Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大乗り気!

宮城県の綱渡り大会の話しをしたところ、大山先生興味津々!
日程が合えばフリクラのオフシーズンという事もあり、まじ参加。
常連さん達も大乗り気!
すでに室内に、ロープを張る計画が・・・。
50メートルを渡りきる自信はあるとの事。
タイムが問題だが、賞金ゲットは確実。
戦術的には、一般的なスライドではなく、やはりモンキー。
疲れたら途中でレストする技もあるとの事。
実に頼もしい限りである。
獲得賞金山分けで、交通費にしようと話しているがどうでしょか?
みんなで参加出来たら良いよね。

チャリ耐の件も話したら、こちらもフリクラチームで参加する方向で盛り上がった。
やはりスポーツに精通している方々は、話が早い。
我々もうかうかしてられないなぁ~。
左手のホルダー丸くて持ちづらーい、が頑張る鋤さん。
20060222230017.jpg

スポンサーサイト

この大会でたいなぁ!

前から参加したかったのでネット検索してみた。
確かに大会は開かれていたが、ものすごく遠い。
大谷漁港とあったので、常滑かと思っていたら、宮城県でした。
でも内容がとても魅力的、検討する価値あり。
まずは、開催PR文を・・・
日本一腕力自慢綱渡り大会は、毎年、真夏の真っ盛りの8月第2日曜日に大谷漁港で開催されます。会場に張られた50mのロープ(φ3cm)を腕力だけで渡り、進んだ距離とタイムを競うもので、上位入賞者に贈られる賞金をかけ、毎年熱いレースが展開されます。会場には県内外から大勢の観光客が訪れ、300人以上の参加者があります。勝っても負けてもとにかく全員が海に落ちるこの大会。趣向を凝らした衣裳で参加する選手、ほんの数メートル進んだだけで力尽き、海へ落下する選手たちに拍手と歓声が上がります。
そして大会の模様
20060113183944.jpg

エントリー料は3000円。
50メートルのタイムレース。
なんといっても賞金がすごい!
優 勝 : 現金10万円
準優勝 : 現金 5万円
第3位 : 現金 3万円
第4位 : 現金 2万円
第5位 : 現金 1万円

3年前のデータしかなかったが、この時の到達者がわずかに2人。
ということは渡りきればまず賞金ゲット。
みんなで渡りきれば、交通費ぐらい出そう。
優勝は、綱渡りマニアの鳥取県の29歳。
やはり10万円ゲットの自信があったのだろう。
【一般】▽男子 (1)茂上延亮(鳥取市)50メートル、1分21秒(2)村上和彦(大河原町)50メートル、1分35秒(3)千葉裕二(中田町)43メートル30
8月まで時間があるのでみんな考えてみて。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。