Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うすい!

システム手帳のスケジュール用紙がなくなったので購入。
毎回同じものを選んでいるのだが・・・。
なんだか印刷が、薄くなているような。

先ほど、差し替え作業をしてみると、やはり薄い。
以前のものと比較すれば、一目瞭然。
きっと不景気で、インクの使用量を抑えたのでしょう。

印刷が薄い分、中身の濃い充実したスケジュールで埋め尽くしたいものです。
スポンサーサイト

チャリ耐in幸田サーキット☆決勝終盤編

昨日は、会議所の関係で桑名へ終日行っており、ブログ更新できませんでした。
すみません。

4位陥落で、頼みの村やんにスクランブルをお願いすると、快い返事。
でも先ほどのピットインから10分ちょっとしか経っていない。
ここで潰れてしまっても困るので、もう少し休憩してもらうことにした。

それでは、3巡目行ってきますー。
ラップは50秒から55秒の間で、推移。
全く3位チームに追いつく気配なし。
それどころか、差は開くばかり・・・。
9周回して、エネルギー切れ。

ピットに入ると、村やんが待ち構えていた。
「もう、村やんしかおらん。」
祈るような思いで、お見送り。
ハイピッチで回ってきた4巡目。
さすがに疲れの色が出てきてようだ。
それでもラップは、50秒台前半。
この時間帯としては、上出来だ。
でも2位、3位チームは、更に上をいく。
お見事です。
7周回して戻ってきた村やん、お疲れ様。

この時点で残り20分。
鋤さん、福岡君、たいちょ~と数周回ずつ走り、そのまま4位でゴールイン。
3位チームとは、1ラップ以上つけられ完敗です。

レース後のじゃんけん大会中にシャワーを浴び、表彰式も見ずに帰ろうとすると、感涙隊がコールされた。
「4位なのに、何で?」
とりあえず、背負っていたリュックを下ろし、表彰台へ・・・。
どうやら、今大会から6位チームまで表彰してもらえるようだ。
意表を突かれ、こんなに気抜けした感じになってしまいました。↓
IMG_01021.jpg
クイーンに寄り添い気味なのは、気のせいです。

すっかり暗いエンディングになってしまったけど、感涙隊が記録した125周はチームベストです。
しかも、1年前ならこの周回数で優勝だったのに・・・。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

チャリ耐in幸田サーキット☆決勝中盤編

2巡目突入!
「ブッチ切れー、村やん」
その脚は、衰え知らず。
再び40秒台連発で、4位チームと差を広げていく。
その差、1ラップ。
2位のチームとは、2ラップ。
見ていて頼もしいばかりだ。
15周回を回り、3位の座を確実のものにしてくれた。

最低でも、3位を守らなければ。
プレッシャーを感じながら、コースに出る。
そういえば、1巡目の時に左ふくらはぎが早々に攣り気味であった。
「大丈夫か?」
そんな不安も抱えながらの、2巡目。
問題のバックストレートを、確かめながら上っていく。
とりあえず、攣る気配はない。
「それでは、ガンガンにいきましょう!」
行くつもりだった・・・が、村やんよりも5秒ぐらいラップが悪い。
実力差なので、仕方ない。
4位チームに怯えながら、11周回でピットイン。

鋤さんの2巡目も、調子は今ひとつ。
後方からかなり差を詰められている。
そんな戦況に下した判断は、村やんのスクランブル発進。
もう村やんのオンパレードで、凌ぐしかない。
当の村やんも、差を広げてくるとやる気満々。
「それでは、お願いしますよ。」

村やんのスクランブル3巡目。
前半を40秒台、とまだまだ元気。
中盤から50秒台となったものの、良いペースである。
その頃4位チームはと言うと、40秒台で周回を重ねている。
このままではやられる。
村やん13周回頑張りました。

お待たせしました。
まだ6周回しか走ってない、福岡君の2巡目スタート。
ラップは50秒台前半で、安定。
大崩れする心配もなく、安心してみていられる。
ところが、未だ40秒台で迫りくる、4位チーム。
決して福岡君が遅いわけではないが、アナウンスで0.5秒差であることを知る。
たまらずモニターで確認すると、確かに0.5秒しか差がないのだ。
「これはまずい!」
その後3位の座を明け渡し、立場逆転。
こうなったら、スクランブル村やん投入だ。

・・・つづく。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

チャリ耐in幸田サーキット☆決勝前編

期待と不安の決勝スタート。
定刻より30分遅れでレースが始まった。
どのチームもダッシュの速いこと。
あっと言う間にトップスピードに乗って、かっ飛んでいく。
村やんはというと、打ち合わせ通り安全にやや押さえ気味に、スタートを切っていったように見えた。

トップ集団は、まさにタイムアタックをしているかのように、好ラップ連発。
そんな高次元なバトルの中に、我らがエース村やんはしっかり付いている。
いや付いているのではない、もはやレースを引っ張っている。
LD3Y00501.jpg
ラップは、驚異の1分40秒台連発。
順位も、グングンジャンプアップ。
「まさかこんなに上げてくるとは~!」
「村やん、すごいぞー!」

13周回目ぐらいだろうか?、ピットインの合図が出た。
この好位置でのチェンジに少しビビリながらも、2番走者として気持ちを引き締める。
シートポジションチェンジに、鋤さんを従えてピットで待つ。
ひたすら、待つ。
おかしいな、なかなか入ってこない。
どうやら、まだ周回できるようだ。
よほど調子が良いのだろう。
ラップも全然落ちてない。

結局16周回で、順位を10から2位に押し上げて、ピットイン。
実にチームの1番から8番ラップをたたき出した。
「出来すぎです!」
「このプレッシャーどうしてくれるの?」
「順位が落ちても、怒らないでね。」
なんて、弱気なことを考えながら、テークオフ。
ピットの間にどうやら3位に順位が下がったようだ。
LD3Y01461.jpg
村やんに比べて、見劣りのするラップ。
2周回目で、40秒台は出たものの、あとは全て50秒台。
前回大会までなら、決して遅いとは思わないのだが、今回は違う。
上位チームは、当たり前に40秒台を出している。

村やんのアドバンテージに守られながら、なんとか12周回を3位で走り終えた。
次は、鋤さんだ。
LD3Y03051.jpg
チャリ耐専用のキノコヘルメットで、存在感は抜群。
病み上がりということもあり、ラップは50秒台後半で、6周回で戻ってきた。
順位は変わらず3位で、福岡君にバトンタッチ。

その福岡君なのだが、着実に実力がついている。
バックストレートも実にパワフルに、駆け上がっていく。
LD3Y01741.jpg

ラップは、50秒台前半でまとめ上げ、6周回で戻ってきた。
順位も変わらず3位。

そして2巡目の村やんに、再び期待がかかるのである。
この3位を不動のものにしてくれ。
「頼むぞ、村やん!」

・・・つづく。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

チャリ耐in幸田サーキット☆スタート直前編

予選10位と過去にない苦境に立たされ、敗北感が漂う。
まだ決勝も始まっていないと言うのに・・・。

嘆いていても仕方がない!
ファーストチャリダーの村やんに、なんとかしてもらいましょう。(完全に他力本願)
最低でも電光表示圏内の5位、出来れば3位以内で戻ってきてと無茶なお願いをする。
それに対し、自信ありげに応える村やん。
「なんと頼もしいー。」

スタートポジションに同行し、マシーンを並べる。
やはり10番目は、かなり後ろの方に感じられる。
ちょっと屈辱的でもある。
09-10-182.jpg
スタートまでの待ち時間、恒例のレースクイーンとの撮影会が始まった。
テンションが下がっているためか?いつも積極的にお願いするのだが、今回は2人で眺めているだけ。
(本当は過去に何回も撮っているので、もういいかな)
するとコンクリートウォールの向こう側で、熱い視線を送っているチームメートを発見。
「誰が?何に?」とは書かないが、この写真で察して欲しい↓
09-10-183.jpg
こちらは、同じく過去に何回も撮っているはずなのに、更に欲しいらしい。

一通り希望者も撮影を終え、チーム紹介を待っていると、・・・とらちゃんがクイーンを連れて我々の元に。
どうやら撮影していただけるようだ。
それならとクイーンと並んだ瞬間、「常連さんですね。」とちゃんと覚えてもらえていた。
09-10-184.jpg
村やんが、腰に手を回しても良いか聞いてみると、「別料金で・・・。」と手馴れた返し。
さすが百戦錬磨です。

少し和んだところで、チーム紹介。
最後尾が見えないほど、ずらっと並んだ69チーム。
時間がかかるため、アナウンスも中盤辺りから早口に。
ほぼ全チームの紹介が終わる頃、村やんを残し鋤さんと福岡君のもとへ。
着くや否や、早くも1分前のカウントダウン。
かなりマキが入っているようで・・・。

そして長くて苦しい、4時間の始まりです。

・・・つづく。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

チャリ耐in幸田サーキット☆予選タイムアタック編

予選タイムアタック1番手は、病み上がりの鋤さん。
09-10-181.jpg
「様子見で、1周走ってくる」と言いながら、きちんと3周走って記録を残した。
体調的には、まずまず問題なさそうだ。

2番アタックは、3大会ぶりに復帰した村やん。
コーナーで問題があったようで、自身のベストより約4秒落として不満そう。

この時点で電光掲示板には、感涙隊の28番はまだない。
それどころか、40秒台を出しても、表示圏内の5位に入れない可能性もある。
なんてハイレベルなんだ。
ちょっとオノノキながら、タイムアタック行ってきます。
それにしてもそこかしこで、大渋滞。
特にコーナーは、なんともしがたい状況。
どうクリアーしていくかで、大幅にタイムが変わってきそうである。
2周回アップ走行をして、3周目でアタック。
最初のストレートでは、ほとんど前にチャリダーが居なかったのだが、肝心なコーナーではやはり大渋滞。
紳士的に、大外を走行してゆく。
その後のバックストレートを全力で駆け上がり、追い込みを図る。
ところがホームストレート、太腿に乳酸がたまり、最後まで回し切れずにゴール。
調子が良かった前回大会に比べて、内容が悪いことは歴然。
ダウン走行の4周回目で掲示板を確認するも、やはり28番はない。

こうなると、福岡君に託すしかない。
コンクリートウォールから、見守っていると、いつもより力強くバックストレートを上って行く姿が印象的だ。
結果的には、福岡くんも5位以内に入ることが出来なかったが、自身のベストを大幅更新することに成功。
日頃の努力に頭が下がります。

チームの予選成績は、過去最悪の10位。
タイムの伸び悩みもあったが、全体的なレベルアップ恐るべし!
決勝を前に、3位入賞を見失いそうなのである。
ファーストチャリダーの村やん、なんとか表示圏内まで順位を引き上げて戻ってきてくれ。
09-10-182.jpg
この後、村やんの驚愕のパフォーマンスで、ピンチから脱出出来たのである。

つづく・・・。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

お祭り。

ここ数年、チャリ耐の日と、地元のお祭りがの日が重なる。
激戦のあとで、体力的には厳しいが、お祭りは別腹なのだ。

神社についてみると、時間が遅いこともあるかもしれないが、閑散としている。
露店も少ないが、人出は更に少ない。
学生時代は、敷地内に入るのも大変だったと言うのに・・・。

お参りを済ませ、大好きなリンゴ飴を買い、ダーツゲームをやった。
09-10-18.jpg
これ以上居ても、新たな展開もなさそうなので、帰ることにした。
わずか、15分ぐらいの滞在でした。

チャリ耐in幸田サーキット☆出発編

朝6時起床。
とても穏やかな日だ。
かえって何かあるのでは、と思うぐらい。
結構ナイーブな時間帯なのだ。

でも、仲間が来ればそんなこともどこかへ吹き飛び、リラックスムード。
「力を合わせて頑張りましょう!」
ところが!時間になってもまだ来ない人が・・・。
「鋤さんだ。」
実は、心配レベル7の張本人。
このところ風邪をひいて、会社を3連休しているらしい。
「やはり体調が、回復しないか?」
と思っていると、鋤さんから連絡があり、今から家を出るのでいつものコンビニでとのこと。
まずは、一安心。
早速、出発!

コンビニには、鋤さんとほぼ同時に到着。
息が合っているのか、いないのか?
食料やドリンクを調達し、サーキットへ向かう。

サーキットはいまだかつてないほど、車であふれていた。
さすがに70チーム参加ともなると、交通整理も大変だ。
通行証を見せて、ピット裏の駐車場へ止める。
指定の3番ピット、6チームで使用するのだが、昨日の雨のせいで濡れている。
天気が良いので、そのうち乾くでしょう。

今回から場所が変わった車検所。
ピットインで、自転車から降りるあたり。
お陰で、コース上へスムースにマシーンを並べることが出来た。
チーム数が多いことにより、いろいろなことが機能的効率的に改善されていく。

コースウォークで、ライン取りと、風向き等を確認しながら体をほぐす。
戻ってくると、ブリーフィング。
恒例のチャリダー交代のパフォーマンス、丸山さんブルースリーの格好最高です!
(私は頼まれてもしたくないですが・・・。)
ちびっ子の選手宣誓も、好感が持ててとっても良かったです。

・・・つづく。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

チャリ耐お疲れ様でした。

感涙隊惜しくも4位。
5大会連続3位は、なりませんでした。
これほど他チームのレベルが上がっているとは、想定外。
従来最多周回の123周を上回る、125周したと言うのに・・・。
自転車に対する情熱の差なんでしょうね。
レース内容は、また後日書きます。

レースに参加された方、応援に来てくれた方、幸田サーキットの実行委員のみなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
感涙隊のみんなお疲れ様でした。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

チャリ耐行ってきます。

実に穏やかな朝である。
ありがとう。
みんな精一杯楽しんで来ましょう。
それでは後ほど・・・。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

心配・・・。

雨は今日降ってしまったので、明日はなんとか大丈夫そう。
ただ風がどの程度収まるかは、心配だ。
今日はそこそこ強かったので・・・。

でも自然現象なら、どのチームも条件は同じ。
そんなことより、心配されることが・・・。
レベルで言うと、7ぐらい。
ちなみに、レベル1は「寝坊しそう。」
レベル9は、「いまだにマシーンがない。」
レベル10は、「登録メンバーが夜逃げして、連絡がつかない。」
と言うところの、レベル7。

どうなることか?でもやるしかない。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

明日は、チャリ耐!

「3週間でレース仕様の肉体が作れるか?」
をテーマに頑張ってきた。
この1週間ほとんど何もしてないので、実質2週間。
その真価が問われる時が来た。
目指すは5大会連続の3位。
もっと上は、欲張りません!
とにかく3位死守といきたいところです。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

パーソナリティーを終えて(D-プレース岩崎君編)

とっても早起きの、岩崎君。
あまりに早くて、ニワトリを起こすそうです。
でも、ドMなことが判明してしまいました。(知ってましたけど・・・。)
彼女とけんかして、ご機嫌とるのに、彼女が大好きな杏仁豆腐を50個買い集め上げたとか。
その行為自体が、キモイと言われたりとか。
でも、そんなことに喜び感じる岩崎君なのでした。

最後に来年早々にある寒中水泳に一緒に参加することを約束して、番組を締めました。
寒さに堪えて、がんばろう!
09-10-14.jpg

今夜はパーソナリティ!(D-プレース岩崎君編)

本日は第2水曜日。
よって今晩は、FMおかざき「I Love岡崎 らぶっちゅ」のパーソナリティー。
ゲストに、商工会議所青年部より岩崎君をお招きします。

非常にバイタリティーのある彼。
過去には、寒中水泳に一緒に参加したこともあります。
「また出ましょう」と病み付きになっているようで・・・。
そんな彼のMぷっりも上手く引き出しながら、楽しい番組にしていきたいと思います。

スタジオの様子は、ライブチャットカメラより確認することが出来ますので、インターネットでもお楽しみ下さい。

夜7時30分より8時までの生放送!
ラジオは、FM76.3。
インターネットは、
http://www.okazaki.fm/live.html

ピット割り決定!

送られてきた書類の中に、全チームのピット割があった。
感涙隊は、3番ピット。
こんな若番は、初めてだ。
チャリダー交代を考えると、やや不利?
周回を終え、フラフラになりながらピットレーンを自転車押して、長い距離を移動しなければいけないから。
転ばないように気をつけなければ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

軽~く。

チャリ耐まで、1週間を切った。
肉体的な回復力を考えると、もう無理は出来ない。
あとは調整のみ!

軽いギアでケイデンス走行。
空気圧を高めにしておいたが、負荷があるような。
このところずっとなのだが、脚が重い。
なんとかトップピークでチャリ耐を迎えたいものだ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

デンパークで、ゆっくりと・・・。

日曜日、デンパークへ行ってきた。
何年ぶりだろう?
絶叫マシーンはないが、草花が一杯。
09-10-111.jpg
09-10-11.jpg
09-10-112.jpg
09-10-113.jpg
09-10-114.jpg
ステージでは、お笑いコンビ「モンキーチャック」と「どきどきキャンプ」のライブが大盛況!
旬の芸人さんのトーク、非常に勉強になりました。

チャリ耐ビデオを観ながら・・・

やっぱテンション上がっちゃうよね。
前回のチャリ耐のビデオを観ながらの、トレーニング!
視覚も聴覚も刺激され、まるでレース当日みたいな感じ。
特にラスト付近で追い込まれているシーンは、思わず脚に力が入る。

重いギアを使わず、ケイデンスを意識して25km。
関節や筋肉に負担をかけずに、安全に。
レースまであと1週間、上手く調整できると良いのだが。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上がらない調子・・・。

1日トレーニングをお休みし、さぞかし調子が良いと思っていたのだが・・・。
「全くダメですねー。」
脚が重すぎて、回らない。
トップスピードはそこそこ出るのだが、アベが悪い。
折角時間が取れたのに、15km走っておしまい。

きっとトレーニング方法間違って、悪循環に陥っているのかも?
やっぱロードに出なきゃいけないようだ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

台風一過でハイテンション!

ラジオドラマの収録で、午前様。
台風のせいで、睡眠不足のため、頭が回らない。
なのに収録中は、いつになくハイテンション!
「壊れてます!」

遅い夕食を今食べ終わったので、ちょっと練習できないかな。
眠たいし・・・。
脚の具合も良くないし、ここは大事を取って、おやすみだー。

明日また頑張ります。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ほろ酔い気分で・・・。

懇親会のお酒がまだ残ったまま、トレーニング開始。
軽めのギアで、ケイデンスを意識して・・・。
アルコールを抜くように、水分を積極的に摂る。

5kmを過ぎた辺りだろうか、左脚の膝の裏側に違和感発生。
どうやらふくらはぎまで、鈍痛がある。
昨日の無茶なトレで、痛めてしまったか?
しばらく低速で様子を見る。
一向に回復の兆しがない。
ここで故障でもしたら、致命的。
一度自転車から降り、ストレッチをしたり、歩いたり。

良くなったがどうかわからないが、再び乗車。
どうやら大丈夫そう。
よかった、よかった。

6kmを通過時点で、アベは36km/hぐらい。
そこで目標を設定!
目指せ、アベ40km/h。
と言うわけで、徐々にペースアップいく。
一気に上げてしまうと、潰れてしまうので、我慢ガマン。

外は巨大台風の影響か、雨が強く今夜は心配だ。
そんなことを考えながら、もうすぐアベ40km/h。
ラストスパートで一気にいきたいところだが、最後までイーブンペースを保ったまま、ゴールイン。
走行距離、25kmでした。

このあと台風を猛威に、ほとんど一睡も出来ずに、朝を迎えるのであった。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

お別れ懇親会。

岡崎にある社会保健施設が、今月をもって営業を終了する。
立派な施設で、黒字だったことを考えると、大変残念である。

今夜、取引業者対象の、お別れ懇親会が行われた。
さぞかし多数の方で賑わうかと思いきや、空席も目立ちちょっと寂しい。
最後だからこそ、取引していただいた感謝に報いるべきだと思うのだが・・・。

そんな中、偶然隣り合わせたごま油を納品されていた会社の社長は、とっても立派であった。
なんと兵庫県から、わざわざ来られたのだ。
全国で70施設が一斉に閉鎖となる為、ダメージは相当大きいようである。
他施設にも、都合がつけば懇親会に参加しているとのこと。
そんな社長がいる会社は、きっとすばらしいのだろう。

食事の方は、会費3500円にしては豪華で、ボリューム充分。
出されたカクテルの口当たりが良く、飲み干してしまうと、アルコール度数がかなり高かったようで、顔が火照る。
ピアノの生演奏に、後半はオールデーズの生歌もあり、非常に盛り上がった。

こんな良い気分でトレーニングできるのか自信がないが、今夜も頑張らなければ。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

コケた!

豊橋から帰り、深夜1時半過ぎからトレーニング開始。
疲れがたまってきたのか、イメージと実速の差に開きが・・・。
こんな時は、面白くない!
レースまで時間がないことを勘案し、ある程度我慢しながら回し続ける。

「今日は、10kmが限界だなぁ。」

9kmを迎えた辺りで、フラストレーションを爆発させるように、全力で漕ぎ続ける。
無酸素運動の領域で、もがきにもがき、あと200メートル。
もうダメか?、いやまだいけるはず・・・。

9.9km残り100メートル、全てが限界を超えていた。
でも脚を止めたら負けになる。(←なんに?)

そして、フラフラになりながら10km到達。
もうバランスを維持するだけの、何かも残ってない。
倒れたくないが、倒れるしかないようだ。
薄れ行く意識の中で、右足のビンディングだけは奇跡的に外し、ノーブレーキで走馬灯のようにゆっくり倒れていく。
2本ある空気入れをなぎ倒しながら・・・。
「なぜここまで追い込んだ?」と思う反面、「良くここまで追い込めた」とも思うのである。

幸い怪我はしなかった。
床にはスリップ痕が、残っていた。
前輪↓
09-10-071.jpg
後輪↓
09-10-07.jpg
教訓、3本ローラーでは、もう追い込みません!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

トレ2回目/日

「さぁー寝る前にもう一走り。」
5時間前に追い込んだダメージはほとんどなし。

脚が壊れるといけないので、リア3枚目を使用。
苦手なケイデンス練習。
シフトアップしたいのを堪え、15km走行。
アベレージは38km/hと、さほど息も上がらず終了。
あまり意味がなかったかも?
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

鬼のようなトレーニング?

昨日トレーニングをサボってしまったので、反省の意味を込めて、約束通り鬼トレ決行!
いつも就寝前にやるところを、夕飯前に実施。
10kmの距離を、ほぼ全力を出し切る形で漕ぎまくる。
「目標はアベ45km/h」

のっけからトップギアで、40km/hオーバー。
一気に乳酸が溜まり、堪えどこの5kmを通過。
幾分脚が回るようになってきた。
ペースアップをし、気を抜かずにガンガン回す。
7km過ぎ、内臓にダメージが出始め、苦しさを増す。

8kmからは、下ハン握ってもがく。
その結果9kmで力尽き、一旦ペースダウン。
35km/hまで落し、しばし呼吸を整える。
そしてラストスパートで、10km到達。

アベレージは、44.4km/h。
目標に、0.6km/h足りなかったが、まずまずか。
過去のデータを見ると、ほぼ同じアベで17kmを走っていた。
いまだベストに程遠いことには変わりない。
就寝前に、2回戦を実施しよう。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

サボってしまった。

土曜、日曜とJECの合宿で疲労困憊。
特に、よそで寝ることが苦手な自分にとっては、恐怖の睡眠時間帯。
はたしてどんな部屋割りなんだろう?
それを知ったのが宿泊日当日。
「愕然!」
なんと総勢18人のタコ部屋。
「最悪だー!」
就寝時刻は早いは、エアコン切れて暑いは、いびきはうるさいはで、ほとんど眠ることなく朝を迎えた。

そんなわけで、日曜日もとてもトレーニングする気力も体力もなく、2日連続でサボってしまった。
あと2週間、レースは迫る。
今晩から鬼のようなトレーニングだ!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

明日は合宿なので・・・

この時間家にいるのは、ホント久しぶり。
明日あさっては、JECの合宿があるので今晩はたっぷりと乗っておかなければ。

「よーし、乗るぞー!」
その前に食事して、宿泊準備して。

苦手だぁ。
宿泊準備、誰か代わりにしてくれい。
きっとものすごく時間かかる。
もしかして、またしても丑三つ時!?

絶対今夜は、LSDやります!
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ウシミツアゲイン!

会議後の「飲みに行こう!」と言う甘い誘惑を断り、帰宅したのが午後11時。
連日の遅い夕食を済ませ、内臓が落ち着くまで、送られてきた合宿資料に目を通す。
(合宿といっても、自転車のではない。)
結構留意点が多く、大変だ。
でも乗り越えなければ。

そうこうしていると、携帯がなった。
飲みに行った人たちからだ。
お酒が入っているせいか、ハイテンション。
こちらも合わせようとするが、無理がある。

取り留めのない会話を終え、携帯を切るとすでに2時。
昨夜に続き、この時間からのトレーニング開始。
LSDは、またしてもお預けだ。
ハリポタ観ながら13km、上がらない調子は変わらない。
下がらないだけましか?
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ウシミツドキ・・・

ラジオを終え、食事して帰ってきたら夜中の12時。
片付け仕事をして、自転車にたどり着いたのが2時。
3週間で仕上げなければならないので、乗ることへの迷いはない。

時刻からすると、長時間練習は無理なので、昨夜同様負荷をかけていく。
ダメージが残っているのか、脚が回らない。
温まってくればと思っていたが、一向に回らない。
そんな調子で10km終了。

LSDをやらないと、故障しそうである。
今晩は会議があるが、時間が作れそうである?
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

パーソナリティーを終えて(B’s編)

局に入ってびっくり!
久々にリョウコちゃん復活です。
B’sが目的でなくて、たまたま遊びに来ていたみたいだけど。
まぁついでにゲスト参加してもらいました。

そのお陰で、内容盛りだくさん。
とっても30分では収まらない感じに・・・。

結局グダグダになり、不完全燃焼なり。
bs.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。