヤに擦るサドルバックを調整。
充実の装備にリュック要らずは、大変助かる。
20060702232604.jpg

ドリンク食料等を調達し、いざ出発!
ここからあまり遠くない、広域農道の地獄のクライムを知らない韋駄天mamoさんは、終始リラックスムード。
途中までだが経験している我々は、その過酷さに気持ちが折れないよう気を引き締める。

お気楽な韋駄天mamoさん↓
20060702233132.jpg

いよいよ始まった地獄のヒルクライム!もう後へは戻れないし、足を着く事も許されない。
上り坂とのガチンコ勝負。
自転車を降りた瞬間負け犬扱い必死。
予想を上回るハイペース・高回転で村やんが見る見る離れていく。
その後を必死に追いかけるが、オーバーペースが怖い。
乳酸たまってしまったら以降足が動かない。
そんなことも考えつつ、ひたすら登る。
さすがに早い段階での、長い登りは一気に体力と気力を奪い去る。
なんとか下りになるまでは・・・。
そして頂上到達、今度は長い下り坂でぐんぐん加速。
交差点で村やんが待っててくれた。
再び3人揃って次のステージへ・・・。
今度はサーキットまで続く、長い登り坂。
またしても村やんが、スタートダッシュをかける。
あっと言う間に視界から消え去る。
なんとか追いすがろうと、イーブンペースの韋駄天mamoさんに見切りをつけてペダルを踏み込む。
もう乳酸とかフォームとかこだわってる場合ではない。
がむしゃらに走ったお陰で、村やんの背中が見えてきた。
しめしめまだ気づかれてないので、このまま追いつこうと思った矢先右に大きく曲がったところで、痛恨の目視。
しまった見つかった。
その時の目が鋤さんが以前逃げた時の目と同じに感じられ、案の定再加速する村やん。
なお追いすがるが、サーキットに到着してしまった。

一足遅れてきた韋駄天mamoさんを撮影↓
20060702235446.jpg

きつ過ぎて半笑いの極限状態。↑
20060702235713.jpg

そしてここからは未体験ゾーン、村やんがあまりの上り坂に気持ちが萎えて降車した魔のクライム地点。
前半は今まで登ってきた分を一気に下る。
そしていよいよ登りのお出ましだ。
どう料理しようか?この登り、という前に料理されてしまうかも?
今度はダンシングを交え少し重たいギアを踏む。
なんとか村やんに離されまいとするが、アクシデント発生。
チェーンが外れた。
仕方なく降車をするが、これは負け犬ではなく、不測の事態。
勾配が緩い所まで自転車を押して行き、チェーンをはめようとした時韋駄天mamoさんが登ってきた。
普通手伝ってくれるところを、「大丈夫?」と声を掛けてくれたもののそのままスルー。
ちょっと手伝ってほしかったのにー。
ようやくチェーンもはまり、2人を追いかける。
トンネルの手前で待っててくれた。

トンネルを抜け下り坂に入った。
この下りを村やんにぴったりくっついて行く。
スリックに入ったこともあり、尋常でないスピードが・・・。
もう55キロも越えまだまだ加速する。
ついに60キロオーバー!
初めての大台である。

先週に続き長くなったので後半に続く。

スポンサーサイト

Comments

  • 脚力、持久力には絶対自信あったのに二人にあれだけ離されるとちょっとショック(>_<)!言い訳じゃないけど、自分のバイクでは広域農道の登坂を快適に登るにはギア設定を変える必要が絶対にある!とらいあんぐるでギア変えれるか相談しようっと。桑谷山で秘かに登坂練習しよっと!

    韋駄天mamo 2006-07-03 20:28
  • 韋駄天mamoさんへ、昨日はお疲れ様です。
    地獄の広域農道を快適に登るには、ランニングに見切りをつけてサイクリング一本に絞るのが一番だと思いますよ。それとギア設定変えるのではなく、自転車変えたほうが良いかも?

    感涙隊長 2006-07-03 23:20
  • 韋駄天さんのバイク、重いですよね。コンパクトクランクに変えるだけでも上りは全然違うと思いますよ。変更可能なパーツは全て軽いものにすれば、なお良いかと。
    でも、そこまでするなら新車に変えた方がいいかも。。。

    村やん 2006-07-04 23:49
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/271-a9b6a8f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。