Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェット・リー最高

ジェット・リーかっこいいね。
体の切れが抜群だよね。
やっぱ本物の武道家は違うわぁ。
ジェットと同世代なので負けんよう(なにで)がんばろっと。

村やん、わかってまんがなぁ"キッチュオブザドラゴン"。
もう何回も見とるぞー。
台詞まで覚えとるから・・・。
最後、口でうなじに鍼刺して「リチャード君、君はもう死んでいる」
ってケンシローみたいだなぁ。
ちがう、ちがう。
リチャード:「今、チクッとしてビクッとも出来なくなったんだけど、何てツボに刺したの?」
ジェット :「今刺したのはね、キッチュオブザドラゴンていう新しく見つけたツボなんだよ」
こんな感じだったよね~ぇ?!。
確かにワイヤーなしのガチンコアクションの方が、見ごたえあるなぁ。
20060130183242.jpg

ジェット・リーカッコいいけど、似とるよねこの人
20060130183930.jpg

中村繁之そっくり!
スポンサーサイト

やっぱインフルちゃんか?

いまだ体の中心が戻ってこないなぁ。
このふらつき感最悪。
ずっと乗り物酔い状態。
胃がむかむかする。
それと咳。
福岡くんも咳が出るなら気を付けた方がいいよ。
もともとこの症状の始まりは、気管支の異物付着感からくる咳からだった。それが通常よりしつこくて発症に至った。

ちょっと待って、インフルエンザに罹っとったのかなぁ?
もしインフルエンザなら高熱が出るはずなのに、37度を超えなかったのは精神的な鍛錬のおかげか?
いずれにしてもみんな体気を付けてね。
充分な睡眠が大切だから。
そうそう今晩は、大好きなジェット・リーの”HERO”放送。
見れば全快間違いなしだ。


イヤー、苦しかった

木曜日の昼ごろから急に体調が悪くなり、立ってられないぐらいふらふらに・・・。
それでも閉店まで店に、
自分の中では、花粉症だという確信あり。
しかし外部からは、インフルエンザだから医者に行けと言われ続け・・・。それでも行かずに金曜日は、何も食べずに布団の中。
そして本日土曜日、ふらふらながらも朝から仕事。
熱も36.3度完全平熱。
2日間何も食べてないので体重3キロ減。
フリクラ行けないことを、村やんに連絡するとインフルエンザとの事。
嬉しかったのは、お互いに1.22の綱引き大会に120%気力も体力も使い果たした結果の体調不良。
そこまでテンションが高められたことが何より嬉しい!
やっぱり男は、時に限界を超えなければ、より強くなるために!

寂しいねぇ・・・

今豊橋から帰ってきたんだけど、隣のシュークリーム屋さん今日でお別れ。
寂しいねぇ。
そこの店長と仲良しだったので、2週間前に撤退するって聞いた時は驚いた。
毎週彼にあっていろいろ話すのが楽しみだったので・・・。
考えてみればアピタのオープンから8年ちょっと、仲良くなった店舗はみんななくなっちゃうなぁ。
もともと隣はコロッケ屋さん(お花見に混ぜてもらうぐらい仲良かった)

今度隣に入る店舗は、アイスクリームの31。
最近また売り上げ伸ばしてるらしい。
どんな出会いがあるのか、楽しみだ。

体痛い

今日、会議所の新年例会があり今帰ってきたところ。
担当例会ということもあり、司会も無事済み本年度の青年部活動もほぼ終わり。
打ち上げで久々に飲みに行きリフレッシュ!
ただ昨日の激戦を物語るかのように、非常に体が痛い。
みんな痛いとこない?
ない人は、頑張りが足りないなぁ。
本当に綱引きって格闘技だよね。

悔しさをばねに!

村やんいい事いうねぇ。
「この悔しさは手の甲のゼッケンが消えるまでは・・・」なんて。
確かにそうだよね、消えるまでは徹底的に悔しがろう。
でも消えた頃には、次なる闘志に100%切り替えよう。
福岡くんもかなり悔しいようだけど、またみんなで楽しく鍛えなおそう。
フリクラや自転車があるから、ポテンシャルは確実に上がるから。
ちょっと体痛いけど、明日からまたがんばりましょう。

残念、でも大健闘!

綱引き協会副理事長が開会挨拶で言っていたけど、芸能人の綱引き大会参加での惨敗、いくら力があっても始めて間もないチームが勝てるほど綱引きは甘くない。
まさにその通りとなってしまった、本日の大会。
予選は、3戦全勝で難なく通過。
決勝1戦目も若干苦戦したものの勝利。
続く準決勝で、まさかの敗北。
先回のブログにも不安要素として書いたが、男女混成の8人チームとの戦い。
我6人チームは人数の差で完全に不利・・・。
でも勝てると信じてたのでさすがに、みなショック。
3位決定戦も8人チームの前に粘ったが敗け。
結局16チーム中4位と入賞すら果たせなかった。
だいたい2戦目、練習も1~2回しかしていないチームが勝てるほど、甘くはなかった。
この結果を教訓に来シーズンは、しっかり練習をして、専用シューズもそろえて優勝をねらいたい。
20060122194900.jpg

いざ決戦!

今日は、悔いの残らないよう全力でいきましょう!
天気も良いし、徐々にテンション上がってきた。
勝つぞ、勝つぞ、勝つぞ、全体頂点取るぞ!
20060122080832.jpg

必勝タオルに願いを込めて、理想のフォーム描きました。
それでは勝利に向けて発進です。

準備

そうそう、フリクラ同様手と足の爪は切といてね。
朝8時45分集合出発でお願いします。

1.22決戦

村やんスポクラ行かずに良かった。
がんばりすぎるから、パワーとやる気を温存できた。
明日一気に使い切ってくれ。
足幅だけど肩幅より狭いぐらいだよね。
そしてすねの角度は、45度キープがベスト。
もう1点、綱を脇に挟みそのまま綱の上に寝てしまう感じで、体を預けると楽なようだ。写真を見てもそんな感じが伝わってくる。
持久戦には必須だ。
明日はまずこの辺のことから調整してみよう。

福岡くん落ち着いてきたかなぁ?
N場先生とラジオに出たときにこんなことを言っていた。
「エアロビクスをやっている時は、ちょうどディズニーランドではしゃいでいる時と同じ感覚です。」
結局みんないろいろな悩みや嫌なことを抱えて生きているが、エアロをやっている間は、そんなことを忘れて心が開放されるということ。
明日の綱引きも同じようなことがいえると思う。
一心不乱に引きまくって一時天国に行きましょう。

ほしいなぁ。

もう明後日に迫ってるから、今日明日は軽めの調整にしておいてね。
綱練って、なかなか1人で練習できないから辛いよね。
ビデオのイメージを実際、体を使って再現してみたいんだけど・・・。
そこでこんなに良いマシーンがありました。
これなら1人で黙々と練習できるぞー!
as-6700t.jpg

とっても良いでしょう。
でも誰ん家に置く?大きいから困るよね~え。結構高さも必要だし。
欲しいけどだめかなぁ?
だいたい高さが高い前に、値段が高いけどねぇ。
100万円。
もう少し我慢するか。
というわけで代替品探しました。

jtwf_book1.jpg

やっぱトレーニングマニュアルからだよね。
専用シューズも持ってないのに、いきなりマシーンはないよね。
あとイメージトレーニング用でこの写真見ておいて。
0662.jpg

0662_p.jpg

すごいよね綱引きマガジン。
1度読んでみたいなぁ~。

大丈夫?

福岡くん車ぶつけて大丈夫?
ぶつけた相手の人良い人だった?
それが心配。
あとからもめんよう警察で事故証明とってね。
ショックだろうけど、誰でもやるからしかない。
早く立ち直ってください。

肩痛

おたふくのような症状も、一時扁桃腺付近まで痛くなったが消滅。
ご心配をおかけしました。
ところがその痛みが左肩に転移。
針で刺すような激痛。
2晩シップを貼ってこちらも完治目前。
なんせ決戦までには、体調を万全にしておかねば・・・。
鋤さんより連絡で、前大会出場の加藤くん仕事のため不参加とのこと。
参加人数は9人で問題ないが、Sケンの3人が未知数。
対戦相手の戦闘能力を事前に分析してから、効率的に選手配置をしていかねば。
ビデオで反復イメージ学習、かなり良い感じで頭の中で出来上がってきた。
みんな見るといいんだけど、鋤さんは見たとのこと。
ビデオ見たい人は、いつでも来てね。

参考になったねぇ

う~ん、むっちゃすごかった。
豊橋から帰るなりすぐチェック。
予想を上回るハードトレ。壮絶の一言。
やはりフォームが完璧に出来てないと勝てないな。
芸能人チームみんな100kgクリアーしてたのに、上には上が。
強いチームは、本当に力が分散せず綺麗に一直線。
あのハイパワーの芸能人チームが1勝も出来ないとは・・・。

大腿筋で引くと思っていたが、番組の中で背筋で引くことがわかった。
あとすねの角度を体を倒した時も、一定に保つことも勉強になった。
早く試合をしたい。

村やんちゃんと専用シューズあるぞ!
20060118232131.jpg

これを履いて優勝だ!

ブーム到来の予感

東海テレビ夜7時から芸能人綱引き大会が放映される。
どうやら全国大会に出場したようだ。
きんに君や舞の海が男泣きをしたらしい。
豊橋にいるのでビデオとっておこ。
かなり参考になると思う。
我々にとってはまさに旬の綱引き。
テレビ放映でブームが来るかも。
20060117134937.jpg

専用シューズまで貸してもらって、高橋さんには大変感謝!
綱引きの常連さん達って親切だよね、女の人達はちょっと怖いけど。
でもいつまで指導してくれるのかなぁ?
まあその時は、自分たちで独自練習すればいいか。
注)写真の名前は当然合成です。早くマイ綱シューズ欲しいなぁ。

うつったか?

いやーぁ、のどの左側が痛い。
弟の子供が1週間前からおたふく(顔じゃない)に罹ってるんだけど、もしかしてうつったか?
実は、子供の頃におたふくやってないので、すごく心配。大人になってからの発症は、高熱が出て危険だ。
日曜日綱練昼からもやっていたので、筋肉痛であればよいが。
でも武道館決戦は、高熱が出ても行くから。
気合入れてがんばろ。

福岡くん壁使った体勢の練習で、イメージつくり上げておいてね。
村やん落ち込むな。
瞬発力は平凡だったかもしれないけど、持久力があるので大丈夫。
それが我チームの真骨頂じゃないか。
とにかく良くても悪くても優勝しかないから前向きに行こう!

今日の綱練

やっぱ、おばちゃんパワーはすごいねぇ。
見た75~80kgは引っ張っとたろー。
エキスパートクラスは男女混成が絶対条件だ。

でも今日も収穫がたくさんあったなぁ~。
一番の収穫は、プルと同時に膝曲げてのスタートダッシュ。
みんなのタイミングが合えば、次戦は大半が秒殺といったところうか?
あとアンカーの鈴木君がキーポイントか。
90~95kgで安定しているから、本番でもその力をいかんなく発揮して欲しいところうだ。

昼からも手作りのロープで練習した。
20060115222444.jpg


明日の綱練

明日の綱練は、9時30分までに店に集合してください。
上履きを忘れないように。
100kg目指してがんばるぞー!

この大会でたいなぁ!

前から参加したかったのでネット検索してみた。
確かに大会は開かれていたが、ものすごく遠い。
大谷漁港とあったので、常滑かと思っていたら、宮城県でした。
でも内容がとても魅力的、検討する価値あり。
まずは、開催PR文を・・・
日本一腕力自慢綱渡り大会は、毎年、真夏の真っ盛りの8月第2日曜日に大谷漁港で開催されます。会場に張られた50mのロープ(φ3cm)を腕力だけで渡り、進んだ距離とタイムを競うもので、上位入賞者に贈られる賞金をかけ、毎年熱いレースが展開されます。会場には県内外から大勢の観光客が訪れ、300人以上の参加者があります。勝っても負けてもとにかく全員が海に落ちるこの大会。趣向を凝らした衣裳で参加する選手、ほんの数メートル進んだだけで力尽き、海へ落下する選手たちに拍手と歓声が上がります。
そして大会の模様
20060113183944.jpg

エントリー料は3000円。
50メートルのタイムレース。
なんといっても賞金がすごい!
優 勝 : 現金10万円
準優勝 : 現金 5万円
第3位 : 現金 3万円
第4位 : 現金 2万円
第5位 : 現金 1万円

3年前のデータしかなかったが、この時の到達者がわずかに2人。
ということは渡りきればまず賞金ゲット。
みんなで渡りきれば、交通費ぐらい出そう。
優勝は、綱渡りマニアの鳥取県の29歳。
やはり10万円ゲットの自信があったのだろう。
【一般】▽男子 (1)茂上延亮(鳥取市)50メートル、1分21秒(2)村上和彦(大河原町)50メートル、1分35秒(3)千葉裕二(中田町)43メートル30
8月まで時間があるのでみんな考えてみて。

やることが、かぶっとる

今さら思い出したが、k走友会寒泳にも多エントリーしとったなぁ。
綱引きとにしろ寒泳にしろ、参加がかぶる。
しかも人数が多くて、若いからパワフル。
衣装が奇抜だし、行動言動ともにアクティブ。
彼らは、何が目的なのか?
ふざけた表面上からは想像できない思いがあるのか?
いずれにしても参加することはすばらしい。
この名前で市民駅伝出場せんかったら疑問に思うけど。
みんなどう思う?

決戦まであと10日

常連さんたちとの練習参加で、すっかり自信がついた綱引き。
でもリアルに考えると、男女4・4の計8人チームがいたらまずいなぁ。
なぜかというと、先回の綱練で恐ろしいものを見た。
それは、常連さんチームの女性が計測器をひっぱた時、とんでもない数値を示していた。
なんと70キロしかも涼しい顔で・・・。
ということは、このレベルの女性が4人であれば280キロ。
対する男性は2人なので1人あたり140キロでイーブン。
絶対無理。「大ショック」!
全員男で構成されている我チームは、絶対不利。
こうなったらやはりあの作戦しかないか?
”鋤柄風邪ひき作戦”
で同情してもらい、なんとかどう条件に持ち込む緻密かつ姑息な作戦。
みんなの演技力がものをいう。

てな訳にはいかんわなぁ、今回は。
やはりボトムアップ。
次回の練習は、大半出てくるので個々に出力を計測しチーム編成をしっかり考えよう。
優勝は、命題である。

精神力増強!

昨日殿橋を渡りながら乙川を見た。
よく完泳できたと振りかえる。
やっぱ気持ちの持ちようだ、テンション上がってれば結構何でも出来てしまう。
本年テンションをより高い次元まで引き出すことに重点をおこう。それには、やはり限界ぎりぎりの局面をいかに多く経験するかにかかってくるだろう。
みんなで怪我せん程度に・・・、ポテンシャル、ポテンシャルと。
20060112134301.jpg

寒中水泳から3日目だが精神面に変化が。
先週末は、フリクラ・綱引き・寒泳を40時間以内にこなすという、超人的スケジュール。
かなり疲れがたまっていた。
ようやく疲れも抜けた本日は、実に精神面が充実している。
確実に強くなった実感がある。
これだよね、寒泳の真の意義。
だいたい4度の川を70メートル泳ぎきる以上の困難は、そうそうない。
やっぱ来年は、バタフライの片道か、もしくは泳法自由で往復のいずれかでいきましょう。

さーて来年の泳法はと、

福岡くんも来年の参加決めたようなので、泳法を発表します。
バタフライに決定!
何人かでやったら目立つし、かっこいいよね。
今考えると絶対無理と思うかもしれないけど、まだ1年あるから充分練習できる。
2回目なので、ハードル上げていかないと緊張感がない。
がんばりましょう。

来年は参加するよねぇ?

トン汁食べてるとこ中京テレビで放映されたんだよねぇ。
東海と名古屋をチェックしてたから、中京はノーマークで見逃した。
子供が偶然見たと電話かかってきた。
こんなもんだよね。
必死に見ようとする人が見れなくて、忘れてるぐらい関心のない人が見ちゃうこと。
まあそのうちミクスで嫌というほど流れるから、そちらに期待を・・・。

ところで、来年はみんな参加するよね~ぇ。
福岡くん水泳練習してリベンジするよね?
村やん参加について触れてないけど、下見はもう充分だよね?
齋藤君カップルもがんばろうね。

会議所から参加した自分も含めて3人が県連出向組みだが、来年は当委員会から募集しママチャリレースの時のように、多エントリーすることに決定したから。今から楽しみだ。
そうそう楽しいことは、みんなで分かち合わなければ・・・。

20060111114817.jpg

この最高の天国をみんなで共有しましょ。

新聞記事

中日新聞西三河版に寒中水泳の記事が・・・予想通り成人式の4人が水書の”世界平和”を手に掲載されていた。
記事によると水温4度、参加者90人(名簿では、68人しかいなかったのに寒中水泳だけに水増しか?)、川幅は70メートル。福岡くん溺れそうになるわけだ。
みなさんきっと寒中水泳後は、寒さに強くなっていると思われるでしょうけど、なんら体感温度に変化はございません。
それどころか、終わった安堵感からテンションが下がり、
今まで朝洗顔は、冷水だったけど今朝からは温水を使う始末。
綱引き大会までには、気合を入れなおさなければ・・・・・。

カレートン汁を震えを抑えながら食べてるところ
20060110141915.jpg


村やんのクロスバイクすごくかっこいいね~ぇ。
60km/hオーバーも夢じゃない。

20060110142435.jpg

水書もやって良かった。

そうそう寒中水泳前に、申し込んでおいた水書をやった。
色紙と筆を持って、立ち泳ぎで書いてみた。
20060109223616.jpg

このとき先に入水した福岡君が、筆も色紙も水没させ確実に溺れていた。少し恐怖を感じながらあとに続いたが、普通立ち泳ぎできないよねぇ。水泳協会も素人相手に無茶させるは。
そして極限状態で書いた作品がこちら。
20060109223506.jpg

福岡君の福の字は、その壮絶感がリアルにあらわれている。
こんなに不幸そうな福の字は見たことない!
この1年間この色紙を励みにがんばろっと。

無事生還しました。

本当に人生観が変わるぐらい感動した。
おそらく参加した者にしかわからないものすごい達成感!
特に対岸まで泳ぐとは、ブログに書いていたがまさか現実になるとは・・・。
全員でワァーと入って、サッと出てくるとばかり思っていたから。
福岡くん真剣に溺れかかってたもんね。
すごく気になっていたけど、自分のことで精一杯だった。
なんせ距離が長すぎた。50メートルはあったよね。しかも足つかないし。前半は、まだ感覚が多少なりともあったけど、中盤ごろから全く体がいうこと利かない。ホント泣きそう!
よく31回も事故なしで続いているものだ!(裏情報としてもみ消しているとのこと?)
でも全員無事でよかった、よかった。
泳ぐ前
20060109223119.jpg

全員で記念撮影(背後に今をときめく杉浦正健法務大臣が)
20060109223321.jpg

寒中水泳実行中
20060109223807.jpg

水泳直後20060109223927.jpg

でも最近は、冬でも室内は暖かいし、移動は車だし、本当に五感が磨かれた。煩悩も10個ぐらいは確実に消えた。

そして極限状態を味わったあとは、待望のお風呂。
まさに天国であることはこの写真を見てもらえば言うことはないでしょう。
20060109224021.jpg

2人ともいい笑顔してるは。

最後に今日応援に来てくれた村やん、齋藤君カップル、ニューグランドホテルの藤井さん、会議所の山本さん、福沢さん、戸田さんみんなありがとう。来年はぜひとも一緒に泳ぎましょう。

直前!

2時間後の自分に・・・。
更なる高みを目指すために、
”男なら行けー!”

福岡くん一緒に参加、心からありがとう。
みんなのぶんもがんばろ!

ついにきた!

大寒中水泳が本当に明日に迫ってきた。
いつも強がりを言っていたが、このところの大寒波に若干弱気。
実際この寒さで川に入ることが出来るのだろうか?
心配してもあと12時間後には、乙川で準備しているだろう。
なんとか無事生還して、感動をみんなに伝えたい。
それではみなさん祈っててください。
間違っても、ハプニングを期待しないように。
それでは逝ってきます、じゃない行って来ます。

練習参加させてもらって良かった!

前回の綱引き大会の際に、常連さんチームの練習に参加させていただく約束により本日午前に初参加。
昨晩のフリクラの筋肉痛を押しての練習はすばらしかった。
こんな練習をしているから強いはずだ、常連さんは・・・・・。
フリクラより握力がなくなるし、全身運動だし。
そして本日の大収穫は、引く力を測定してもらったこと。
今まで誰がどれぐらい貢献しているか、わからなかったけど一目瞭然、数値となってあらわれる。
まずマイシューズで測定、75~80kgぐらい。初心者にしては結構すごいらしいこの数値は。
続いて1時間ぐらい練習して、握力限界の状況で専用シューズを貸してもらい挑戦、すると90kg!!!!!!!!!
一瞬どよめいた。トップ選手が100kgをようやく越す中で90kgは驚異的なようだ。
体調万全で挑んでいたらと考えると・・・・・・。
鋤柄も85kgぐらい、やはりすごい。
ちなみに弟は、45kgとなんとも典型的な初心者。

綱引きの練習は、耐える練習・スタート練習・倒れた時に引きながら起き上がる練習と極めて実践的。
フォームを確認してもらいながら行った。
そして終了時に、次回武道館決戦は楽勝の太鼓判をいただいた。
本日は3人で参加だったが、来週は全員参加で再来週に備えたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。