Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

  • 相変わらず色々あって楽しそうですね。
    食事場所まで2~3kmってことは、あそこですね?!

    沙悟浄 2008-09-20 22:37
  • 沙悟浄さんへ・・・いろいろあり過ぎです!でもとっても楽しかったのだけど・・・。
    食事はニョロニョロした、あそこです。

    たいちょ~ 2008-09-21 00:50
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1018-d19111f7

ツールド三河湖’08☆サイクルセンター・三河湖

作手道の駅をせかされるように出発し、国道301号線を新城方面へ。
通称いろは坂と呼ばれるツヅラ折れを、高速で下って行く。
かつてツールド新城の下見の為、1度だけ走ったことがあるのだが、思っていたよりもずっと早くその道ともお別れ。
左折して、ここからは未知の領域。

道幅は一気に狭まり、対向車に気をつけなければならない。
作手道の駅を出て、ずっと下り基調。
「快適、快適、・・・快適過ぎて、ちょっと不安。」
もうそろそろフラットになってもらえないものか。
こんなに下っては、上りが怖い。
そう言えば、韋駄天mamoさんがこの区間は結構辛いと言っていた。
今のところも、その辛さは微塵もない。
と言うことは・・・、この快適さをすっかり忘れさせるぐらいの、激坂が待っているのかも?

長めのタイミングで、先頭交代をしながら第2チェックポイントのサイクルセンターを目指す。
途中道先案内人のスタッフの方が「もうすぐです、がんばってください。」と教えてくれた割には、なかなか現れないサイクルセンター。
なんせ初めて走るルートなので、コースアウトしていないか心配だ。

そんなことを考えながら走っていると、突然現れたサイクルセンター。
みんな出発した後のようで、閑散としていた。
早速チェックを受け、補給食を頂きます。
ドリンク以外に、菓子パンとバナナまで・・・。
08-09-1412.jpg
村やんその位置はまずいでしょ!↓
08-09-1413.jpg
本当はゆっくりしていたかったのだがそうもいかず、昼食が待つ三河湖に向けて出発。

コースは、フラットからやや上り傾向。
4人でやや押さえ気味に走っていると、後方から勢い良く抜いていく兄ちゃんが・・・。
「茶坊主くんだ!」
サイクルセンターで一緒だったのだが、こんなに早く追いつかれるとは・・・。
あっ、と言う間にはるか彼方へ行ってしまった。
その走りに反応したのが、村やん。
負けじとかっ飛ばし、茶坊主くんに追いすがる。
その先はコーナーが在り、2人のバトルはどうなったのかうかがい知ることが出来ない。
あとから聞いたところによると、三河湖まで共に行ったとのこと。
「村やんもすごいね!」

再び同級生3人で、鋤さんを先頭に杉田を挟み進むのだが、徐々に勾配がきつくなって来た。
後ろから見ていても明らかに辛そうな杉田。
やばいなぁ、と思っていたらまたしても脚が攣ってしまった。
千万町坂明けと同じぐらい、強烈なものであった。
何とか自転車から降ろし、ストレッチをさせる。
歩くのもままならぬ感じだが、タイムオーバーの危険性もあるので・・・。
この状態に鋤さんは気が付かず、先へ行ってしまった。
2人で歩きながら、勾配が緩やかになるのを期待したのだが、絶望的。
快適に下ってきたのだから、物理的に考えてもわかる。
どれくらい歩いただろうか?
スタッフさんの姿が見えて来た。
ポイントとなるのか、1人ではなく複数名いるようだ。
こちらの状態を伝えると、自転車ごと運んでくれると言う。
願ってもない待遇、杉田の事を任せて1人で先を急ぐ。
そう言えば、最後尾を走っていたので、杉田が先に行ってしまったということは、自分が正真正銘最後尾。
1人になると、そのプレッシャーも急に大きく感じられるようになったりして・・・。

スタッフさんのいたところでコースは左折しており、先を見るとまたすごい上り坂。
どうりで、応援車が待機していたわけだ。
韋駄天mamoさんの言っていたきつい坂とは、ここからのことであろう。
余力充分とは言うものの、最後尾のプレッシャーが重くのしかかり、若干焦り気味で・・・。
すると鋤さんが待っていたので、走りながら杉田の事を伝え、競争するかのように上って行く。
その間、何人かの選手を抜き、最後尾脱出。
鋤さんにも追いつかれず、頂上到達。
そこには、てっきり三河湖まで送ってもらったと思われた、杉田がいた。
そんなに甘くない、きつくないところは自分で漕いでいかなければ・・・。
確かにその後三河湖につくまで、きちんと3人で走っていくことが出来ました。

またしても村やん「お待ちどうさま。」
今度は、5分ぐらい待った?と聞くと、その10倍と作手道の駅の時と同じ答えが返ってきた。
そんなことはないでしょう。
実際は、25分でした。
3回目のチェックを受け、食券をもらって待望の食事と思ったら、あと2~3キロ先とのことでした。
もうひとがんばりしましょう。

まだ書けません、次のブログに続きます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
スポンサーサイト

Comments

  • 相変わらず色々あって楽しそうですね。
    食事場所まで2~3kmってことは、あそこですね?!

    沙悟浄 2008-09-20 22:37
  • 沙悟浄さんへ・・・いろいろあり過ぎです!でもとっても楽しかったのだけど・・・。
    食事はニョロニョロした、あそこです。

    たいちょ~ 2008-09-21 00:50
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://nakinure.blog38.fc2.com/tb.php/1018-d19111f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。