Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1199-24c32a7f

チャリ耐☆本戦中盤編・・・つづき

1巡目よりも好ラップで周回してくれた、福岡くんと鋤さん。
この2人の頑張りに応えるべく、再び3位浮上を胸に硬く誓い2巡目のコースイン。
いきなり飛ばしたら、かなりの確率でふくらはぎが攣るのは経験上わかっていた。
よって温まるまで、アップペースで抑えながら。
2人とは対照的に、入りの5周を58秒台ぐらいと、様子見走行。
内心もう少し速いつもりで走っていたのだが、マイナス3秒ぐらいのズレが生じている。
「これは相当調子が悪い!」
ふくらはぎも、今にも爆発しそうだ。
09-05-241187.jpg

折れそうな心を、3位上昇と言うモチベーションで何とか支えながら、ぎりぎりの戦いを続ける。
6周目からは、実際のラップと感覚的なラップの整合性もとれてきて、53秒台、そして7周目には自身ベストの50秒台をマーク。
でも、長くは続かなかった。
8周目以降は、55秒から58秒の間で推移。
ずっと重い3速を貫き通してきたが、脚への負担を軽減する為にバックストレートを2速で上ることにした。
「この選択が誤りだった。」
ケイデンスを上げたことで、ふくらはぎが完全に攣ってしまった。

以前中総でトレーニングしていた時に、下り坂を全力で回していた時にも攣る事があった。
その傾向はやはり変わっていなかったのだ。

慌てて3速に戻すも、後の祭り。
致命的なダメージを負ってしまった。
「ピットインしようか?」
だが、誓った3位浮上は果たせてないし。
そんな葛藤の渦の中でもがき苦しむのであった。

そしてラップはついに、2周回連続で2分オーバー。
もう完全に終わっていた。
これ以上は、取り返しがつかなくなる。
まことに不本意ではあるが、15周回を4位のままでピットイン。

尻上りにペースアップしている福岡君の3巡目に、3位再浮上を託すのであった。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1199-24c32a7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。