Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1043-dc01a0d7

チャリ耐☆予選

鋤さんと2人で、どこまで出来るか楽しみだ。
いつもよりわくわくするのは、Mなのでしょうか?
とにかくリタイアだけは、避けたいです!

この激坂を下ると、決戦コース↓
08-10-191.jpg

今回のチャリ耐は9回目だが、自転車ブームを反映してか?はたまた、主催者様の宣伝と心がけのお陰か?過去最多の58チームがエントリー。
嬉しいばかりです。

1つのピットに6チーム。
さぞ窮屈で使いづらいかと思いきや、暗黙の了解でほぼ6等分。
マナーの良さに、感激です。
気持ち良いレースが出来そうだ。

まずはいつものように、受付と車検↓
08-10-192.jpg
真剣な表情の鋤さんと、応援に来てくれた?(←やや無理やり)同級生。
自転車の仕様は一切変わってないので、問題なくパス。

その後コースウォークとブリーフィングがあり、予選となるタイムアタックに挑む。
毎回ローラー台を持ち込んで、アップしていたがなんせ2人、その体力がもったいない為予選をアップに当てる。
まずファーストアタッカーは、鋤さんだ。
充分練習を積んだ成果を、いかんなく見せてくれ。
いつものように、「行ってくる」とも言わずに、気付かないうちに出て行く鋤さん。
今日は2人なんだから、声掛けてね。

そんな鋤さんなのだが、暫定3位の好記録をマーク。
自身を10秒ほど上回る、1分48秒台。
「これは本物だ!」
2人で走り切る、目処が立ったのである。
08-10-194.jpg

「鋤さんに続け!」
全くアップしていなかっため、電光掲示板を時折確認しながら、多めに周回していると、鋤さんの記録は圏外に・・・。
(ちなみに上位5位までが、表示されます。)
こうなったらもう一度、圏内に入るしかないでしょう。
レースのことを考えると、無理しないのが得策なのでしょうが、抑えることは無理。
5周回目で、いよいよアタック開始。
滑り出しは、まずまず順調。
脚もよく回っている。
ところがである、前カゴをつかんで走る感覚に慣れていないため、第1コーナーを大きく膨らんでしまう。
アウトぎりぎりの大失態。
なんとか挽回せねばと、その後のコーナーをデッドに狙うのだが、他のチャリダーにふさがれ、痛恨のブレーキング。
もう期待は持てません。
それでも残りを全力で駆け抜け、アタック終了。
力を落とし、コース上を流しながら電光掲示板を見ると、わがチームのナンバー41が3番手に見える。
タイムまでは確認できなかったので、更にちかづくと、1分44秒02。
前回大会よりは遅いものの、まずまずである。
08-10-193.jpg

ピットに戻り、モニターで予選の様子を見守っていると、やっぱりでました。
1分35秒台をたたき出した、茶坊主君。
「さすがです。」
結局わがチームは、予選5位。
なんとか感涙隊(今回のチーム名は鋤☆杉)のメンツは保ったかなぁ?

そしてここで重大発表!
ファーストライダーは、「鋤さん」にお願いします。
今まで数々のレースに参加してきたが、スタートは初めて。
嫌がっていたが、何事も経験です。

ところが、このことがまさかのあれを引き起こそうとは・・・。
前途多難!先が思いやられる出来事はあとのブログにアップします。
つづく・・・。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1043-dc01a0d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。