Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナリティーを終えて(三浦君編)

携帯電話屋サンなのに、三浦木材これいかに?
予想通り、元々木材を売っていたからです!
社名に負けず、携帯バンバン売っちゃって下さいね。

あと、市議会議員に次回も立候補するので、みなさん応援よろしくお願いします。
岡崎市を少しでも良くしてもらいましょう。
10-02-10.jpg
210-02-101.jpg
スポンサーサイト

今夜はパーソナリティ!(三浦君編)

本日は第2水曜日。
よって今晩は、FMおかざき「I Love岡崎 らぶっちゅ」のパーソナリティー。
ゲストに、商工会議所青年部より三浦君をお招きします。

三浦木材なのに、なぜか売っている物が「携帯!」。
なぜ?
そのあたりのことも、解明していきます。

また前回の市議会議員選に立候補したいきさつ等も、合わせてお聞きします。

スタジオの様子は、ライブチャットカメラより確認することが出来ますので、インターネットでもお楽しみ下さい。

夜7時30分より8時までの生放送!
ラジオは、FM76.3。
インターネットは、
http://www.okazaki.fm/live.html

よさこいと、日近太鼓。

綱錬&ドッヂを終え、急いで帰宅。
シャワー浴びて、着替えて、市民会館へゴー。

何があるかというと、太鼓のイベント。
でも、目的はそこに友情出演する、よさこいチームきらら岡崎の演舞を観る事。
数年前に感涙隊が、スポット参加していたあのチームだ。
そこの代表に、すごく成長したから観てほしいと、チケットをいただきました。

きららの演舞は、プログラムによると中ごろ。
それまで太鼓の演奏を聴いていたのだけど、とってもステキ。
演出も、天井からドライアイスが降ってきて、そこにライトがあたり幻想的。
「カッコエーぇ!」

中でも感動したのが・・・、
一番大きな太鼓を、2人のたたき手が、それぞれ表裏で叩いていた。
力強く、息もぴったりだ。
演奏が終わり、会場へお辞儀をする。
その時初めて顔が見えたんだけど、年の差40歳ぐらいの2人だった。
その2人が、互いに健闘をたたえあうかのように、握手。
その姿に、とっても感動!
すばらしいものを観させてもらいました。

そしてきらら岡崎なんだけど、確かにおっしゃる通りかなり成長してました。
人数的なボリュームもあり、踊りの精度も、見せ方も、我々の頃とは別物だ。
お金の取れるレベルに、達した感がある。
今年もどまつりに参加されるようなので、念願のファイナルへ上りつめてほしい。

ドッヂボールは、シに「゛」か?チに「゛」か?

・・・と、以前ジュニエコの子供達に聞かれ、迷わずチに「゛」と言ったら、年寄り扱いされました。

そんな事はいいんだけど、綱錬のあと、なぜかドッヂボールをやるはめになった。
と言うのも、地元の小学生達も綱錬に来ていて・・・、
どうも、綱引きよりドッヂボールの方がやりたかったみたいで、自然な流れで始まったわけ。
師匠達も、50歳越えているのに真剣になっちゃって、みんな子供みたい。

でも恐ろしいことに、小学生しかも女の子なのに、すごく球が速い。
壁にダイレクトに当たると、穴開きそう。
始めは観ていたんだけど、促されてしぶしぶコートイン。
「子供たちの目が怖い」
狙ってる、獲物を完全にロックオン!
もう、小鹿のように、打ち抜かれるのを震えながら待つだけ。
「プルプル、プルプル、・・・ドッカーン!!!!!」
あえなく、当って終わりです。

あの恐怖を、長く味わうより、早めにチャッチャと終わってよかった。
来週は普通の鹿ぐらいで、お願いします。

おっちゃん達が、地元の子供達と真剣に遊ぶ姿に感動です!
こんな場が増えれば、もう少し日本もよくなると思うんだけど。

おーぉぉ・・・痛い!綱錬は過酷だ。

今シーズンは、完全にあきらめていたんだけど・・・綱引き。
ところが、我が師匠チームよりSOS。
「これは一大事」
2月に行われる大会が、会場の都合で今年は土曜日になってしまい、出られない人が続出。
そこで、助っ人に入ってほしいとの事。
「渡りに船。」
どうせ、感涙隊の単独参加も無理なので、もう身売りだ!
いいんすかね?師匠チームに入れてもらって。
優勝しちゃうかもしれないじゃないですか・・・。

てなわけで、さすがに練習せずに大会参加もまずいので・・・、
昨日福岡君と2人で、本当に1年ぶりに綱引いてきました。

毎年のことだけど、久しぶりに会うのに全く時間ギャップを感じない。
すばらしい方々です。

練習はムチャムチャ寒い中、約1時間それなりにやりました。
握力がなくなるまで、全力を出し切り、酸欠状態に。
ヒルクライムより、心拍数上がってしまったような。
福岡君に至っては、死闘の末ふくらはぎが攣ってしまい、もう大変。
やっぱりヒルクライムより辛いかも?

感覚が完全に戻ったわけではないが、師匠達とも呼吸が合わせられたし・・・、
まぁ、有意義であった。
今度の日曜日もう1回練習して、その次の土曜日が本番だ。
足を引っ張ってるのがわからないように、苦しそうな顔は忘れずに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。