Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーエンド発注

以前から欲しかったバーエンドを発注。
速く走るためのポジション確保として考えていたが、レスト的要素が大きいようだ。
ただ上り坂は、威力を発揮しそう!
やっぱり、記録会のコースを意識してきたようだ。
心臓破りの坂と、うねりまくった道。
足を着かずにゴールできるのだろうか?
今から楽しみである。
あとウェアーは、スペシャライズドで検討してたが、パールイズミの方がパンツデザインが良かったのでそちらにしようと思います。

村やんと南公園で別れてから、交通公園内のショートトラックでコーナーリングの練習を念入りに行った。
右回り、左回り、回りに回って目が回った。
そして1つの疑問が・・・。
急コーナーで体は自転車と同じように倒した方が良いのか、立て気味にした方が良いのか?
グリップ力にも関係してくるだろうが、1回目のチャリ耐でこけた経験があるだけに慎重になる。
前回のチャリ耐は、こけるのが怖くて攻めの走りが出来なかった。
わかる人教えてください。
その後ゴーカートのコース(1週ちょうど400メートル)を10週子供達のトレーニングがてら連続走行。
疲れただの、足が痛いだの弱音を吐いていたが、聞き耳を持たずとにかく完走させる。
家について走行距離を見ると、17キロ強も走っていた。
夜のトレーニングは、今日はしなくても良いよね!

村やん言っていたR3バーエンド装着画像アップするね。
20060330215122.jpg

スポンサーサイト

下見よろしくお願いします。

齋藤君ありがとう。
特に今のところ公式の記録会に参加する予定はないので、都合の付く日で結構です。
安全に走行できるかどうかも教えてください。
その後みんなでタイムトライアルに出かけたいと思います。

あえぎに、あえいで!

寒いし、強風だし、最近良く走ってるし。
こんな時って、行ったらこけるとか、事故るとか、勝手にいい訳考えたりして・・・。
ロード出るのやめとこっと、直前まで考えてたが、そうだ行ける時は迷わず行くと決めたんだった、と思い出す。
もう少しで負けそうな自分に、本日放映の筋肉番付鑑賞の御褒美でテンションを高める。
かなりの決断が要ったが、誓い通りトレーニング行ってきました。
いきなりの強風に恐怖。
特に村やんが57キロの記録を打ち立てた、橋までのストレートまともにマイナス57キロの向かい風で全く進まない。
おそらくいつもの倍以上を費やしただろう。
なんとか堤防にたどり着くも、危険の連続。
自転車ごと土手に持ってかれそうになること数回。
極力センターよりを走行してたが、車が通過する時は、路肩へ寄るしかない。
こんな時ブローの風が来ればまっさかさまに、土手を転げ落ちるだろう。
あえぎながら、そして祈りながらの堤防サイクルであった。
その後は、記録は期待できないので、いつもと違った何かをと思い、心の中で20数える間一切手を抜かずに回し続け、インターバルを取る。
この繰り返し。
車と競争しながら行った。
なかなか良いロードでした。

齋藤君へ、お願いがあります。
例の記録会コース時間があったら、下見してもらえんですか?
特にラストの上り6キロがどんな感じか?
出来れば自転車で行ってもらえるとありがたいんだけど、無理は言いません。
勉強の邪魔にならなければ、是非お願いします。

記録会が行われているコース入手しました。
START地点
名鉄本宿駅より東に3Kmほどで樫山の信号に出ます
そこを右折してしばらく走ると
天恩寺の駐車場があります、そこがスタートになります

map11.jpg

スタートから10キロがフラット、6キロが上りの計16キロ。
年度ごとに上位記録者のタイムと名前が掲載されている。
以前ランナーの山本さんに聞いたが、かなりの上り坂らしい。
実力を試す意味でもトライしてみましょう。

もがきに、もがいて・・・。

刺激を受けるということは、行動することに直結するよね。
自転車のハードトレを知ってから、すっかり練習に対する心構えが変化。
今までも、ある程度苦しみながらやっていたつもりだったが、もがいてはいなかったように思う。
こんなことでは、納得の行く成果は得なれるはずもない。
ちょっとストイックになりすぎか?
でももっとやっている人がいると思うと、闘志に火が付く。
と言う訳で、本日もいつもの18キロ行ってきました。
テーマは、"もがき”!
いつもなら、気持ちが折れる全力疾走も、何回か取り入れ粘り強く頑張る。
前回にまして、全ての信号を取りに行く。
途中で時計は見なかったが、かなりハイペースで来ている事は確信的に実感できていた。
全てが順調。
そして最後の関門踏み切り。
ちょうど列車が通過し、グッドタイミング。
「ベストタイムを更新できる。」
と、思いながら踏み切りに到着すると反対矢印。
しかも駅で停車している為、遮断機は2分間上がらなかった。
結局ベストタイの45分フラット。
記録更新は出来なかったが、もがけたことで大満足でした。



デポ

スポーツ店行くと長時間滞在しちゃうよね。
見るもの見るのも欲しくなる。
特に自転車関連。
ウェアーも試着をし、ほぼ決定。
あとはネットで探さなければ・・・。
例の迷彩パンツばっちり、コーディネートも多彩。
いつデビューさせようか?

極度の高所恐怖症がばれてしまった。
15メートルの壁1度は上ってみたいけど、きょーふ!
リードを使ってのクライミングは、やめましょう。

R3やっぱいいね

先日のトータルコモンへのロードで、ライトを固定しているラバーが切れた。
まだ半年も経っていないのに・・・。
路面状態が悪いのに、とばし過ぎだなぁ。
鋤さんが、遊びに来たので昼食のついでに、オーソリティーに修理依頼・・・。
店内を回遊しているうちに、例のグリップに久々の対面。
75キロからやってみた。
2人とも3分の2以上閉じた。
続いて100キロに挑戦。
これまた半分以上出来た。
以前に比べてかなり、握力が強くなっている。
両手を使えば75キロは閉じることに成功。
最後に60キロは2人とも閉じることに成功。
続いて自転車売場へ・・・。
R3にすぐ目が行く。
台から下ろして、重さ等を実感する。
やっぱ良いね。。。
鈴鹿はこれか?

明日のスポーツデポ11時集合でどうでしょうか?

連日のロード

ネットですごいトレーニング内容を見つけて、火が付いた。
今までの練習はなんだったのか?
と言う訳で、本日も18キロ行ってきました。
いつものようなイーブンペースではなく、インターバル的な要素も加えて、限界まで頑張った。
インターバルには、信号のタイミングを利用し、いつもなら諦めて次の青に間に合わせて走ったが、とにかく1個前の青をとりに行った。
その結果ロングスパートであったり、ショートであったり・・・。
限界って苦しいねーぇ。
とにかく今の青で渡ろうとするから、怠けられない。
良いトレーニングが出来た。

お待たせしました。
冒頭に書いた、刺激となったトレーニング内容は以下の通り。
70~80rpmくらいでゆっくりとペダリングを確認する →足首の角度、使う筋肉を特に意識する
後ろブレーキングをロックさせて左右に流す →ブレーキの限界性能の確認
"8"の字走行(大きな"8"の字、小さな"8"の字) →後輪を支点に回る感じで、後ろブレーキのタッチを柔らかく cf. "8"以外にも"∞(無限大)"でもOKですUP
ローラー台(負荷は軽く)で130rpm/minを1分間、それができたら110rpm/minを30分間
もがきをいれた練習(15秒全力でこぎ、45秒ながしながら呼吸を整える。これを6セット
(ペダリングが完成してから)最速回転数を上げる →200rpm/minを目標に

すごいでしょ。
200回転目指して頑張ろう。
20060324232951.jpg

スポーツデポ

それにしてもトータルコモンへの歩道かなりハードだったなぁ。
路面状態は悪いし、狭いし、信号多いし、カウンターのギャップはあるし・・・。
特に帰りは、追い風でスピードが出たこともあり、衝撃でライトがスポーク側へずれ割れるところだった。
靴もそこが両足とも壊れ廃棄するはめに・・・。
スローペースにするか、別ルート検討しないと・・・。
ところで村やん、火曜日のフリクラどんな人達が来てた?
土曜日しか行ってないから、他の曜日気になるなぁ。

今朝の新聞広告に、アルペングループの上場記念祭の案内があった。
スポーツデポでも、全品10%オフと10%割引券がもらえるそうだ。
これは自転車用品を見に行く良い機会と考えてたところに、鋤さんから電話。
今度の日曜日行くことになったんだけど、みんな都合付くかな?
とくにレース用のウェアー選ぼうと思うんだけど・・・。
コメント下さい。

負けじとトータルコモン行って来ました!

福岡くん出張の連続大変だねー。
自転車の方なかなか成果が上がらなくて、ローテンション気味みたいだけど、気分転換をはかったほうが良いかなぁ。
出張先へ、バランスボール持ってってインナー鍛えてみては・・・。
きっと良い変化が現われるはず。
だまされたと思ってやってみて。

村やん内緒で行ったなぁー。
それにしても6級クリアーおめでとう。
先回ムーブが格段に上手くなっていたので、クリアー間違いないと思っていたが。
でもこそっと行ってクリアーできなかったら、非常にテンション下がるよねぇー。
本当に良かった、良かった。
やっぱりイメージが出来上がったら、実践で試したくなる気持ちよーくわかる。
2週間なんて待ってられんもんね。
いよいよ会員になる時がきたかなぁ?
ところで村やんこの事、誰に内緒にしておけば良いの?

そんな村やんに刺激され、今日トータルコモン行ってきました。
驚きでしょう。
1足先に5級をクリアーするために・・・?。
しんどかったーぁ。
何がしんどかったって、強烈な向かい風。
34分もかかってしまった。
そうフリクラやりにではなく、自転車でついに行ってみました。
距離11キロ。
木曜日なのでうわさのマリンちゃんに会おうと思ったが、気弱なのでそのまま停車もせず通り過ごしました。
だめだねー。
そして帰路は、うって変わって追い風。
なんてスピードが出るんだ。
気持ちが良いほどぐんぐん走る。
きっと今なら、テールトゥーノーズで互角に戦かえる、と錯覚すほど・・・。
結局、帰路は12キロで30分ちょうど。
トータル23キロで、1時間4分かかりました。
これなら自転車でフリクラ行けるかなぁ?

20060323230822.jpg

チャリ耐映像分析!

昨年秋のチャリ耐映像(齋藤君撮影)を見返していると、ホームストレートを走行しているものが・・・。
我ながら高回転数であったので、タイムを計ってみた。
ちょうど10回転分で、5秒30。
これを1分間に換算すると、なんと113回転。
ホームストレートでの撮影なので、すでに1週以上走行した後の記録である事を考えると、想像以上の高回転。
練習時にもっと追い込まなければいけないことが判明した。

そういえば、2時間耐久のゴール時にトップチームと我チームの小笠原君が、テールトゥーノーズの大バトルをしていた模様が映像に収めてあったことを思い出した。
こちらも10回転分計ってみた。
速い、速すぎる。
速すぎて何度も再生しながらようやく計測完了。
4秒・・・?ピンとこない。
ところが1分間換算で嫌と言うほど実力の差を思い知らされることに・・・。
な、なんと150回転。
すごいハイスペック。
バックストレートであれだけのバトルを展開したあとだと言うのに・・・。
言葉も出ない。
これは、練習方法とその目標とする数字を設定しなおさねば・・・。
チャリ耐2005秋
20060323122157.jpg

生憎の雨

ロード練習しようとすると、雨・・・。
春なので仕方ないけど。
そんなうっぷんを晴らすかのように、エアロバイクで全力1分間やってみた。
130回転回せたが、その後ふらふら。
気持ち悪い、無理しちゃだめだなぁー。
バランスボールもかなり安定感が増し、正座に腕組みでテレビ見られるようになった。
これなら長時間も快適だ。
WBCもバランスボールで随所を見ていたが、感動的だった。
選手達が子供のように喜び、はしゃぎまくっていた。
だからスポーツて良いんだよね。
我々もあんな感覚を追い求めてやっているのかもしれないね。

チャリ耐開催日決定!(予想外)

どおりで参加者募集が遅いわけだ。
昨年は、4月に行われていたので打ち切りかと危惧していたが、先ほどネットで開催日が確認出来ました。
6月11日(日)詳細はまだ未定。
あと1ヶ月と思っていただけに、ちょっとテンション下がるなぁー。
なんで梅雨時なのか謎である。
しかも2時間耐久ではありません。
なんと3時間耐久に時間延長されました。
これは、我々にとって有利なのか否か?
いずれにしても日間賀が本年最初のレースとなりました。
なんとか3時間ソロで完走し、自信をつけてチャリ耐に望みましょう。

20060320173741.jpg

大山先生効果

上ろうという意欲が持続しない子供達も、大山先生が来ると途端に上りだす。
さすがにその道の上位にいる者の指導は、純粋に子供のやる気を引き出すようだ。
ちなみに子供にこのことを聞いてみると、「大山先生は教えてくれるから・・・。」
そう、我々も教えてたつもりだったが、成果として現われなければ、教えてないのも同然、ということなのか。
物事の本質がわかってきただけに、こちらもきちんとした対応をしなければ・・・。

福岡くんフリクラ遅くから参加、熱意を感じ頭が下がります。
そしてちゃんと6級クリアーという答えを出すところがすばらしいー。
課題をクリアーするたびに、「さすが刀はすごいねぇー」とシューズのおかげ的な発言ごめんね。
福岡君の実力であることは間違いないから・・・。
良いパートナーとめぐり合って、ますますレベルアップしてね。
それと鋤柄のバラクーダ、あれほど注目されるとは・・・。
置いてあるのを、常連さんや大山先生までもが見つけて賛辞の嵐。
確かにレッチリと外見を比べただけでも、その差は歴然。
挑む姿勢がシューズに現われている。
ネットで調べたが、その性能の前に入手できたことだけでラッキーという発言が大半。
この岡崎の地において持ってること自体が奇跡的なのだ。

村やん自転車練習抜かりがないねぇー。
確かに昨日の堤防走行は、自転車ごと飛ばされていたかも・・・。
賢明な選択だった。
そして追い風とはいえ57キロとはすごい。
もう自転車の域を超え、原チャリ並み。
相当体力も筋力も付いている証拠だ。
いよいよチャリ耐が楽しみだ。

20060320135838.jpg

良いコース発見!

中央総合まで自転車で行こうと思ったが、あいにくの強風・・・。
子供の安全も考えて、整備された大池の外周でスピードトレーニング。
1週600メートル余で、程よくアップダウンとカーブがありなかなかのコース。
すっかり日間賀のレースに参加する気になっている子供達のスピード測定も行った。
信号がないのは、こんなに走りやすいのかと、認識した。
これからも練習に使いたい。
20060319203401.jpg

みんなすごいぞ!

1ヶ月前までは、全く出来る気配さえなかった6級の壁をみんな続々クリアー。
やれば出来るものだ!
人間の能力には限界がないようだ。
こんなにみんなレベルが上がるとは・・・。
フリクラはこのように目に見えて、成果が実感できるのでやりがいがある。
さらに子供の上達には、我々をも上回るものが・・・。
いよいよ抜かれるのも時間の問題となり、現在ほぼ並ばれてしまった。
なんといっても乳酸が溜まらないようだ。
我々大人は間隔をあけてトライしないと、前腕がパンパンになってしまうので、壁に上る回数が圧倒的に違う。
「うまいやらしいぞ、じゃない、うらやましいぞ、子供」
大山先生指導のもと、本当に大会参加が見えてきた。
大人も頑張らねば!
20060319181113.jpg

フリクラシューズデビュー!

待ち遠しかったよね。
シューズのデビューデーがいよいよ明日になりました。
自宅で足慣らししたかなぁ?
福岡くん出張先へは当然持っていたよねぇ?
華麗にウォールを上るところ見せてね。
我々、レッチリーズも負けずに頑張るから。

最近すっかりインナートレーニングにはまっている。
方法は確立されていない様だが、基本的には低抵抗高回数であるが、単調なので精神的に辛い。
今やっているのは、姿勢反射を利用した方法。
インナーマッスルは、体のバランスをとる微調整する筋肉なので、不安定な状況を作り出してやればおのずと鍛えられる。
例えば片足立ちの歯磨き。
すぐに慣れてしまうので、目をつむったり、つま先立ちにしたりバリエーションはいくらでも考えられる。
特に今楽しくやっているのが、バランスボールを使ったトレーニング。
これまたバリエーション豊富。
最初は、座って両足を離しキープ。
出来るようになれば、膝で立ってキープ。
そして上級は、以前スキーの大回転選手が行っていた、直滑降スタイル(クラウチング)でのキープ。
これは難しい・・・。
直滑降スタイルまでは出来るようになったが、手が離せない。
でも時間の問題でしょう。
バランス利用のトレーニングテレビ見ながらでも出来るからいろいろ考えてみて。



日間賀島申込書ゲット

詳細が正式発表されました。
・5月13日(土)
  3時間エンデューロ 14:00~17:00
  参加費4,500円
  バーベキュー大会
・5月14日(日)
  新車試乗会&演奏会
・宿泊(4名1室・2食付)
  民宿  8,400円
  旅館 10,500円 
・申込締切 4月21日

宿手配の都合上早めに検討しましょう。
ちなみに昨年の参加者は1200人だそうです。

早くもインナーマッスル効果か?

1週間ぶりのロードで、ベストタイの45分。
走りながらも、調子の良さを実感。
このところのインナーマッスルを意識したトレーニングの成果か?
今までと大きく変わった点は、腰や肩周りの疲労感の軽減。
同じ姿勢をとり続けることにより、後半の走りに影響していたが、あまり気にならなかった。
チャリ耐まであと1ヶ月あまりだが、調整は至って順調である。

インナーマッスル

スピードスケートの外ノ池選手が、足のセンターに重心がなければいけないのに、アウトエッジに乗ってしまいうまく滑れず、長期スランプに・・・。
長い期間原因がわからず、練習すればするほど記録が落ちる事態に。
監督である父親が懸命に修正方法を探るうちに1つの結論にたどり着いた。
それがインナーマッスルである。
スピードスケート選手の特徴として、たくましい太ももがあげられるが、あまりにも表層筋(外から見える一般に筋肉と呼んでいるもの)を鍛えすぎて、インナーマッスルとのバランスが悪くなり、関節が正常な可動をしなくなったというもの。
監督の仮説は見事的中し、バランスを取り戻すトレーニングにより再び記録が伸びだした。

自分に置き換えてみると、インナーマッスル用のトレーニングは一切しておらず、反省しきり。
早速番組をヒントにそのトレーニングをしてみると、かなり効果あり。
今後も積極的に取り入れたい。
方法は、今度説明します。

福岡くんよさこい月、木の週2回練習だけどきついよね?
新人は、日曜日に補修練習も・・・。
ただ先生が、岡崎のナンバー1タンゴダンサーなのは魅力的。
どういたしましょ?

よさこい

今年も青年部の卒業式が行われ、仲の良かった先輩と別れるのはいつも悲しいもの。
特に今年は7名と例年より、多かったためなおさらである。
そこらじゅうで胴上げの連続。
中には頭から落ちそうになり、危うく大惨事に・・・。
司会者から、卒業生をもっと丁寧に扱ってください、の注意が出るほど。
それだけみんな名残惜しかったんだと思う。
こうして別れと出会いを繰り返す。
また良い出会いがありますように。

卒業式も無事終わり、喫茶店へ・・・。
すると早くも新たな出会いが・・・。
しかも強烈な出会いが・・・。
それは、練習を終えた岡崎のよさこいチーム"きら○"の団体。
たまたま代表者が知り合いだった為、挨拶をしたところ強引に相席に・・・。
女性陣10数名に男2人という異常事態。
大変パワフル!
矢継ぎ早の質問攻めにたじたじ。
逃れられない状況の中、半強制的に入会を迫られピンチ。
とりあえず練習観に行くことになり、8月に行われるど真ん中祭り参加要請が・・・。
みんなやる?
レベルは相当高いようだけど。

”刀とバラクーダ”ゲット!

モンタニア行って来ました。
フリクラシューズがいっぱい。
店内所狭しと商品の山。
スポリティバを指定したので、限られた中での選択となったが、それでも種類が豊富。
鋤さんは、最初に出された入荷したての限定モデル"バラクーダ"に一目惚れ。
その後3~4種試すが、日本入荷が少なく東京とモンタニア以外にないとのプレミア性も後押しし購入決定。
20060312164109.jpg


一方福岡くんは、ミウラーやテッサロッサ等いろいろ試し、迷いに迷って常連さんと同じ刀をゲット。
20060312164414.jpg

ともに高性能マシーンである。

帰ってから写真撮影時に、鋤さんのを見るとバラクーダの文字がシューズのどこにもない。
モンタニアの大将が勝手に名前付けた疑惑が急浮上。
そう言えば、大山先生が岡崎でクライミングジム作るらしいよ、とも言っていた。
妄想か現実か?
いずれにしても、次回のフリクラが楽しみである。

サイクルパラダイス日間賀島日程決定!

本年2レース目となる日間賀島の最新情報です。

Q:今年の日間賀の開催日を教えてください。
A:お待たせしました! - 後藤
市民・自転車フォーラムの後藤です。
掲示板をご覧の皆様 
大変お待たせいたしました!
「第4回サイクルパラダイス in 日間賀島」の日程です。
今年は5月13日(土)~14日(日)で、13日が2時間及び3時間耐久になります。
新情報/BIKESTOCK 2006(NEW スポーツタイプ自転車/展示・試乗会)が4月29日(土)~30日(日)に名古屋栄・オアシス21と近隣の公園を使用して開催されます!「なごや自転車散歩」という子供から大人まで楽しめるポタリングも同時開催♪
現在新HP作成中!両イベントとも詳細はそこで。
この春は忙しいですヨ!
3月20日発売のサイクルスポーツ、バイシクルクラブにも掲載されます。
よろしくお願いいたします。


Q:13・14日の日程を教えてください。
A:5月14日(日)は今年も例年通り試乗会のみの予定ですが・・・
14日の朝、日間賀島にふさわしいゲストが海岸にてロマンチックな演奏会をします♪
お時間が許せば是非13日(土)夜、浜辺の大パーティーにも参加を!今年はパワーアップも計画中!
よろしくお願いいたします。


13日(土)は、3時間ソロに参加して宿泊するかどうか検討しましょう。
個人的には、浜辺の大パーティー魅力大!

きょん足強化?

初心者にとって、きょん足のようなテクニックは実践で使えると大変嬉しいものである。
日常生活では、まずこの体勢にはならないのでなおのこと・・・。
故に自然と使えるよう日頃から練習し、身につけておきましょう。
やってみると、意外ときょん足に置き換えられる動作はあるもの。
例えば1歩横へ踏み出して物を取るとき、きょん足で踏ん張るのも良いでしょう。
また壁をきょん足で支えながら、ポスターの張替えも最高です。
このように生活のいろいろなシーンで多用したいものです。
他にもシチュエーションがあればどんどんアップして下さいね。
しかしフリクラ時に、あまりにも意識過剰になり、無理にきょん足を使うのはいけません。
きっと関節を壊すし、大体クリアーも出来ないでしょう。
特にいけないのが、ダブルきょん足!
使ってる人見たことないし、トータルコモンではありえません。
このあたりのことに注意して、正しく使うことを心がけましょう。
20060311120347.jpg


明日の集合午前11時でどうでしょうか?

モンタニア確認

豊橋で会議があった為、ついでに大山先生御用達のモンタニアの場所だけ確認してきました。
間口が非常に狭く、ショーウィンドウ内にはごっついホルダーが飾られ、いかにもフリクラ好きしそうな外観。
きっとあの店の中には、胸躍るアイテムが所狭しと、詰まっていることでしょう。
人の買い物とはいえ、日曜日が楽しみだ!
良いシューズ見つけてね。

受付のお姉さん(?)本当に子供が好きなようだ。
約束通り習字道具を持っていくと、フロアーに広げてレッスン開始。
みんな結構上手に書けてる。
試しに1枚書いてみたが、ホルダーの握りすぎで力が入らず、うまく書けなかったなぁ。
大変お世話になりました。
20060309193639.jpg

20060309193553.jpg

納得の走り

このところ自転車に対する活性が高まっている。
チャンスがあれば、躊躇なくロード練習に出かけられるようになった。
最近回転数を意識していた為、封印していた1番重いギアを随所に使ってみた。
やはり格段に早い感じを受ける。
高回転か、パワーか?
信号間のチェックポイントも早すぎて赤で引っかかるぐらい・・・。
今の体力から行くと、高速ギアの方が早い。
なぜなのか、いろいろ考えてみた。
高速回転をすることにより、大腿筋の乳酸はたまりにくいが、心臓がもたない。
ようは、今の心肺能力では不足で、筋力と持久力のバランスが悪いという結論に至った。
ロード練習を頻繁にすることにより、バランスを整えたい。

今日は、サドルに座ったままのダンシングをしてみた。
意外といける。
疲労時のショートスパートにもってこいだ。
そしてラストは、高速ギアでのフルダンシング。
加速力抜群だ。

20060308224835.jpg

股関節の柔軟性

始めた当初腕で登ると思っていた壁も、足で登ることが実感でわかってきた。
手はホルダーを支えるだけで、いかに足が使えるがポイント。
充分足を使うには、股関節の柔軟性が必須条件。
特に手足限定コースにおいては、これなしには攻略は期待出来ない。
日頃からストレッチ等で軟らかくしおこう。
20060308112359.jpg

・キョン足 きょんあし
ムーブの足技の一つで、池田ステップともいい、バックステップでスタンスを取ること。日本でしか通用しない言葉で、古い少年マンガ、「こまわりくん」に出てくるギャク「八丈島のキョン」の格好に似ているので、この名称がついているが、バックステップとかドロップニーという方が世界の標準。俗称の方が一般的になってしまった。

20060308112547.jpg

計算ありがとう

齋藤君早速確率計算してもらってありがとう。
万分の1以上の確率とは、やはりすごい。
守護霊さんが良いのでしょうか?
ただ高額宝くじ当たって、生活が派手になり結局以前より生活が苦しくなる人がいるぐらいだから、当たるばかりが良いとは限らない。
やっぱり身分相応が1番!。

さっき弟の嫁さんと話してたんだけど、ビンゴに一緒に行った弟の子が、保育園の先生にこのこと内緒にしてるみたいだ。
当たりすぎて申し訳ないと思う気持ちからのようだが・・・。
いろいろ考えさせられる。

20060307011909.jpg

強運

日曜日にイオンで、青年部主催の大ビンゴ大会が開催され、運の波って本当にあることを実感した。
1時間半ごとに4回実施され、1回につき150人の参加で30人が景品ゲット。
確立は、1回につき5分の1。
弟が子供1人連れて最初から参加し、合計4回、2人でカード8枚。
商品ゲット回数実に5回!
途中で担当委員会の人から、「弟さんすごい強運ですねぇ」と言われるほど際立ってビンゴの連発!
それだけではない。
内の2番目の子が2回目から参加で合計3回ともゲット。
身内なのでややバツが悪く謝っておいた。
しかしそんなことぐらいでは済まなかった。
最後の4回目にそれは起こった。
すごいことが・・・。
恐ろしいほどの真実とは・・・。
なんと、弟の子が1番ビンゴ、そして内の次女が2番ビンゴ。
これって確立どれぐらい?
齋藤君計算してみて。
150人中でワンツーフィニッシュになる確立。
それに引きかえ内に長男昨年に続きノービンゴ。
可愛そう。
そうそう、そういえば年賀状10数枚の内1等が2枚あった夫婦いたことを考えると、確実に運の流れのようなものがあるようだ。
1度でいいから乗ってみたい。


きょん足のきょんて?

大山先生に聞いてもわからなかった、きょん足のきょんとは何ぞや?
いろいろな予想が飛び交ったが、福岡くんの言っていた鹿の種類にきょんがいると言う話・・・。
その時は、にわかに信じがたかったが、とても気になる。
きょんは実在するのか?
そして調べてみました。
その結果にびっくり・・・。
kyon2.jpg

本当にいました。写真は子きょん。
半分以上ガセと思っていただけに驚いた。
村やんも信じてなかったよねー。
それで、それで、フリクラのきょん足の由来は、漫画"がきデカ"のギャグ{八丈島のきょん}のポーズの足に似てた為の命名でした。
20060307004438.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。