Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回どまつり

先日の日曜日、昨年助っ人として参加したきらら岡崎さんに同行して、名古屋で開催されたどまつりに行ってきた。
福岡君がビデオ係で、自分は写真係とインタビュー。
このインタビューは、ラジオの番組内で流すものである。

行きのバスの中、席は予想通りケメコさんのすぐ近く。
昨年同様、食べ物地獄。
次から次へと回ってくる、漬物。
どんだけ漬けるの好きやネン!
でも気持ちは嬉しいですよ。

そしておしゃべり地獄。
1年のブランクがあるというのに、全く昨年と変わらない。
まぁ、変わりようもないのだが。

しゃべっているうちに、大津通り会場にあっと言う間に到着。
バスを降りて1時間半以上は待機しなければならない。
暑い!蒸し暑い!たまらん!
「そうだ、インタビュー録らなけりゃ!」
07.08.26.jpg

しんちゃん・とがりくん・りょうくんと若手3人にインタビュー。
ノーカットで番組で流します。

いよいよ時間も迫り、パレード会場へ移動。
地方車の上から写真撮影することになり、上ってみると眺めの良いこと。
ただ代表も一緒なので、ずっとよさこい復帰を頼まれ続け、非常に辛い。

そして演舞開始直前、2本あるマイクの1本を渡され、代表が沿道の観衆に、そして自分にメンバーに対して、しゃべってくれと頼まれる。
もう少し前に言って欲しいのだけれど。

代表のMCが沿道の観衆に向け始まり、心の準備をする。
ところが、そのまま
「いざ、参ろう!  構えて」
と演舞に入った為、自分の出番はなし。
なんだか拍子抜け。
07.08.263.jpg

07.08.261.jpg

初めて見る"よいとこさ岡崎"の演舞。
曲も、振り付けも、衣装も昨年よりはかなり良い。
感動!
パレード4連チャンお疲れ様でした。
かなりきつそうである。

その2時間後、円頓寺商店街でパレード2回。
そして、そこからまた2時間後、メインステージである久屋広場。
07.08.264.jpg

定点は、また工夫がなされていて、すばらしかった。
今年もファイナル進出の夢は叶わなかったが、着実に成長しているような気がした。
来年こそはと、代表も意気込んできたのでがんばって欲しい。

スポンサーサイト

断っておきました。

たった今ケメコさんより連絡があったので、例の件断っておきました。
かなり粘られて、代表や松尾さんに相談してまた電話かかってきそうな勢いです。
今から電源落としておきます。

どうしようお誘いが・・・。

妙にお上品ぶって電話してくるケメコさん。
少しいじってあげると、化けの皮がはがれる。
用件聞かずに切ろうとすると、それがまたMのつぼに入ってしまうらしく大喜び。
本当に打たれ強い人だ!

福祉祭りの後の喫茶店で計画に上がっていた、松尾さん宅別館でのパーティー(?)が実施されるようで、その参加要請がありました。
「我々はもう良いからよさこいメンバーで・・・」、と断ったものの「それでは松尾さんがショックで倒れてしまうからどうしても参加してほしい」と、懇願されました。
日時は、10月9日(祝日)夕方頃から。
どうしましょう?

どまつりのDVD

六本木では、おしゃべりに夢中で鑑賞出来なかったどまつりの3枚組みDVD飛ばしながら全部見た。
今となっては懐かしい感じすらする。

3枚目の最後のほうにファイナルステージが入っているが、バサラの演舞は感動である。
動きは歳相応に激しくないが、驚くほどきれいに揃っている。
こんなところも参考になるんじゃないかな?

このDVDコピーできる人貸し出します。
出来ればみんなの分も焼いてもらえると助かるけど・・・。

それでは今から青年部の委員会で、再び六本木に行かなくては・・・。

どまつり打ち上げ

ついによさこいから完全にお別れの日が来た。
なんだかんだ言っても非常に良い経験になったし、また勉強にもなった。
その感謝の気持ちを込めて、再びラストの舞を披露することになった。
店で事前に立ち位置等を決めリハーサル。
遊びに来ていた鋤さんに見てもらい、微調整。
みんな喜んでくれるでしょうか?

ラストの舞の練習をしていた為若干遅刻。
それでも乾杯にはちゃんと間に合ってしまうのだ。
旗振Mさんが乾杯の音頭をとる。
それにしても美声である。
来年のMCは確定か?
9.17.jpg

食事をしながらどまつりのビデオ鑑賞。
五万石まつりの時に比べてはるかに揃っている。
問題の口三味線の大津通りもあんなに揃っているとは思わなかった。
奇跡的というかみんなの執念である。
メインステージはカメラ移動中につき前半は確認困難。
きっと係員に怒られながら、それでもベストポジションを確保する為にがんばってくれていた事が良く伝わった。
9.171.jpg

写真もいっぱいありすぎて、途中で見るのを断念。
いっその事CDに焼いてくれれば良いのにと思う。
9.172.jpg

そのうちにやっぱりケメコが来た。
しかもやたら絡んでくる。
テンションは上がる一方、一体この人どおなっているんだろう?
アルコールが入ると無敵である。
その後もずっと絡まれ続け、行くとこ行くとこに表れおなかいっぱいです。
逃げるかのように韋駄天mamoさんと、感謝状を作成する為トイレに・・・。
ここまではさすがに追ってこれまい。
2人で文面を一生懸命考え、その時を待つ。
ところが出来上がって会場に戻ると、すでに中締め。
せっかくの計画が水の泡になってしまう。
中締め後でもかまわない。
時間をもらって、まず感謝状授与。
そしてラストの舞。
なるこのさよならが逆からになってしまったハプニングはあったが、代表も痛く感激してもらった様子で何よりです。
9.173.jpg

今後のキララ岡崎の活躍を祈っています。
らなよさ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。