Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン値下げ前に・・・

いよいよ明日からガソリンの値段が下がる。
まだ一部の地域と、店舗に限られるようだが・・・。

この辺のスタンドはどうなのだろう?
とりあえず、下がれば間違いなくお客さん殺到である。
もしかしたら、品切れになるかもしれない。

だったらその前に、「ガソリン入れとこーぉ!」っと。
と言う事で、事前に満タンにしておいた。

トラブルが起こらなければ良いのだが・・・。
スポンサーサイト

らぶっちゅ映像

3月26日放送のFMおかざき"らぶっちゅ"の様子が観られます。
こんな感じで番組やってます。

いつもと違い、かなりテンション低め。
「下げたものは、上げられません!」

BGMが著作権の関係で、カットされているのでイマイチ感じが伝わりません。

サーバーから削除されるまでご覧いただけます。

パートさん今度は

もう1ヶ月以上前のブログに書いたのだが、
1年に1人来るか来ないかぐらいのパート希望者。
ところが全く同じ日に、2人がやって来た。
キャリアも、年齢も、住んでいるところまでもがほぼ同じ。
どちらを採用しようか、すごく苦慮した。
以前のブログではここまで書いた。

結局、当店でお茶を買ってくれていた方を採用し、早速勤務していただいたのだが、能力上限界を感じ、4日間で退社。
もちろん説得してはみたものの、どうにも勤まらないようだ。

そこで、お断りした方に連絡すると、快く勤めていただけるとの事。
一度お断りしておきながら、お願いするのは心苦しかったが、本当にありがたい。
お断りにあたっては、丁重にそして、
「ご縁があればまたご連絡させていただきます。」
と一言添えたのが良かったようだ。

すぐに勤めてもらうつもりだったのだが、東京にいる娘さんのところへ半月行く約束をしてしまったようで、3月中旬より来て頂いている。
2週間が経過したが、接客やソフトクリーム巻きにも慣れてきて、独り立ちは間近。

なんとか長く勤めていただけるように、お願いしたい。

願顕於業

タイトルの4文字は、「がんけんおごう」と読む。
先日、知り合いの先輩からいただいた言葉だ。

人には、多かれ少なかれ困難なことや、辛い事が降りかかる。
そんな時、なぜ自分ばかりが不幸なのか?と嘆きたくなる。

しかし、何の心配もない平和な状況下では、人は成長することが出来ない。
もっと言えば、魂レベルで昇華していく事が出来ない。

よって、自ら望んで艱難辛苦を招き入れている。
そう考えれば、少しは後ろ向きになるところを、前に向きにとらえられる気がする。

さくら、咲きました。

さくらも咲き始め、お花見に行きたい衝動に駆られる今日この頃です。

例年のごとく、お隣の病院にあるさくらの木が、見ごろを迎えました。
まるで自分の為に咲いてくれたよう・・・。

なんといっても、店の中から誰よりも長い時間見ていられる。
店の中からの、自分目線↓
08-03-301.jpg

普段は外の風景なんて見る余裕もないのに・・・
さくらには、引き付ける力があるようだ。
折角咲くんだから、少しでも見てあげないとね。

B型の説明書

話には聞いていたが、本当にあるんだねー。
「B型の説明書!」↓
08-03-30.jpg

B型の人は、自分のことが上手く説明できないので、誤解されやすいそうだ。
「その通りだ!」

本当は繊細で、思慮深い。
全くイメージとは違うようだけど、
「その通りだ!」

本の中身はすべてチェック方式で、質問に対して該当すればレ点を入れていくもの。
チェックが多ければ多いほど、よりB型的だそうだ。

自分のことを理解してもらいたい相手に、チェック済みのこの本を見せれば、わかってもらえるという画期的な物。
「これは便利!」

どの質問も納得できるものばかり。
ほとんどにチェックが入ってしまった。
・・・てか、ほとんどにチェックが入りそうだったので、該当しないものにチェックを入れることにした。
実に良く出来ている。
薄っすらしていたB型像が、はっきりした感じだ。

実はこの本、自分が買ってきたのではない。
村やんが、買ってきたのである。
ちょっと見てみたら、
「たいちょ~そのものだ」と思ったようである。

どの本屋さんにおいても、売り上げランキング上位を占めているそうだ。
B型の人が買っているのか?それともそれ以外の人が買っているのか?
いずれにしても、B型の自分は他の血液型の説明書が販売されても、まず買うことはないでしょう。

パーソナリティーを終えて・・・(岡崎商工会議所青年部・正副会長)

テンション高めで、ゲスト出演したイブニングワイドからまだ30分しか経っていない。
一変して、今まで一番テンションの低い"らぶっちゅ"となりました。

そこまで低くなるとは、想定しておらず、自分でもびっくり!
涙を抑えながらのパーソナリティーは、とっても疲れましたが、会長に喜んでいただけたと自負しております。

平成19年度の正副会長が総勢5人集まって、会長に1年間お世話になったお礼を、副会長がそれぞれに書にしたためて、BGMに乗せて朗読しました。
1人あたり1~2分程度でとお願いしておいたにもかかわらず、全員が3分を越える長いもの。
放送時間の限りがあるので、進行に大変気を使いました。
でも、短時間では語り尽くせない、想いの深さの現れであると、実感!
「やはり、みなさんすばらしいー、ですね。」

ともに苦楽を共有しあった、仲間でしかわからない連帯感。
今後とも良い関係を続けていきたいと思います。

19年度正副会長のみなさんです。↓
08-03-261.jpg

ゲスト出演!

「んーん、ゲストは楽しい!」
いつもパーソナリティーで、ゲスト経験がなかったため、初体験。
時間やトークの内容など、全然考える必要がなかったので、やり放題。
きっとイブニングワイド・パーソナリティーのアヤコちゃんは、こんなおっちゃん相手にやり辛かったかもしれないけど・・・?
「年齢差、実に18歳!」
こりゃー、親子トークだ。

同級生のご両親が、番組を聴いていてくれて、
「息もぴったり合って、楽しかったよ!」
と、お褒めのメールをいただきました。
喜んでもらえて光栄です。

B型の自分には、型にはめられるのが苦手なので、パーソナリティーよりゲストの方が伸び伸びと出来て良いのかも!?、と新発見しました。
また機会があれば、是非お願いしたいものです。

パーソナリティーのアヤコちゃんと↓
08-03-26.jpg

今夜は、パーソナリティー(岡崎商工会議所青年部・正副会長編)

本日は第4水曜日。
よって今晩は、FMおかざき"らぶっちゅ"のパーソナリティー。
ゲストに、岡崎商工会議所青年部より19年度正副会長のみなさんをお迎えし、30分間の生放送でおおくりします。
いつになく、シリアスな番組になること間違いなし!
今からプレッシャーがかかっております。
楽しみにして、聴いてやって下さい。

そしてもう1つ。
夕方5時からのイブニングワイドに、ゲスト出演します。
いつもパーソナリティーばかりで、たまにはゲストで出たいといったのがきっかけです。
私の登場は、PM6時頃からの「いまどき旬」というコーナーです。
20分ぐらいだそうですので、こちらもよろしければ聴いて下さい。

夜7時30分より8時までの生放送!
ラジオは、FM76.3。
インターネットは、
http://www.okazaki.fm/live.html

ゴールホールドまで、あとちょっと!

先週のサタデーナイトは、4週間ぶりのフリクラデー。
飲み会(コンパ?)の為、残念ながら欠席の福岡君より、プチ情報をメールでもらう。
その内容は、2週間前に大阪で行われたフリクラの大会結果だ。

トータルコモンに到着。
大阪大会の結果は4人分もらっていたのだが、なんとこの4人がストレッチ場に集まっていた。
「これは好都合!」
その輪に入り、大会の話しで盛り上がる。
特に、みわちゃんママの19人中19位の成績は、突っ込みどころ満載で、大爆笑。
ほとんど経験もないのに、良くぞ出場したものだ。

よーく、しゃべったお陰でノリノリである。
ファーストタッチは、かなり遅くなったものの、コンスタントにアタックを続ける。
そのほとんどを、タカ兄ちゃん(中学生)が作ってくれたのだが、全てクリアー成功。
なかなか調子が良いようだ。

上腕のパンプもなく、まだまだいけそうである。
そこで大山先生にルートを作るようお願いすると、小学1年生の女の子の為に作った課題でどうですか?と失礼なことを。
いくら我々が踏み台役をやっているからといって、それはないでしょ。

どんなルートなのか、とりあえず見せてもらうと・・・。
ルーフを使った、なかなかハードそうなものであった。
すでに何回もチャレンジしているナナちゃん(小学1年生)は、今にもゴールしそうな勢い。

おっちゃん達も、負けるわけにはいかない。
でも自信がない。
その様子を見て、挑発してくる大山先生。
「よーし、見てろよ!」
意を決して、壁に向かう。
ファーストアタックの模様は動画でどうぞ↓

ゴールホルダーをつかみながら、無情にも落下。
「あと少しだったのに」
このあと幾度となくチャレンジするものの、乳酸がたまりだしフィニッシュならず、残念!
ところが、前半体重増加からか不調だった鋤さんが、見事攻略成功。
「ブラボー!」

次回は是非ともリベンジを果たしたい。

無事に任務終了。

昨夜は会議所の臨時会員総会。
19年度が終わり、20年度が始まる。

この1年間、本当にいろいろなことがあった。
ハードだった、副会長の任務も無事終えることが出来た。
時間的な拘束が多くつらかったが、終わってしまえば、良い思いで。
少しは人間的に成長しているはず。
中身は子供の様だけど・・・。

例会が終わり、各委員会で打ち上げが行われた。
1年間苦楽をともにしてきた仲間たちが、別れを惜しむように・・・。
副会長として、お別れ会会場を回り、挨拶をして労をねぎらう。

気が付けば時刻は午前0時。
最後は、正副会長での打ち上げ。
1年間の思い出話に花が咲き、良い経験が出来たと、つくづく思う。

そして会長から思いがけぬプレゼントが・・・。↓
09-03-18.jpg

右は以前取材された新聞記事、左は書家の方に書いていただいた会長からのメッセージ。
すばらしいプレゼントである。
1年間がんばってきた証に、ずっと飾っておきたい。

グリーンレボリューション!

グリーンマグマを飲んで、本当に体力レベルが上がるのか、このところローラー台で検証している。
グリーンを水で撹拌して、走行中の給水に使っているのだが、確かに調子は良いようだ。
まだ3回しか試していないが、アベレージは上がっている。

もともとの発端は、トレールランニングの選手達がレース中にグリーンを飲んでいると聞いたからである。
このことを裏付けるかのように、普通食とグリーンを混ぜた食事をマウスに与え、回転かごで持久力のデータを取ったところ、2.5倍もの能力アップが認められた。

確かにグリーンの構造式は、血液と瓜二つ。
唯一違っているのは核になる元素が、血液ではFe(鉄)であるのに対して、グリーンはMg(マグネシウム)というところだけ。
緑の血液と呼ばれる所以でもある。
もしかしたら血液ドーピングに引っ掛かるぐらいの、物質である。

話を戻してローラー台での検証であるが、昨夜は20キロ以上の距離をアベレージ36km/hオーバーでフィニッシュすることが出来た。
しかも字幕映画を観ながら、声優練習の為、全台詞を声に出して・・・。
当然呼吸のタイミングがずれるので、持久レベルは低下すると思うのだが?

いずれにしろほとんど自転車に乗っていないにもかかわらず、調子は良いようだ。
今度は、クライムでその真価のほどを試してみたい。
にほんブログ村 自転車ブログへ

懲りもせず、ラジドラ!

ダメダメの収録から1ヶ月。
常人ならドロップアウト(その前に出演依頼段階で断っている)を選択間違いなし。
でも1度ぐらいで逃げていては、負け犬だ!(なぜそこまで自分を追い込む?)

すでにオンエアーが始まっているドラマを聴いて、その未熟さは実感済み。
それでもなおかつ勇気を振り絞って、再び収録に参加してきた。

おそらく脚本家も声優さんたちも、ド素人の自分の参加を快く思っていないことだろう。
そんな思いからかスタジオ入りするなり、こんな挨拶をしてしまった。

「おはようございます。」
「迷惑かもしれませんが、懲りもせずまた来てしまいました。」(←おーぉ、なんて健気・・・。)
それに対して、
「お疲れ様です、がんばりましょう。」
と、笑顔で応えてくれたのだが、決して誰も
「そんなことないですよ」
と、否定もしてくれなかった。
空気、超微妙。
芸の道は厳しいですなぁ。

そして、前回同様台本が渡され、台詞の確認。
今回は全部で4話の収録である。
全部読みきらないうちに、読み合わせスタート。
「ちょっと早過ぎです。」

男性2人が恋愛について語り合う設定のドラマなのだが・・・
またしても主役を任される。
というのも、本日参加の男声優は自分も含めて2人しかおりません!
主役の方がテクニックが要らないと言うことで・・・。

続けてもう1話。
こちらは、浮気者の彼氏役。
台詞が少ないが、役どころがつかめず苦戦する。

全体の読み合わせが、さっさと終わり即本番。
スタジオに入る。
マイクの感度が良い為、雑音は一切立てることが出来ない。
例えば、椅子の背もたれから背中を離す。
音が出る為だ。
台本をめくるのもダメ。
全部をテーブルの上に並べて、目で追う。
生唾も飲み込めないし、鼻息もダメ。
ざっとこんな感じ。
ただでさえ緊張するのに、さらに重圧がかかる。

ディレクターさんからのキュー出しで、収録開始。
先輩たちは、お見事としか言いようがない。
そこに絡んでいく自分の台詞。
イマジネーションを最大限に働かせ、役になりきる。

かまずにしゃべるだけでも一苦労だと言うのに・・・。
これほど神経をすり減らす瞬間は他にない。
逃げ出したい衝動を抑えつつ、みんなに迷惑を掛けないように・・・。

言い回しが難しいところで、何度も読み直したが、なんとかOKをもらう。
きっとダメな箇所満載だったと思うが、指摘されても修正する力量がない。
そんな自虐的な発想しか浮かばない。

主役だったので、まだ一仕事残っている。
(実は、収録を終えてから自分が主役であることに気が付いた。)
それは、クレジット読み。
主演だれだれとか、脚本だれだれとか・・・、というあれである。
こちらは、演技がいらないだけ楽である。
むしろ得意かもしれない。
かむこともなく、1発でクリアー!
初めて、みんなから良かったの声が聞けた。

控え室に戻り、ほっと一息。
共演者から、前回よりは随分良くなっていると、お褒めの言葉。
自分では、あまりそうは思わないので、半分程度に受け止める。
でも、ちょっと嬉しいかな。

その後台詞の少ない1話を録り終え、収録終了。
「大変お疲れ様でした。」
次回の日程が発表されたが、またしても思案のしどころである。
参加すべきか、しないべきか?
そのうち答えが出ることでしょう。
にほんブログ村 自転車ブログへ

暖かくなってきました。

3月も10日が過ぎ、春が確実に近づいて来ているようで・・・。
このところ極端な寒さはなく、随分過ごしやすくなってきた。
ロードに出かける方も、週を追うごとに増えていくことでしょう。

自分はと言うと、今年になってから1度もロードに出ておりません!
「どうしましょう?」
暖かさからいえば、何の問題もないのに。
どこかで、思い切らなければいけませんねぇ。

そういえば1月に買ったビブショーツ、使わずに済んでしまった。
シューズカバーにいたっては、存在自体も忘れていた。
そして、今思い出した!
グローブもウインドブレーク仕様のものを、新調したんだった。
他に何かあったかな?
あったかもしれないけど、思い出せない。
「もーう、無理!」

こんなことでは、富士のヒルクライムレースが思いやられる。
「夜間ロードから再開しようか?」
「ダメだ!今週も夜のスケジュールが一杯だ!」
ホントどうしましょ!?
にほんブログ村 自転車ブログへ

ラジオドラマ☆オンエアー

勢いあまってうっかり受けてしまった、声優。
ちょうど1ヶ月前収録した3話分の1話目がいよいよ・・・、
恥ずかしながら・・・、
本日から、公共の電波に乗りました!

収録の時もそうだけど、初めて聴くオンエアー。
「ムチャクチャ緊張します!」
それは、30分間生放送しているパーソナリティーの比ではありません。
誰もいないのに、赤面してしまいました。

なんか役どころも自分のイメージと違い、
「超シリアス!」
今にも、死にそうです。

かろうじて棒読み感はないものの、先輩方との差は歴然。
しっかり勉強しなければ、申し訳ない。
「て、ことはまだ出演するつもり?」
どうしましょうねぇ?
「もう1回だけチャレンジしてみようかなぁ」
進歩がなければ、身を引きます。

てなことで、今週の木曜日にある、来月分の収録に行くことに今のところ決定。
玉砕覚悟の所存でございますので、お許しを・・・。

お恥ずかしながら、下記クリックでラジドラ聴けます↓
http://www.okazaki.fm/okazakilove.html
にほんブログ村 自転車ブログへ

Mt.富士ヒルクライムレース☆宿予約

無事、感涙隊は全員エントリー出来たし、やれやれだぁー!
あとは、宿泊先を確保しなければいけません。
とは言っても、昨年お世話になったSt.Villageさんで決定でしょ。
値段の割には内容も良く、電話番号もわかっているので、直接予約すれば良いし・・・。

念のため大会ホームページにアップされた、宿泊先斡旋一覧を見ておくことにしましょうか。
結構満室の文字が躍ってますね。
エントリー同様、宿の確保もみなさんお早いようで・・・。

「どれどれ、St.Villageさんはどうかなぁ?」
多人数部屋は満室のようだが、ツインルームはまだ大丈夫!
「よかったぁ。」
斡旋一覧から申し込むと、旅行代理店に手数料として1人500円払わないといけないので、直接電話予約だ。

「ちょっと待てよ。」
それにしても、宿泊料こんなに高かったっけ?
「1人11,700円」
1泊2食付き、観光地と言うことを考えれば妥当なのだろうが、記憶にある料金とはかなり差があるような?
そこでブログを遡ってみることに・・・。
ちゃんと料金について、書いてありました。(こんな時はとっても便利!)
「やっぱりだ!」
昨年は同条件で、1人8,400円であった。
「実に、5割増し!」
いくら原油価格が高騰し、物価が上昇傾向にあるといっても、ちょっと上がり過ぎじゃ~ありませんか?

仕方なく、他で昨年並みの料金の宿を物色することに。
「好条件な宿は全て満室だーぁ。」
でも、そこそこの物件がまだ残っております。
第1希望として、富士河口湖地区の和室ツイン、8,400円。
第2希望として、富士吉田地区の和室ツイン、8,400円。
をオーダーしておきました。
ベットじゃないけど、相部屋よりはましだよね。

そういえば、昨年は富士河口湖地区ツイン8,400円で希望し、結果としてSt.Villageが宿泊先として提供されたんだった。
ということは、値が上がったというよりは、本来11,700円のところを昨年は8,400円で泊れたと考える方が正しいであろう。

まだ連絡はないが、今年はどんな宿が提供されるのか?これもまた楽しみの一つである。
にほんブログ村 自転車ブログへ

Mt.富士ヒルクライムレース締め切り!

実にエントリー開始から、わずか27時間で定員オーバー。
「すごい人気ですね~ぇ。」
過去に我々が出場したレースの中でも、ダントツ!

その理由は、やはりリピート率の高さにあるのではないだろうか?
24キロもの距離を、ひたすら上り続けるのは確かにキツイ。
でも、それゆえの達成感は抜群である。

日本一の山、富士山。
他のレースにはない、特別の思いを込めて、きっとみんな上るんでしょうね。

感涙隊は、幸いにして今年も全員揃ってレース参加できます。
諸般の事情により、エントリー出来なかったみなさんの分も、合わせて楽しんでこようと思います。
そのためには、しっかりとトレーニングを積まなければいけませんね。
明確な目標が出来た今、もう躊躇はしていられません!
がんばるのみです。
にほんブログ村 自転車ブログへ

鋤さん分も、申し込み完了!

鋤さんに連絡とっている余地なし。
こうなったら、
「代行エントリーしかない!」
「自分のエントリー後に、そんなこと出来るのかなぁ?」
説明をよーく読んで、なんだか出来そうな感じですねぇ。

鋤さんのパーソナルデータを入力して・・・。
「おっとあぶない、アスリートクラスにチェックを入れてしまった。」
(お約束ということで・・・。)
チェックを入れなおし、クレジット決済を選択して、簡単に終了。

念のため登録確認してみると、きちんと出来てました。
「よかったねぇ~鋤さん、ちゃんと大会でられるから」
本当は、出れんほうが嬉しかった?そうはいかないよ!」

ところで福岡君は、登録できたかなぁ?
大丈夫だよね!
にほんブログ村 自転車ブログへ

Mt.富士ヒルクライムレースエントリー完了!

「あぶなぁー!」
すっかり油断してました。
エントリーぎりぎりセーフ。

本日(3月4日)AM9時30分からMt.富士ヒルクライムレースのエントリーが始まった。
日中の内に済ませておけば良かったんだけど、いろいろ忙しく、
「まぁ、夜でも間に合うし」
と、余裕に考えていた。

豊橋店から戻り、先ほどPC立ち上げてみると、なんとなんと
「もうすぐ締め切りの文字!」
4000人募集なのだが、残る枠はすでに500人分。
今にもあふれそうな状態なのだ。

即福岡君に連絡。
外出中だったようで、自宅へすぐに帰ってもらうことに・・・。
「福岡君はこれで良し。」
問題は鋤さん、携帯に連絡するもいつものように応答なし。
「やばい!このままでは共倒れになる。」
と言うことで、とりあえず自分の分をエントリーすることに。

昨年登録したIDとパスを探し、ログインする。
「なんだかいろいろなアンケートとかあって、時間がかかるなぁー!」
こうしている間にも、定員オーバーにならないかと、超不安。

説明を読んでいると、入金が確認できた順とある。
よって、即入金のクレジット決済を選択。
全て入力が終わり、登録状況を確認すると、完了とある。

「はい、無事エントリーできました。」

それにしても、すごい人気。
来年からは、それこそエントリー開始と同時に登録しないと、間に合わない可能性がある。
心してかからねば・・・。

それにしても鋤さん鋤さんどうしよう?
「困ったもんである。」
「なんとかせねば!」
にほんブログ村 自転車ブログへ

今話題の"あれ"が郵送されてきた!

全く、他人事であると思っていた。
まさか自分の所にこんな通知がやってくるとは、夢にも思っていなかった。
高度な管理システムがなかった頃の、
「ずっと昔のお話じゃないの?」

そう!郵送されてきた話題の"あれ"とは、なんと
「ねんきん特別便」
のことだったのです。

封筒の表書きには、
「年金加入記録にもれがある加納性があります。
 十分お確かめの上、ご回答いただきますよう、
 お願いいたします。」

とある。

この時点では、世の中のこの問題に対する注目度が大きい為、ここで通知もれがあったら大変と、万人に郵送しているのだろう、ぐらいに思っていた。
よっていたって無造作に封を切り、中にある書類に目を通すのであった。
すると、
「5000万件の確認中の記録の中に、あなたの記録がある」
と書かれていた。
「ちょっとやばいかなぁ?」
「もしかして、本当に"もれ組"?」
そんな意識が芽生えだし、さらに書類を確認することに・・・。

そして衝撃の事実発覚。
加入記録一覧があるのだが、
「もれてます!と言うか、もれまくりです!」
8年分ぐらいゴソッと、もれてました。
「ショック!我が身にもふりかかっていたとは・・・」
どこでどうなってしまったのか?
まぁ気が付くチャンスが与えられたので、良かったのだが。

また時間を作って、社会保険事務所に出向かなければいけませんね。
何か証明できるものをもって。

「あーぁ、おどろいたぁ。」
にほんブログ村 自転車ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。