Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖のロード

閉店前にどまつりでお世話になった旗振りのMさんが来店。
今まで演舞のことで頭が一杯で、旗のことまでは気に止めたことがなかったが、非常に大変な思いをして参加されていたことを知り、改めて感謝するしだいです。
一見裏方的なポジションのようだが、上位チームでは踊り子を凌駕するほどの存在感があった。
もっと我々も大切に接しなければいけなかったのかと反省しきり。
本当にお世話になりありがとうございました。
これでコメント入れてもらえますでしょうか?

月曜日のロードでスプリントしたのが悪かったのか、昨日は体がだるく今日になってもいまいち気力がない。
と言う事で本日の夜間ロードは、新規開拓に重点をおきスローペースで行うことにした。
いろいろ考えたが、まず信号のない道をと思いついたのが韋駄天mamoさんの自宅方面。
ツールド新城の時に通ったスモール山岳。
竜谷地区を抜けて一路山の方へ・・・。
信号も全くなく結構走りやすい。
勾配も緩く、体調不良の自分にはもってこいだ。
ところが突き当りまで行って、左折が国1方面そして右折が幸田方面の看板に迷わず右折を選んだ。(韋駄天mamoさんの知り合いの人の家があった箇所)
それが恐怖の始まりだった。
道路自体はセンターラインもありきれいではあったが、街路灯が全くない。
しかも車はほとんど通らず、ものすごく気味が悪い。
しかし引き返す気にもなれず、スピードアップで突き進む。
次第に勾配がきつくなり、いつしかセンターラインもなくなり恐怖心は増すばかり。
こうなったら山岳をフルダンシングで上り、苦しさ優位の状態を作り出そうとしたが、やはり怖いものはどんな状況であれ怖い。
完全なつづら折れの山道となった。
車も来やしない。
木々がうっそうと生い茂り視界はきはめて悪い。
こんなところ車でも怖いわと思いながら、ゆっくり下っていく。
もう前方3メートルぐらいしか見えないので、急カーブを必死に確認しながら・・・。
その時ようやく背後から1台の車が、抜き去っていった。
とりあえず前方が確認できるので、必死に追いすがったが1キロ弱ぐらいだろうかちぎられて、あえなく1人旅は続く。
今夜は月も雲に覆われて闇の世界。
この歳になって怖いものもよっぽどなくなったが、(高いところは除いて)この山道はもう2度と通りたくない。
そんな時ふと考えたのが、もしここでマシーントラブルで身動きできなくなったらどおするか?
携帯があるので助けを求めるだろうが誰にしよう。
そもそも助けに来てくれる人がいるのだろうか?
そんなことを考えながら恐怖心を克服するかのように先に進む。
するとようやく光が見えてきた。
ここはどこだろう?
大きな池がある。
そうだ水上ゴルフ場だ。
ようやく知っている場所まで来ることが出来一安心。
そこからは一路248号線を目指し、ペダリングも軽く・・・。
一時はどうなることかと思ったが、無事に生還できた。
結局20キロの恐怖の夜間ロードとなった。
韋駄天mamoさんならこの道通ったことあると思うので、いかに怖いか補足コメントお願いします。
スポンサーサイト

至急回答願います

鈴鹿の8時間エンデューロの申し込みがすでに始まっており、昨日現在で3000人募集に対して、2000人を越えていた。
参加種目も決めなければならないが、個人的には8時間耐久ロードの部で出場したい。
韋駄天mamoさんは、参加できるでしょうか?
日時は10月22日(日)AM5:30受付開始、AM8:00スタート。
料金は5人参加で52500円。
少々高めではあるが、メインレースということで・・・。
詳細はリンク貼っておくので確認してみて。
http://suzuka8h.powertag.jp/
その上で意思表示願います。
4人参加であれば選択肢も増えるのだけど、回答を待って決定します。

韋駄天mamoさんへ、スポーツエントリーから申し込みを行うので団体IDとパスワードをコメントのシークレットで知らせてください。
お願いします。

地方車の件

感涙隊&mamoさんへ
ケメコさんより連絡があり、大津通りパレード会場での音響アクシデントに付き、業者が事の重大性を認識してないとの事。
よってどんな思いをしたか、当時の胸中をメンバー全員が文章にして業者に提出することになったようです。
代表にFAXするようにと指示されたけど、手間なのできらら岡崎の掲示板にアップすると返答しておきました。
無記名で期限は今月中なので、至急お願いします。

上層部の説明で本来わかってもらえると思うんだけど・・・。

久しぶりのロード練習

一抹の不安を胸にご無沙汰の夜間ロードに出た。
とりあえずは、今の実力がどの辺りにあるのか把握する為タイムアタックすることにした。
コースはいつもの18キロ堤防。
出だしは全く問題ない。
ペダリングもスムースだし、わりと高速域をキープしているし・・・。
堤防に入ってからも以前と変わらない。
自転車に乗れる喜びすら感じながら、軽快にペダルを踏み続ける。
ところが折り返し過ぎの西尾街道で、信号間を車と競争したのがまずかった。
ついつい闘争心に火が付き、全力のスプリント。
息は上がるは、乳酸たまるは、その上内臓痛くなるはでもう大変。
一度この状態になると、もう取り返しがつかない。
これ以降一気にペースダウン。
もうタイムアタックどころではなくなった。
昨日までの疲れもあいまって、気力すら遠のいて行く。
結局タイムは自己ベストより2分以上遅い、41分29秒。
ブロックタイヤでの記録すら抜かせず、今の実力を思い知らされた。
ツールド三河湖まで2週間を切っているので、急ピッチで仕上げねば・・・。

どまつり最終日、そして感動のファイナル・・・。

ついに終わってしまった。
もう完全燃焼で跡形もございません。
100日前、ちょうど日間賀島のレース翌日から練習は始まった。
そう考えると、もうずいぶんよさこいに関わっていたんだね。
当初は仕事やレースの都合上、日曜日にしか練習に出られなくて、振り付けを覚えるのに必死で踊ることが出来るのか危惧されたが、週2、週3、そして最後のほうはほぼ毎日とドップリ浸かってしまった。
明日から自由の身となり、早速自転車の練習にシフトするがきっと燃え尽き症候群で、寂しさも感じることでしょう。
ねぇ、韋駄天mamoさんそうですよね・・・?

本日のどまつりは、審査対象ではないので緊張の糸が切れないか心配であった。
しかも柳原通り会場に先生はいないし、昨日の疲れもあるし・・・。
踊る前テンションが全く上がってこない。
この状態でパレード4本大丈夫か?
曲なしとは言うものの、練習段階では全く精彩を欠いていた。
それでも本番はやってくるのである。
まず1,2本目を無難にこなし、徐々にパワーがみなぎってくる。
そして3本4本と回を重ねるごとに、末端まで神経が通った感じだ。
この調子ならあと2会場を最高の演舞で締めくくることが出来そう。
これは全員が思ったに違いない。

パレード最後の円頓寺会場。
道幅が狭い為、3列の縦長フォーメーション。
即席で決めたので不具合がでないか非常に心配であった。
ところがそんなことは全く関係なかった。
パレード最後という思いがみんなの心をひとつにした。
自分としても2日間通じて最高の演舞となったと思う。
これだけ踊ってきても、未だに一人一人が進化している。

そして本当のラスト、ナディアパーク会場。
初めての砂の上での演舞。
もう踊っている他のチームが巻き上げた砂埃に目と喉が痛い。
この会場では数チームの踊りを見ることが出来た。
やはりテンション上がってくるねぇー。
オーラスなのでなおの事・・・。
過去にはない緊張感に包まれる。
そして今までの全てを込めて、演舞開始。
みんなのものすごいエネルギーを感じながら踊り進める。
観客のみなさんの反応も非常に良い。
もう評価の為ではなく、各々がかみ締めながら良くがんばってきたことに対する、ご褒美のような気持ちで踊っていたように感じられた。
最後に鳴子を胸にした時やり遂げた満足感で一杯だった。
ついに我々の長かった夏が、蚊に刺されたあとを残して終幕となった。

あとはファイナルステージを観客として楽しもう。
4,5番目ぐらいのチームから見学したが、そのレベルの高さに愕然とした。
もう素人の域は完全に脱している。
生歌に、達者なMC、そしてストーリー性が明確でわかりやすい。
まるで劇団○○のよう。
踊りにエッジが効いていて、見てて気持ちが良い。
韋駄天mamoさんと2人で感動し鳥肌を立てながら、そして目を潤ませながら食い入るように一挙一動に注目した。
同時に我々の実力もまざまざと思い知らされた。
もう何も言うことはございません。
先生そしてきらら岡崎のみなさん仲良くしていただいてありがとうございました。
なんだかんだ言ってもみんなすばらしい方々でした。

それではお待たせしました。
PCの前で今か今かと更新ボタンを押し続けているみなさん、ラストメッセージをどうぞ。


どまつり本番初日

100日間積み重ねてきた全てをここに披露!
懸念されていた天候も曇りから薄日程度で、心地よい。
恭子先生からの愛情一杯の手作りの差し入れを食べながら、よさこい魂に点火。
8.241.jpg

まずは第一会場の三河安城フェスタ。
時間が早いこともあり、観客はまだ少ない。
それでも他チームの地方車も数台有り、否が応でもテンションが上がってくる。
見事にイメチェンした代表の挨拶もいつになく名調子。
ただ練習は、オフの状態でしましょう、ネタばればれ。

いよいよステージに立つ。
いつものように福岡くん緊張しまくり、でも大丈夫、大丈夫。
出だしで「かまえて」の前に曲が始まり一瞬凍りつく。
五万石祭りの再来か?
でも気を取り直し取り乱すこともなく、練習時にはない一体感が生まれた。
進む距離が短かったというハプニングもあったが、審査会場前のこて試しとしてはまずまずであろう。
先生もこの演舞であればと及第点をくれた。
このテンションを維持し続けなければ・・・。

バスに乗り込み、おば様方のありがたい食べ物責苦を上手く交わしながら、大津通りパレード会場を目指す。
さすが名古屋、人出も多く夢を実現する為には充分のシチュエーション。
審査員と観客の皆様を感動の渦に巻き込むのだ。
さあ審査会場パレード編の始まりである。
遠路網走からやってきた農大に続き、演舞開始。
ものすごい集中力、完全に安城会場を上回る出来である。
これはもしかしてファイナル進出も夢ではないかも・・・。
そんな時曲が一瞬飛んだような、錯角であってほしい。
と次の瞬間スピーカーから何も聞こえなくなった。
オーディオダウンという最悪の状態。
どうするみんな・・・。
ところが臆することなく果敢に口三味線で踊り続ける。
もちろん完璧とは行かないが、先生のリードに必死について行く。
そう、昨夜の最終練習時に先生が言った「どんなことがあるかも知れないけど・・・」という言葉をみんなちゃんと覚えていて、実行したのである。
先生の先見性とそれを実行したみんなと、その言葉を引き出した代表の掛け声間違いの賜物である。
観客のみなさんも事情を察してか、最後まで応援してくれたし、貴重な体験が出来たと思う。
絶対に今後役立つこと間違いなし!
副代表も泣いていた、rikaちゃんも泣いていた。
それだけよさこいにかける思いが、強かった現われである。
でも大丈夫、名前の通りメインの久屋大通公園会場メインステージがあるではないか。
このステージこそが我々が目指してきたもの。
ファイナルステージと思って、踊ればよい。
IMG_15408.242.jpg

掛け声とともにステージに立つ。
今までとは全く違う異次元の世界がそこにはあった。
実に気持ち良い、この感覚こそが追い求めてきたものに違いない。
踊りだすまでの間、100日間の練習のことをずっと思い出していた。
辛かったこと、楽しかったこと全てのエッセンスをこの4分間に凝縮するのだ。
そして曲が始まった。
直後先生が前の方に座っているのを発見。
これは心強い。
先生の笑顔が出来栄えのバロメーター。
曲も安定しているし、なかなか揃わなかった列も良く揃っている。
すばらしい、こんなにすばらしい演舞が出来るとは、みんなの潜在能力には無限を感じる。
全体を通して持てる力の中で、目一杯踊りきった満足感にしたる。
観客のみなさんの拍手の大きさが我々への最高のご褒美。
パレードの失敗があったからこそ、喜びもひとしお。
8.24.jpg

この思いを胸に道徳パレード会場で、4連続演舞。
体力の限界に挑戦、と思いきやどんどん調子が良くなってくる。
このイメージ明日まで持ち続けねば・・・。

全てのスケジュールをこなし、帰路に着く。
おば様方は、アルコールも入りハイテンション、しかもずっと。
このパワーはどっから出て来るんだろう?
もっとよさこいに使えばよいのに・・・。

帰りに代表のご招待で、自宅へお邪魔する。
さすが15階のロケーションは最高!
ベランダで今日1日の踊りを夜景を見ながら振り返った。
高所恐怖症なのでとっても怖かったけど。
お酒も食事も一杯いただいて、疲れを癒す。
あと1日思い残すことのないよう、渾身の演舞で締めくくりたい。
長くなりましたが、コメントどうぞ。




よさこい練習29回目

ようやくレギュラー時間にアップできたぁ。
今日の昼にコメントアップしてから、ブログ見てなかったからまずコメント確認から。
韋駄天mamoさんのコメント、悔しいけど大笑いで何度も読んでしまった。
よ~く性格わかってるねぇ。

食事もしたし、いよいよだね。
もう練習日は1日もございません。
本番あるのみ!
我々は5月の第1回練習から、約100日間に渡ってありえない日々を送ってきた。
今ではすっかり日課となってしまった。
振り返ればかなりの事や、時間や、人までも犠牲にしてきた。
そこまでよさこいを一生懸命やる価値があったのか?
その答えはそれぞれの胸の中。
明日のどまつりで明白になることだろう。
もう何の迷いもない。
ただ心の底から踊れる喜びを体全体で爆発させるのみ。
唯一無二のこの夏に、きらきら輝いた証の為に・・・。
がんばれーきらら岡崎!

さあーコメントどうぞ!

よさこい練習28回目

昨夜に続き更新遅くなってごめんなさい。
きっとまだかまだかと待って、みんな寝ちゃったよね?

rikaちゃん自転車積んでってもらってありがとう。
大丈夫、自転車?じゃなくて車。
1日お世話になります。
そして先生送ってもらってありがとう。
車中でいろいろな話しが出来て、昨夜に続き又きららの知識が増えました。
それ以外に不思議な話しも多かったけど、こんなネタで盛り上がれる思想や知識の一致に驚かされるばかり・・・。
同じ波長で引き合ったのかもしれないね。
話に出てきた本は今度貸してください。

焼肉やでの食事会楽しかったねぇ。
おちゃんらは、ほんとアホみたいな事ばっか言ってるけど、このスタンスはやめられないし、ずっとこんな感じだと思う。
それでもよろしくね。
そして村やん肉ずっと焼いてもらってごめんね。
いい奥さんになれると思うよ。
みんな楽しかったよね、たまには発散するのも大切だ。
又どまつり終わったら打ち上げに行こう!
ツールド三河湖終わってから・・・。

踊りは、懸案だった衣装準備がまだ完璧でない。
やはり昨夜1度成功したぐらいでは、安閑としていられない。
明日(今日)は、確実に時間内で用意できるように・・・。
いずれにしても練習はあと1回しかない。
今更あがいても始まらないけど、出来る限りの事はしておきたい。
なんとか良いイメージのままどまつりを迎えなければ・・・。
疲れて文章になってるか不安だが、シャワー浴びてもう寝ます。

新しくなりました、携帯!

携帯を目覚まし代わりに使っていたのだが、壊れてからアラームがなる日とならない日があり、非常に困っていた。
不在表示も確認することが出来ず、クレーム殺到。
今日こそは何が何でも、修理に出そう!
杜仲茶のパッキングにきりをつけ、ドコモショップへ・・・。
壊れた原因は聞かれなかったが、例の充電池のチェックポイントをはじめ3箇所ぐらい入念に調べていた。
結論として過失はないとの判断で、同じ機種の在庫があったため即交換してもらえた。
saoriちゃんのおかげである。
ありがとう。

よさこい練習27回目

大変お待たせいたしました。
なんせ午前様の帰宅でしたので・・・。
きっとあきらめた人も多いでしょうが、日課ということでアップします。
今日は15分遅れぐらいで練習参加したんだけど、先生がいなくて一瞬焦った~ぁ。
村やンの意味深のコメントの件があっただけに・・・。
もともと練習日ではなかったので、納得。
1日でも休むと、状況が変わっているので戦々恐々である。

先生がいない為、踊りの精度を上げることは控え、声出しと笑顔の練習を重点的に行った。
掛け声を統一することによって、迷ってた人もちゃんと出すようになりボリュームアップ!
本番では、もっと大きく腹の底から発声しなくては・・・。
そして最大の難関となっている、次の踊りまでの準備。
ブログで検討したとおり、役割分担を決めて望んだ。
それでも時間内におさまらず、苦戦を強いられる。
男性陣の鳴子の傘装着と、マジックテープ留めはかなり慣れてきたものの、袖の処理がネックのよう。
なんとか最後は時間内に間に合ったが、安定しなければなんともならない。
明日(今日)も何が何でも間に合わせるぞー。

個人的には、定点とパレードの位置が左右完全に逆になっているので、手足を出す方向を間違えてしまい、ご迷惑をお掛けいたしました。
先頭で間違えるのは最悪だよねぇ。

練習終了後、入会のいきさつ等を話していたんだが、sincekちゃんとsaoriちゃんが我々よりも入会が後だったのには驚いた。
ずっと以前からやっているような存在感、さすがです。
血液型の話しにも及び、明日の焼肉やでの役割分担よろしくねぇ。
それでは・・・。

杜仲茶大量入荷!

時間がない一因に、杜仲茶のパッキングがある。
もう入荷はないとあきらめていたら、問屋に再入荷したらしく、今なら希望量を納品してくれるとのこと。
今の所他店にも商品がないし、予約も順調に入っているので・・・。
どれだけ仕入れよう?
体のことも考えて20キロにしておいた。
再び今度は4000個のパック詰めをさせていただきます。
もう右腕は5グラム計量マシーンと化すのである。
他店もこんな大変な事しているのか聞いてみた。
パック詰めはどこもしておらず、100g~200g単位で袋詰めして売っているとの事。
しかも高く。
問屋もその売り方を進めてきたが、お客様のことを考えると、出来る限りの事はしてあげたい。
全部詰め終わるのいつになることか?

時間の余裕が・・・。

ただいまー!
このところ時間がなくて、かなりのことが出来てない。
先週木曜日に壊れた携帯も修理に出せないでいる。
画面でないので、受信専用となっている。
パワーユニットやられたのか1日で充電切れになるし・・・。
そのお知らせすらでずに、そっとパワーダウンしているので困ったものである。
床屋も行きたい、2ヶ月以上行ってない。
よさこい終わったら、ツールド三河湖に向けてカット、カット!
自転車もよさこいの往復に使っているぐらいでまともに乗ってない。
非常に心配である。
買い物にも行きたいし、綱練もしなければ・・・。
でもどまつりが終わるまでは、全てを封印して集中集中っと!

ところで掛け声を含め新展開はあったでしょうか?
村やんのコメントがとても気になるのだけど・・・。

よさこい練習26回目

あいのり見ててアップ遅くなりました。
「がんばれ、総理!」

かゆいはずだ!
蚊に20箇所以上刺されとった。
みんなもそんな感じだよねぇ?
かゆみ止めをピンポイントで塗ってる場合じゃなく、全体に塗りたくっても~お大変。
おかげでだいぶおさまってきたけど・・・。

本日のよさこいは、時間とスペースとの戦いであった。
まずスペースだが、あんなに奥行きが少ないとは、全く持って想定外。
何度もラインからはみ出し、都度修正したが本番では違和感なく踊れるように仕上げねば・・・。
そしてもうひとつの壁は、時間。
なんせ踊ってから次の準備まで、非常にタイト!
実際計測してわかったが、男性陣は女性陣のサポートを徹底しなければ・・・。
今日のところは、女性の衣装の仕組みがわかってなかったのでもたついたが、マジックテープの位置も確認できたし、まだまだ時間短縮は充分可能。
余裕を持ってスタンバイできるレベルまで徹底練習だ。

そして個人的には、男子真ん中で密着するところが上手くいかず、何度やっても肩が上がってしまう。
下げるとお尻触りそうになるし、「触ってもいいよ」と嬉しそうに言われてもとっても困ってしまう。
左側は上手くいくのに、どうしてでしょう。
本番までに解決しておかなければ・・・。
最後にパレードの練習したが、懸案だった列の乱れがまたしても発生。
列の乱れは、心の乱れ。
集中力のなさと、迷いがあるのだろう。
1点の曇りもないよう、仕上げねばならない。

最初の掛け声も考えなければいけないねぇ、rikaちゃん。
この件は、コメントにでも上げてみて。

ツールド三河湖もお忘れなく。

よさこいの陰に隠れて、そっとツールド三河湖が近づいてきている。
ふと気が付けばジャスト3週間後。
このところまとまった距離が走れていないので、少し心配だ。
特に本宮山のヒルクライムは、大会前にもう1度走っておかなければならないだろう。
前回足がつって無念の着地。
このままでは、悪いイメージが残ってしまっているので、是非とも完頂しておきたい。
スリックタイヤの性能も実地で試しておきたいし・・・。
どまつりが終わったらリアルコース80キロロードみんなで行きましょう。

よさこい練習25回目

よさこい長時間練習の疲れをシャワーで流して、期待に応えてブログをアップいたしましょう!
まず懸念していた参加人数であるが、5時の開始時点ではまだまだ少なかったものの、時間とともに増えて行きフォーメーションもリアルボリュームで出来た。
いろいろな事情があると思うが、1踊り分だけでも全員揃わないものか?
本日は、定点の練習。
ほぼ五万石祭りの再現だが、このところパレードしかやってなかったので、所々忘れてしまっている。
しかも手足を出す方向が全く逆だったり、順番も違っていたりで錯乱状態。
その表れが、移動場所を完全に見失いあたふたしてしまった。
西川先生が見ているというのに、カッコ悪ー。
パレードと定点を混在しないように踊るには、もう少し踊りこみが必要だ。
あと西川先生の発声練習は、大変勉強になった。
声を出すことにより、観衆へのアピール度も増すし、みんなのテンションも上がる。
五万石祭りの時のテンションがようやく戻ってきた感じだ。
ただ上がりすぎには注意が必要。
明日からもきっちり声出しはやっていきたい。

どまつり本番を間近に控え、徐々に一体感が生まれてきたようだ。
その一体感をより確実にする為に、結団式が行われた。
韋駄天mamoさんの提案によるものだが、タイミング的にバッチリだったと思う。
これでみんなのベクトルも同一方向を目指し、明日からの練習でより完成度が増すだろう。
”きらら岡崎がんばるぞー!”

よさこい練習24回目

杜仲茶を詰めている時、背後に異様な気配を感じ振り返ると、刈谷で一踊りしてきたご一行様が・・・。
前から夜の10時過ぎに酔っ払って電話を掛けてきて、今度買い物に行くからと何度も言われていた。
お目当ては、干し梅だったようでこれは全員御買上・・・。
他に詰めたての杜仲茶と、茶菓子を買ってもらったが肝心の緑茶は・・・。
お茶屋なのになぁー。
でもこんなに暑くては熱いお茶飲む気にもなれないよねぇ。
そんな時に、福岡くんから電話が・・・。
なんと時刻はまだ5時半だというのに、もう中総へ行ってしまっていてみんながいないので電話してきたらしい。
完全に日曜日の集合時間と間違えているようだ。
それを傍らで聞いていた、副代表に電話チェンジを求められ○っちゃんになりすまし、「私もすぐ行くから待っててね」とばればれの芝居をうつ。
これには福岡くんもすっかり引いてしまったというより、大迷惑だよねぇー。
時間間違えた上に、おちょくられて。
あまりにもかわいそうだったので、店を母に任せてすぐ仕度して中総へ向かった。
お陰で久々に練習開始前に到着することが出来ました。

本日はこのところ課題となっている列を意識した練習。
我々の列はかなり精度が上がってきている。
これは全体的に見ても同じことが言えるのであろう。
この単純なことが実は難しい。
個人練習で振りはいくらでも出来るが、全体とのバランスは究極的には全員が揃わないと出来ないからである。
日曜日にいまだ見ずにいる人にも参加してもらわねば、ぶっつけ本番はかなりきついだろう。
全員が参加してくれますように・・・。
そして練習も進み、自分もとっても苦手としている裏拍箇所・・・。
韋駄天mamoさんが完全にはまってしまった。
足だけなら問題ないのだが、手が付くとどうにも5,6拍手目で早打ちになる。
かつての自分も全く同じ現象に悩まされ、自宅練習をかなりした。
それでも気を抜くとずれてしまう最難関箇所。
福岡くんもやりにくそうなので、男性陣はリズム感がないということか?
日付が変わって今日の練習時には、焦らず落ち着いてがんばりましょう。

そして最後の方の並びもようやく明確になり、これで迷うことなく踊りに集中できる。
あとは歯抜けになっている人たちに一刻も早く練習に加わってほしいものだ。


杜仲茶再入荷

お待ちかねの杜仲茶が再入荷し、待ってってくれるお客さんのために急いで詰めた。
先回1000パック詰めているので、もう手馴れたもの。
100パックづつ詰めてシール機にかけて、それを25パックづつ4袋に詰める単純作業。
ただ詰めるだけではつまらないので、より効率的に速く詰める為タイムアタック形式でやってみた。
まず100パック詰めるのにジャスト15分、そこからシール機が7分、最後の袋詰めで5分、合計27分。
今日のところは、400パック詰めたので残り600パック。
詰めると同時に売れてしまうので、予約分は取り置きしておかなければ・・・。

今日はフリクラデーでした

すっかり忘れてたけどフリクラの練習日だったよね。誰か気がついとったかなぁ?
2週間前は花火で行けず、本日はよさこいで行けず。
こんなに間隔があくとムーブをすっかり忘れてしまいそう。
松枝くんは、白テープオールクリアーしたかなぁ?
週2回常連さん達と練習しているから、差が開く一方だよね。
握力強化だけでもやっておかなければ・・・。
そういえば先日Sオーソリティーの例のハンドグリップ75kg久々にやってみたけど、やっぱり閉じることが出来ない。
その下の60kgは閉じられるのだが。
この15kgの差は本当に大きい。
指懸垂再開しなければ・・・。

よさこい練習23回目

豊橋店に行っていたためPM8時より参加。
駐車場で偶然韋駄天mamoさんと一緒になり、昨夜のことを話しながら練習自体が行われているのか?先生はいるのか?戦々恐々で体育館へ・・・。
とりあえず先生もいるし練習も行われていて一安心。
列がばらばらであった為、繰り返し横一線で歩調をあわせる練習が繰り返される。
後半徐々にではあるが、揃ってきているようだ。
ただ長時間に及ぶと集中力が切れてきて、足並みが乱れる。
もうここまで来たら、精神力との勝負。
時間も10時近くなり、練習終了。
良かったのか悪かったのかわからないが、一生懸命やるのみである。

よさこい練習22回目

昨夜の中総練習は、惨憺たる物だった。
先生もあきれ返るし、全体を見て唖然。
見た目のひどさもさることながら、魂が全面的に出てこないといくらやっても同じこと。
今一度目標を皆で共有しそれを取る為に全力でぶつからないと結果は知れている。
モチベーションをもっと上げていきましょう!
ところで昨夜の大雨で携帯の画面が出なくなり、一晩経てば直ると思いきや、症状は全く改善されず・・・。
幸いにしてデータは、PCにバックアップしておいたのでこのまま使えなくなっても復旧は問題ない。
早く修理にもって行かないと、非常に不便。
今も傍らで充電もしていないのに、充電中のランプが付いていて不気味。
どうか直りますように。

よさこい練習21回目

お盆明けで1週間練習なかったので、全体的に感覚が鈍っていたようだ。
のっけからタイミングが合わずに何度もダメ出しで先に進まない。
確かにどまつりまであと10日しかないので、要求されることもかなりシビアになってきてはいる。
例えば腕の角度とか、顔を上げるタイミングとか・・・。
中でも難しいのが歩幅を合わせること。
全員が横一線で、歩き始め最後の足の位置が同じでなければならない。
今日は30人ぐらいで行ったが、そう簡単に揃うものではない。
そこを何度も何度も練習することで、一体感が生まれほぼ合ってしまうからすばらしい。
その後も振り付けよりは一体感を追求した練習が続き、みんな真剣そのもの。
明日からは毎日練習があるので、かなりの仕上がり具合になると思う。
本番で最高の演技が出来るように・・・。

子供と早朝ロード

昨日の早朝長男とロードに出た。
コースは安全性とはぐれないようにサイクリングロードを選択。
いつもと違って超スローペース。
8.14.jpg

でも、景色をじっくり見ることができ新発見の連続。
たまに直線で加速するが、はぐれる心配もなく楽しいライドとなった。
長男も後ろからフォームを観察していたようで、ペダルに乗せる足の位置が今までかかとだったようで、つま先に修正。
しかし時間が立つとまたもとの位置に・・・。
それを後ろから都度注意。
8.141.jpg

そんなこんなで目標の三連水車を越え、上郷に到達。
時間もなかったので本日はここで折り返すことにした。
帰りに安城のお墓によって、お参りして帰った。
8.142.jpg

スローペースの割には、43キロの走行。
長男ももっと遠くへ、行きたいと言っているので次回時間にゆとりを持って、ロングライドを楽しみたい。
8.143.jpg

24時間テレビ取材

毎年恒例の24時間テレビの取材でなんと豊橋店が収録された。
レポーターはワッハッハ本舗の柴田理恵さんで、当店の抹茶ソフトクリームを買って食べている様子が撮影されたとのこと。
当初は隣の店が取材される予定が、なぜか素通りしての来店にパートのおばちゃんも驚き。
放映は8月27日朝7時30分前後、ちょうどど祭りの真っ只中である。
どんな編集がしてあるか楽しみだ。

交通公園タイムアタック

昨晩子供たちと交通公園でタイムアタック。
1周400メートルを6年生の子が53秒、4年生が1分02秒、3年生が57秒、2年生が1分14秒。
後ろについて走ったが、みんな急カーブが怖いようでかなりの減速。
しかもアウト側の足に乗らず、ペダルすりそう。
このあたりのテクニックって確実にしておかないとタイムロスになることを痛感。
自分は、40秒38。
次回は、30秒台を目指したい。

帰りにお盆ということでお墓参りして帰宅。

本宮山クライム中止

夜のこの時間に家にいるのは何日ぶりだろう?
この時間を有意義に使わなくては。
といいながらブログを書いているのだが・・・。

今朝5時過ぎに起きてみると、すごい雷。
北の空に稲光が縦横無尽に乱れ打ち。
韋駄天mamoさんと本宮山越えでラベンダーガーデンまでロードの予定だったので、お構いなしに仕度を始める。
準備万端、出かける寸前に電話があり雷の山は危ないからと言うことでまたの機会となった。
ところがヘルメットもかぶっているし、サングラスもしている。
この状況で何もせずにベットへ戻る気もなく、1人ロードに出ることにした。
まあサイクリングロードであれば雷は大丈夫だろうと、何の根拠もなく決め付け自転車を走らせる。
走り出してからは、全く雷も気にならず風も涼やか。
お盆休みのせいか、ランニングをする人がやたら多い。
反面サイクリングロードだというのに自転車に乗る人は少なく、いったいどうなっているんだろう。
今まで4~5回は走っているのだが、単独ライドは初めて。
1人で走って痛感したのだが、車止めが多すぎる。
よってストップ&ゴーをいやというほど繰り返しリズムに乗ることが出来ない。
これでは、真剣に走ろうと思っている人には不向きなコースなのであろう。
会話をしながらのサイクリングにはもってこいなのだが・・・。
やはり名前どおりのロードなのである。
スプリントロードとか期待してしまう。

豊田市に入ると道が濡れて水溜りなんかもある。
きっと土砂降りだったんだろう。
スリックタイヤを履いているので、スリップしないように注意しながら目的の水源公園に到着。
川が幻想的だったので、記念撮影。
20060812201916.jpg

ここは水上バイクの進入口。
20060812202109.jpg

ひと時川を眺めながらの休息。
20060812202351.jpg

再びサイクリングロードで帰路に着く。
食事もほとんどせずに長時間走ったせいか気が付かず、藤井町まで戻ってしまい美矢井橋に出る予定が1つ下流の橋に出た。
これではいつもの堤防コースの逆パターンである。
若干ハンガーノック気味で、体力の限界と向かい風に気力を完全に奪われた。
もう時速20キロ出すのがやっとの状況。
ところが背後よりそれなりのカッコをした自転車の影が・・・。
こんな状況でもやっぱり抜かれたくない。
気力を振り絞り突き放しにかかる。
あえて後ろは振り返らずようやく美矢井橋に到着。
ここで確認すると、はるかかなた1キロは差をつけただろうか?
再び独りになるとへこたれペースになり9時に到着。
結局71キロの走行距離でした。

杜仲茶「アッ」という間に・・・

昨日苦労してパケージングした杜仲茶を豊橋店に持っていった。
POPもちゃんと作って、陳列終了!
ところがなかなか1袋目が売れない。
もしかして商品が市場に出回る前にブーム終了か?
1000パック詰めた努力は水の泡かと思っていると、ようやく1人手にとって迷っている様子。
どこにもない杜仲茶が、いっぱいあるので逆に不審に思ったのか買わずに行ってしまった。
直後今度は男性が来て迷わず即購入。
それから波に乗り予定通り完売!
メーカーに在庫を問い合わせるとこちらも全くなく、入荷のめどなしとの事。
もっととっておけばよかったと思うが、売れずに在庫を抱えるのも経営を圧迫するので・・・。
ここが商売の難しいところである。
とそんなことを考えていると、メーカーから電話がありお盆明けに特別に5キロだけなら送れるとの朗報が・・・。
これでまた1000パック詰めることが出来る。

よさこいメーテレ取材(緊急)

たった今連絡があり、8月15日(火)にきららの練習風景を取材に来るそうです。最低20~30人はいないと様にならないので、都合がつけば行ってあげてください。
放送は、どですかの占いコーナーのバックで流れるそうです。
どまつり前にテレビ映りをチェックするチャンス!
ちなみに自分は、豊橋にいるのでもう断りました。
コメントに都合をアップしてください。

杜仲茶放映で大ブレーク

なぜか杜仲茶が置いてないか問い合わせが殺到し、尋ねてみるとどうもテレビ番組で中性脂肪が落ちるというような内容で放映されたらしい。
詳しく聞いてみると、2週間飲み続ければ効果が出るとの事。
また一過性のブームと思い取り寄せることも考えずにいると、どうも過去のそれとは違い反響が大きいことに少し気持ちが動く。
特に豊橋の店においては、1日に30人以上の問い合わせがあり、お客さんがどこにもなくて困っていると切望される。
こうなったら使命としてなんとか仕入先探して販売せねば・・・。
そんな頃ノーマークだった取引先の営業マンより、近々入荷するとの情報に即予約を入れる。
その商品が昨日入荷されたが、パーケージなしの5キロ1袋の荷姿であった。
ここからが大変、ティーパックに5グラムずつ詰め、シールし25パックずつ袋詰めという気の遠くなる作業を延々とすることとなった。
単純計算で5キロを5グラムずつなので、1000個である。
この作業により出来上がった商品40袋。
価格は、1050円だが明日豊橋の店へ並べればあっと言う間になくなるだろう。
そしたら再度仕入れし、ひたすらパケージングしなければ・・・。
だいたい問屋に商品まだあるかなぁ?

よさこい練習20回目

練習場所の確保も大変だ。
今までずっと体育館で行われていたが、本日は初めての野外練習。
場所は、中総の野球場前のアプローチ。
いつも自転車で走っているトレーニング場だけに愛着が湧く。
当然現地まで自転車で行く。
いつものように30分遅れぐらいで合流。
先回からど祭り用のパレード練習に入ったが、長くやってきた定点の動きがどうしても抜け切らない。
ここは意識を集中しなければ・・・。
野外で照明も不充分だし、曲も聴きずらい。
道路は傾斜しているし、地面の模様が錯覚を起こさせる。
こんな環境下でもきっちり踊らねば・・・。
問題点発覚。
パレードで移動する距離が、80メートルと長くフィニッシュポイントがかなり前になってしまう。
そこで一部振り付けが修正される。
たいした事はないが、ついつい今までの動きがみんな自然と出てしまう。
しかしこの修正により、フィニッシングポイントもほぼパーフェクトとなり、めでたしめでたし。
1週間ほどお盆で、よさこいも休みとなるが自主練習しておかないとすっかり忘れてしまいそう。

よさこい練習終了後、今度は自転車練習!
いつもの周回コースを2周だけ回って帰宅。
お盆休みの間に走り込みしなければ。

岡崎花火

スーパーのショーケースには例年通り、お寿司を中心としたものからなくなってしまい選ぶ余地なし。
おまけに子供が惣菜落としてしまい中身をぶっちゃける始末。
店員さんに逆に服が汚れなかったかと心配され、申し訳ない気持ちで一杯になる。
買い物を終えすでに始まっている渋滞の中、時間に追われながら自宅に到着。
程無くして鋤さんがやってくる。
自転車購入の話しで盛り上がり、いよいよカウントダウンの様相を呈して来た。
福岡くんがまだ来ないが花火も始まったし、1年に1度しか上がらない屋上へ・・・。
風もそこそこあり、とっても快適。
テーブル等のセッティングが終わった頃福岡くんが、ドーナツやドリンクをいっぱい持って来てくれた、ありがとう!
当初子供達は、空手教室でいない予定が休んでしまったので、食事が不足気味でごめんなさい。
それにしても花火を眺めながら、談笑するのってとっても贅沢。
子供達は、ずっと走り回ってとても楽しそう。
あの花火を大山先生が上げているのかと思うと、ちょっと見え方も違ってくる。
小さいかったり、貧弱だったりする花火を見るとあれが大山先生の上げた花火だと盛り上がる。
チャリ耐の無様な姿よりすっかり株を落としてしまったようだ。
最後の花火頃、今までしゃべってばかりであまり見ていなかったが、惜しむ様に立ち上がりまた来年楽しく見られることを願う。
そういえば流れ星を久々に目撃。
鋤さんも福岡くんも見たが、誰1人として願い事を言うことが出来なかった。
まあ願いは自力で叶えましょ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。