Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1283-63fe04d4

ドッヂボールは、シに「゛」か?チに「゛」か?

・・・と、以前ジュニエコの子供達に聞かれ、迷わずチに「゛」と言ったら、年寄り扱いされました。

そんな事はいいんだけど、綱錬のあと、なぜかドッヂボールをやるはめになった。
と言うのも、地元の小学生達も綱錬に来ていて・・・、
どうも、綱引きよりドッヂボールの方がやりたかったみたいで、自然な流れで始まったわけ。
師匠達も、50歳越えているのに真剣になっちゃって、みんな子供みたい。

でも恐ろしいことに、小学生しかも女の子なのに、すごく球が速い。
壁にダイレクトに当たると、穴開きそう。
始めは観ていたんだけど、促されてしぶしぶコートイン。
「子供たちの目が怖い」
狙ってる、獲物を完全にロックオン!
もう、小鹿のように、打ち抜かれるのを震えながら待つだけ。
「プルプル、プルプル、・・・ドッカーン!!!!!」
あえなく、当って終わりです。

あの恐怖を、長く味わうより、早めにチャッチャと終わってよかった。
来週は普通の鹿ぐらいで、お願いします。

おっちゃん達が、地元の子供達と真剣に遊ぶ姿に感動です!
こんな場が増えれば、もう少し日本もよくなると思うんだけど。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1283-63fe04d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。