Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1133-af2d04ec

睡魔に襲われ・・・。

もう先週の話であるが、会議所の県連レベルの集まりが豊橋市であった。
トークショー、スポーツイベント、大懇親会のプログラム。

会場には、10人の円卓が25席用意され、趣味別分類にしたがって3番テーブルに着くこととなった。
同テーブルの他単会メンバーと名刺交換をし、初対面の挨拶をする。
そうこうしている内に、トークショーが始まった。

すっかり忘れていたのだが、本日のゲストは、吉田沙保里さんであった。
そう、女子レスリング55キロ級で、アテネ・北京オリンピック連続金メダリストの彼女である。
テレビで観るよりずっと小さく、その体のどこにあのパワーが隠されているのか驚きであった。
戦闘モードでない時の彼女は、極普通の体育会系の女の子のイメージ。

私の着いた3番テーブルは、最前列のど真ん中。
吉田選手とは、わずか数メートルの至近距離。
「これはラッキー!」
と思っていたのだが、この近さが後々アダとなることに・・・。

トークショーには、吉田選手と共に、かの有名な栄和人監督も出演された。
コーディネーターの質問形式で、進行していくのだが、大半を栄監督が応えるという展開。
こんなにお話し好きな方だとは、思っていなかった。
会場の反応も一応に、ややあきれ気味。
もっと吉田選手の話を聞きたかったのに・・・。

栄監督は、スキンヘットの怖い風貌の割りに、声はハスキーボイスで癒し系。
それ故に、聞き入っていると催眠効果抜群。
特に前日、前々日と打合せが午前様だった自分にとって、絶好のオヤスミ環境。
死角の席であれば、間違いなく熟睡。
ところが、最前列のど真ん中。
時折、吉田選手とも目が合うこの距離。
居眠りするわけには、いかない。
手や腕、足などにも刺激を入れながら、睡魔と激闘を繰り返す。
きっと、白目むき出しになっていたかもしれない。
それでも、ヘットアップの体勢は崩さず、必死に耐える。

もうどれだけの時間戦っただろうか?
気力が失せたその瞬間、不覚にもヘッドダウンしてしまった。
そんなに長時間でない・・・はずだ。
気付かれないように、すぐに体勢を立て直し、そ知らぬ振りでやり過ごそうしたのだが・・・。

「見られていました。」

吉田選手と、その瞬間しっかり目が合ってしまったのです。
「大変失礼いたしました。」
心の中で、お詫びし許してもらいました。(←表情からして、きっと・・・)

その後は、気持ちを入れ替え、ちゃんと集中。
栄監督だけの話が、まだまだ続くのであった。
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1133-af2d04ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。